K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

皆が強気!さぁ、日本株はバブルへ一直線!「いつ売るの?、今でしょ!」

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 マーケット(日本)

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回のブログ記事は、マーケット(日本)について。

正直、アドバイザーの立場なので単に上げ下げをしている「短期マーケット」はあまり関心がありませんが、日本株に投資しているクライアントも中にはいるので情報をお伝えしたいと思います。

<日経平均株価チャート5年>Screen Shot 2015-05-25 at 17.46.46日経平均株価、上昇しています!

結論としては、いつ売るの?今でしょ!ということなのですが、個人投資家の悪い点は『まだ上がる「かも知れない」』という「上がる事に賭けて」、「下がることに意識が向かない」点です。そして、下落し始めると同時に「売る」という「安く買って高く売る」の株式売買の基本を疎かにします。常にマーケットを追い続けて上げ下げに翻弄され続ける以上は、資産は中々増えません。そういうマーケットに翻弄されず、また主観を排除する資産運用としてはドルコスト平均法を活用する海外積立投資のような中長期での資産運用が良いですね。

海外積立投資入門書(マニュアル)のダウンロードはこちらから(無料)

さて、日経平均株価が20,000円台を推移し「東証一部の時価総額、バブル期越え、一時過去最高」とニュースで流れたと同時に全然報道されていない「米投資会社サーベラスが日本撤退」というニュースが流れています。サーベラスといえば大御所の投資ファンドなのですが、この株高に見切りを付けたという見方ができますね。

また、1989年末の時価総額590兆円を超えた、というニュースについて「単純に株式マーケットが上昇基調+日銀が大量のマネーを刷って上昇」ということであって「日本企業が世界に素晴らしいイノベーションを興し、Appleブランドのようなブランド力を付けた」ということでは全くありません。

5/22に東証1部の時価総額が591兆円になり、5/25日(本日)は597兆円と、たった3日間で6兆円も時価総額が増えた・・・いや〜、この3日間で日本経済の実態は何か変わりましたか?

日本株式時価総額

1989年 590兆円
2000年 446兆円
2015年 597兆円(5/25)

外国人シェア

1989年 8%
2000年 43%
2015年 68%

外国人持株比率

1989年 4%
2000年 19%
2015年 31%

結局、日本の株価が上昇しても配当という形で外国人投資家を豊かにしているだけなのですね。

そして、各エコノミストなども大方がさらに「強気」になっている今日この頃です。

日銀
「今のところバブルの兆候無し」

NHK
「バブルではなく、地に足の着いた状態」

フィスコ
「バブルではない事が明らかになった日本株」

武者リサーチの武者代表
「年内に25,000円ぐらいまで行くと思う。たかだが2万円で驚くなんてとんでもない」

カブコム証券藤井アナリスト
「22,000~23,000円くらいのせてもおかしくない」

SMBC日興証券阪上株式ストラテジスト
「現状は企業の業績もついてきているので、利益に対して株価は必ずしも割高ではない」

地方公務員共済組合連合会板倉理事長
「まだバブルの水準だと思っていない、無理やり値を釣り上げているという批判は当たらない、実力に見合った相場にようやくなってきた」

SBIホールディングス北尾CEO
「見通しは非常に強気で22,000〜23000円までは簡単に上がっていく可能性が極めて高い」

BNPパリバ証券岡澤グローバルマーケット統括本部長
「日経平均株価2万円に心理的ハードルはあるものの、安倍政権の長期化や日銀による低金利政策などを背景に、日経平均株価3万円に向けた株高基調は続き見通し」

過去のバブル期に「これはバブルだ!」と言っていたアナリストや投資家はいましたか?(きっとごく少数でしょう)

「みんな強気=だから、バブル」

そして、バブルが弾けてから「あぁ、あれはバブルでしたね」というのが、彼らの立ち位置です。(マーケットサイドの証券会社の人間が「全員、全社が売り時です」と揃うことはまずあり得ません。全社が日本株を売り推奨して、日経平均株価を下落させるようなことはできないので。)

現在、各アナリストや株式市場関係者は大体「強気=株高が続く」と予想しています。

「皆が強気になる時は売りどき」と言う格言を忘れて熱狂している時こそ「バブル」と呼ぶのにふさわしいでしょう。

 





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

日経平均株価が終値で15年ぶりに2万円台回復!(日本株に強気な方々)

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は『日本の株式マ

記事を読む

日銀が買う日経平均株価の上昇はアベノミクスの「官製相場」!5頭の鯨が泳いだ後に残るのは、それを信じた個人投資家の含み損。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

楽天(4755)、公募増資で1,880~2,000億円を調達!想定水準までの下落。株価「希薄化」の意味とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事のカ

記事を読む

日経平均株価一時800円超の下落!誰かが言った・・・日経平均株価20,000円台は「買い」です!と。短期の上げ下げに賭けるのはもう止めませんか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

演出されてきた株高!日経平均株価は433円の下落でついに昨年末終値を下回る!〜上げ下げに振り回されない資産運用を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

見せかけの上昇?日経平均株価15年ぶりの高値圏

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログでは

記事を読む

資産株にならない日本郵政3社(日本郵政/ゆうちょ銀/かんぽ生命)株式!資産形成は海外積立投資!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は久しぶりに「日本株」について。 今日のニ

記事を読む

日銀保有の日本株式EFT累計額は8.9兆円で保有率59%!〜作られた日本株式市場〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本マーケットにつ

記事を読む

賛否両論!真の狙いは自社の都合の良い株主を増やすため?トヨタ自動車が発行する「種類株(AA型種類株)」とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容はトヨタ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑