オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

5年間で対ドル30%超の円安に!それはつまり1,000万円が700万円になったこと。円資産目減りを防ぐ方法は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/12 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回のブログ内容は「為替」について。

米国の力強い景気指標を反映して、USD/JPYで、7年10ヶ月ぶりの『円安ドル高』になっています。具体的に見て行きましょう。

<USD/JPY 5年為替チャート>

Screen Shot 2015-05-27 at 15.15.01

2010年5月からの為替推移です。チャートが上は「円安ドル高」、一方下は「円高ドル安」になります。海外旅行好きや貿易関連企業もしくはメーカーの海外事業に関わっている方には馴染み深いごく一般的なチャートです。

このチャートが意味していることは「日本人は2010年と比較して30%貧しくなった」ということです。(と言うと、ちょっと強引でしょうか?)

では、考えてみましょう。

2010年を1ドル=90円(チャート一番左端)、2015年を1ドル=120円(チャート一番右端)とし、1,000万円を持っていると仮定すると、

2010年には、1,000万円=USD111,111(1,000万/90円)

2015年には、1,000万円=USD 83,333(1,000万円/120円)

となり、米ドル換算すると「30%」、円の価値が米ドルに対して減少していることが分かりますね。つまり、外国で使えるマネーが減っているということです。これは国内にいる日本人全員に関わります。というのも同時に、輸入しているモノが上昇することに繋がるからです(輸入コスト増→最終商品に添加→消費者には実質値上げ)

逆に外国人からすれば、日本円の価値が30%割引なのでとにかく『日本のモノが安い!』となります。直近、外国人旅行客(インバウンド需要)が急激に高まっている背景は『為替』です。では、この5年間の間に日本のモノの価値(クオリティ)は、落ちましたか?答えは、ノーでしょう。同じクオリティもしくはよりクオリティが上がっているモノを、外国人は「30%割引で買える」状況になっています。

そうした中で残念ながら、日本人の多くが『資産』と考えているこれらの価値の目減りに気付いていません。

・銀行や郵貯の預貯金(JPY)
・日本の円建て投資信託(JPY)
・給与や年金(JPY)
・加入中の保険(JPY受け取り)
・持ち家や不動産や車(JPY)

景気回復や拡大、また実質賃金の伸びが無い中(23ヶ月連続で実質賃金は下落中)、単純に「円が安くなる」ということは直接的にであれ間接的にであれ「物価上昇(悪いインフレ)」に繋がっていきます。

それでは、これを資産運用の観点で考えると「外貨保有率を高めましょう」という結論になります。

例えば、上の例で、

2010年に1,000万円の半分の500万円を米ドルに変えておけば、500万円=USD55,555(500万円/90円)

残り500万円はJPYのままで2015年を迎えたとします。

2015年において日本円の500万円=USD41,666(500万円/120円)となり33%目減りですが、USD55,555はそのままです。むしろ円換算した場合USD55,555=660万円(USD55,555×120円)と33%増加になります。これが為替の分散リスクヘッジです。

為替推移を100%予測することは出来ませんが、通貨を「分散」させておくだけで為替の目減りを防ぐことができます。米ドルの金利が上がる前段階で現在のUSD/JPYレートなので、実際に利上げが始まると一段の「円安ドル高」は進む可能性が高いでしょう。となれば、日本円はさらに「目減り」していきます。

今の為替水準を「円安」と捉える側面もあるようですが、そう考える人は「上がる下がるのギャンブル思考」なだけで、為替の目減りのリスクヘッジは二の次の考え方です。「もう円安」「もう円高」という理由で外貨保有を遠ざける人は、2010年時点(1ドル=90)では「もっと円高になる」と思っていたでしょうし、1ドル=110円になった時点で「もう円安過ぎる」と思っていたことでしょう。

そういうギャンブル思考ではなくあくまでも円資産価値目減りを防ぐ上で、円資産ばかりもつ日本人は外貨保有比率を高める方が良いのです。また、単に外貨を保有するだけでも効果はあるものの、残念ながら外貨での運用先が乏しい日本国内の資産運用なので、海外(オフショア投資)で投資効率を高めることも忘れずにしておいて下さい。

※『オフショア投資入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

ミサイルが落ちてきそうな日本の「日本円(JPY)」が買われ円高になるのは何故?

こんにちは、眞原です。 今朝から日本のメディアは「ザ・北朝鮮ミサイル問題」ばかりセンセーショナ

記事を読む

Brexit(British+exit=英国のEU離脱)国民投票とGBP(英ポンド)を考える

こんにちは、K2 Investmentの眞原です。 今回は、為替GBP(英国ポンド)について。

記事を読む

7月も続々と食品の値上げラッシュ!家計負担の重しには要注意!

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんに

記事を読む

香港個人投資家の話(「日本」って安いね)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 現在、私は香港に

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

米ドル買い朗報!円資産を米ドル資産に変える一時的な円高の好機が到来!同時に朝鮮半島事情にはご注意を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 普段はアドバイザーとして

記事を読む

トルコ・リラ注意報発令中!リラ投信、リラ債券投資家は要チェック!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替「トルコ・リラ」と「トルコがいかに重要なグ

記事を読む

三菱UFJが国内初の人民元建て債券を発行!人民元(CNY)の存在感が高まる中で個人投資家の判断は?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替について。

記事を読む

為替ユーロ/米ドルはパリティ(等価)になるか?4月23日の第1回フランス大統領選挙の行方は?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 先日オランダの選挙が終わって一息ついたEU圏事情で、

記事を読む

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU圏離脱)が現実化すると?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に英ポンド(GB

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑