オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

ギリシャ財政問題まとめ。ギリシャのデフォルト先送り?6/30はギリシャと世界にとって歴史的な日になり得るか?

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 財政問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「財政問題」について取り上げます。

マーケットを賑わせているギリシャ財政問題についてです。

『きたる6月30日はギリシャにとってまた世界にとっても歴史的な日になる、かも?』知れません。

Screen Shot 2015-06-05 at 14.12.59(出典:The Telegraph)

6/5、ギリシャとEU圏における月初の一大イベントが「とりあえず」終了しました。

どういうことかと言えば、6/5はギリシャがIMF(国際通貨基金)への債務返済期日だったものの、それを6月中に期限を迎える4回分の返済合計16億ユーロを今月末(6/30)までに一本化して払う旨を伝えたということです。

簡単にいうと、ギリシャは「IMFへ6/5までに返済しなくてはいかなかった借金を返す目処が立たなかったので、とりあえず6月中に返済期限が来る他の債務と共に、月末までに返済するから待っておくれ!」

ということです。

この措置は「デフォルト(債務不履行)認定」には当たらないとされています。というのも、IMF側で「複数債務元本を一般化する制度」という策定ルールがあり、ギリシャがこれを用いたということらしいです。ちなみに先進国であるギリシャがこのルールを用いたことにサプライズ感があるとマーケットでは捉えられています。(実際、これを用いたのは1980年のザンビア以来とのこと)

今回のギリシャ政府の決定は結局、本来EU圏(諸外国)からの対外的な借金を返さなくてはいけない期限の6/5から単に月末に先送り(6/30まで)しただけで根本的な解決策には全くなっていないということです。また月末にかけて同じような財政問題で騒がせる可能性が大いにあります。

さて、ではギリシャ政府はどうやって返済資金を工面するのか?と疑問になりますね。

実は現在、ギリシャ政府とEU側で協議が行われています。EU側がギリシャ政府に出している条件は「増税+年金改革などによる財政再建策」で、これをギリシャが履行すればEU圏から更に72億ユーロの融資の再開が見えています。ということは、これをゲットできれば6月末は乗りきれるということになります。

が、しかし!

左派政権であるギリシャ政府が国民の支持を得ている理由として「IMF返済よりも公務員の給与支払いや国民の年金を減らす考えはない」という点です。借金を踏み倒してまでも国民の社会保障を守ろうとしています。つまり、EUの債権者の条件に対してギリシャ国民からの反発が多くあり結局交渉が難航しているということです。そんなギリシャ政府とギリシャ国民ですが、ギリシャ国内の失業率は3月末時点で25.6%と高い数値で推移しています。つまり、ギリシャが増税や年金など社会保障費をカット出来ない理由は、仕事をしていない国民が多い中で「増税」などをすればなおさら生活に困窮する国民がさらに溢れてしまうということが容易に想像できるからです。

6月末のIMFへの支払いが終われば、次は7月と8月に欧州中銀(ECB)と欧州投資銀行(EIB)への返済が控えています。仮に期限内にIMFへの返済が出来なかった場合には、支払期限を越えても30日間の支払猶予があるとのIMF規定があり、それでも払えない場合はデフォルト認定そして、結果的に他の債権つまりECBやEIBからの借入もデフォルトとなるようです。(最悪なシナリオの1つですね。)

年内のギリシャの返済額は270億ユーロ(3.7兆円)あるそうです。この額が多いのか少ないのか?と言われると、相対的に少ないのではないかと考えられます。まず3兆円の規模感として、現在の1日の東証売買代金と同じ程度です。また、日本の新規発行額は約36兆円程度なので(2015年一般会計予算案)、それと比較すると規模感は掴めると思います。つまり拡大解釈すればドイツやフランスなどが主導してEU圏全体でさらに資金を出し合いギリシャを救済することはそれほど難しいことではないということが言えそうです。ただ「オイそれ」とその結論を出せないのは、ギリシャの怠慢(増税+公務員への税金支払カットや年金削減)を改めさせる必要があるからでしょう。

そう考えると「デフォルト」や「ギリシャユーロ脱退」という最悪なシナリオを阻止できる可能性は十分残されているのだなと思います。とは言え、最終的には「政治的な判断や折り合い」になってくるので余談は許しませんが・・・。

それらを踏まえた上、ユーロ関連資産(欧州ハイ・イールド債券ファンド、欧州株ファンドなど)や通貨EUR(通貨選択型ユーロコース)などを保有している個人投資家が今考えなくてはいけない投資判断、個別相談についてはお気軽にこちらからご連絡下さい。

直接相談はこちら(無料)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

IMFから安倍政権の構造改革(日本の財政問題や黒田日銀の金融政策)への警鐘!間違いなく増税は継続路線!その中で年金プラスアルファの個人資産を築く重要性!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本の財政問題」

記事を読む

【財政問題】「国債」がリスクウェートゼロで無くなるかも!?(金融機関へのダメージ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログでは、日本の

記事を読む

格付け会社S&Pが日本国債をA+へ格下げした意味は「今後の増税+社会保障(年金)カット」〜老後への備えをいち早く〜

こんにちはー!K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 昨日9/16日本時間夕

記事を読む

決戦は日曜日〜♪♪ 世界が見守る7/5のギリシャ国民投票

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 明日はいよいよ7/5です

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

日本株が資産としてダメな理由と日本国債クラッシュへの備えをしておいた方が良い理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 年が明けて成人の日が終わり、受験生はそろそろセンター

記事を読む

ギリシャ債務問題は根本的に未解決で単にギリシャ国民の生活が苦しくなるだけ。日本人個人投資家は資産防衛としてギリシャ問題を反面教師に捉え始めている。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題は毎週のよう

記事を読む

仮に日本が破綻した場合に困る人、困らない人(「日銀破綻で日本円が無価値になるリスク」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の「財政問題(

記事を読む

ギリシャがデフォルトすると、投資している投資信託はどうなるか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はギリシャがデフォル

記事を読む

解散総選挙前、今の痛みの先延ばしは未来のこどもや自分の果実の切り売り(ツケ)

こんばんは、眞原です。 もう3年以上も日本の紙媒体の新聞記事を読むことは無かったのですが、2日

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑