K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

オーストラリアが利下げ(過去最低の2%へ)虚を突く為替変動!(豪ドル資産は大丈夫?)

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「為替」について。

今日(5/5)オーストラリアの政策金利(キャッシュ・レート)発表がありました。
(大方予想通りで)「利下げ(2.25%→2.00%へ)」。

オーストラリアの利下げは今年に入ってから2度目になりました。豪ドル資産へ投資している個人投資家は「え?2%??」という感想を持たつ人も多いのではないでしょうか?実際、今日だけでも豪ドル預金や豪ドル債券に金利が付かないから豪ドルのままオフショアファンドへ投資したい、為替をUSDへ変えてそのまま投資したいという相談を頂いています。結局「投資時間」は帰ってこないので投資効率(パフォーマンス)を考えている中長期で資産運用を考えている投資家は多いですね。

さて、まず豪ドルの政策金利の推移から確認してみましょう。

<政策金利推移2007年(下)〜2015年(上)右端が政策金利の数値>

Screen Shot 2015-05-05 at 20.59.51

(出展:REUTERS)

上の数字が直近(2015年)、下が2007年からです。8年前のリーマン・ショックまでは7%台を付けていた豪ドルなので高金利通貨(オセアニア通貨、資源国通貨)として扱われ、短期で投機をするFX個人トレーダーや大手証券会社で販売されていた豪ドルナントカという投資信託など個人投資家にとっても馴染みがある通貨の1つです。

その豪ドルの政策金利が2%と過去最低まで引き下げられた理由は、1)コモディティ価格の下落、2.)経済のテコ入れ(低金利でマネー供給を目指す)です。金利発表後の声明文で「今後、一段の措置が必要になる可能性がある」という文言が消されたので、一部では「緩和措置のサイクル(利下げ)は終了か?」と考えられているようです。

経済学的には、金利が下げられると「豪ドル売り他通貨買い」の取引(豪ドル安他通貨高)になるのですが、今回は少々違い実に面白い動きになりました。具体的にAUD/JPYの為替推移を確認してみましょう。

<AUD/JPY 1日・1分チャート>

Screen Shot 2015-05-05 at 21.26.33

この政策金利の発表があったのは13:30分。その時点でAUD=93.4円程度まで円高にブレて、その5分以内に94.9円台まで円安に戻しています。ものの5分間の間に約1.4%為替が円安方向にブレている(結果として円安になった)のは驚くべきことで、為替が短期的に1.4%(今回は1円程度)動くというのは相当な金額の売買が行われているので、FXで投機をしている個人トレーダーは高い確率でマイナスを出したのではないでしょうか?短期投機の恐ろしさが垣間見れました。(今年1月のインド・ルピー利下げ時も同様の動きがありましたが・・・。)

通常であれば(AUD/JPYトレードで見ると)、

利下げ→豪ドル売り、すなわち豪ドル安円高

利上げ→豪ドル買い、すなわち豪ドル高円安

なのに、今回の発表では通常の逆の動きをした結果、虚を突かれた状況でした。

今はGWなので画面に張り付いて短期的な売買ができますが、ほとんどの方は普段は本業の仕事があるのでこのような短期トレードに向いていない方が多いと思います。特にFX取引はリスクが高くハイリスク・ハイリターンなので日々の上げ下げに気を付けなくてはいけません。レバレッジを掛けずに売買する(スワップポイント狙い)という場合もありますが、中長期運用には向かないので「資産運用」としてはオススメ出来るものではありませんね。

一旦は豪ドルのマーケット環境が良くなりそうな発表でしたが、今後も中長期で引き続き個人投資家が分散しておくべき通貨はやはり米ドル(USD)でしょう。今後の利上げサイクル突入、そして力強い経済指標など米ドル後押し(米ドル高円安)要素がまだしっかり残っています。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

米国の利上げ!ちょっと待った!まだドル高/円安で大事な資産を消耗してるの?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 「ようやく利上げしたか・

記事を読む

今後の米ドル日本円の為替ってど〜なるの?通貨分散はリスク分散!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 世界的に「トランプ相場」と呼ばれる、トランプ次期大統

記事を読む

『今年前半、円安ドル高は「間違いない」』そうです(1/31 麻生太郎財務相 参院予算委員会にて)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「為替」について。  

記事を読む

【為替】コーヒー好きに朗報?投資家には涙?ブラジルレアル下落は「国家・通貨への信用」を意味している。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替(ブラジルレ

記事を読む

Brexit(British+exit=英国のEU離脱)国民投票とGBP(英ポンド)を考える

こんにちは、K2 Investmentの眞原です。 今回は、為替GBP(英国ポンド)について。

記事を読む

米ドル強し!豪ドルが2009年以来6年ぶりの対米ドル安値圏へ。豪ドル資産の利益確定をお忘れなく!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日は「豪ドル関連資産に

記事を読む

「為替1ドル=110円台後半」へ!なぜ世界的に「米ドル高」傾向!?

こんにちは、投資アドバイサーの眞原です。 今回は「為替動向(USD動向)と通貨分散の重要性」に

記事を読む

米ドル買い朗報!円資産を米ドル資産に変える一時的な円高の好機が到来!同時に朝鮮半島事情にはご注意を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 普段はアドバイザーとして

記事を読む

円安米ドル高に備えたい人へ送る「米国利上げ情報特集」〜9/18 FRBの利上げ判断はいかに?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は米国FOMC(米連

記事を読む

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。 2016

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑