ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

GS グローバル・ビッグデータ投資戦略 (愛称:AI ブレイン) Aコース(為替ヘッジあり)/ Bコース(為替ヘッジなし) 

公開日: : SMBC日興証券

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は、SMBC日興証券から2/20-23に新規募集販売される『GS グローバル・ビッグデータ投資戦略 (愛称:AI ブレイン) Aコース(為替ヘッジあり)/ Bコース(為替ヘッジなし)』の情報です。


(出典:SMBC日興証券 HP(以下同様))

この投資信託(ミューチャル・ファンド)の名前だけを見聞きすると「ビッグデータ銘柄やAI関連投資信託(ミューチャル・ファンド)か?」と勘違いしますが、違います。

非常に紛らわしいですが、このファンドの特徴としては単に、

・ビッグデータとAIを用いた分析による先進国株式への投資

です。

直近でも野村證券からAI関連の投資信託(ミューチャル・ファンド)『野村グローバルAI関連株式ファンド(Aコース為替ヘッジあり/Bコース為替ヘッジなし)』が新規募集販売されていますが、過去数年は各証券会社がここぞとばかりに「AI」や「ロボット」に関連した投資信託(ミューチャル・ファンド)を新規組成販売しています。

そして、今回のSMBC日興証券が新規販売するこの投資信託(ミューチャル・ファンド)では、

「ビッグデータやAIを用いて銘柄選定している投資信託(ミューチャル・ファンド)」

という謳い文句です。

簡単に言えば、「ファンドの投資戦略でビッグデータとAI活用していますよ」ということでけです。

さらに言えば、SMBC日興証券マンが販売マーケティングしやすいように、今流行りのキャッチーなテーマである「AI」や「ビッグデータ」という表現を使っているだけにすぎません。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)自体ファンド・オブ・ファンズ形式で運用され、投資先ファンド(ゴールドマン・サックス・ファンズ S.I.C.A.V. -ゴールドマン・サックス・グローバルCORE エクイティ・ポートフォリオ)参考指標(MSCIワールド・インデックス)との比較がこちら。

<両指標の比較がこちら>

各機関での騰落率がこちら

具体的な銘柄と投資セクターやエリアなどがこちら

ポートフォリオに組入ている銘柄の時価総額としては大型銘柄が約75%中小型銘柄が21%程度通貨構成は米ドルが約66%ユーロが約16%、次いで日本円約7%という上位順です。

これ以上これと言って特筆すべき特徴が乏しい投資信託(ミューチャル・ファンド)です。

銘柄選定方法はファンド側の戦略上の話なので、AIであろうが優秀なファンドマネージャーが運用していようが、要は参考指標(インデックス)を上回って運用できていれば良いファンドなのです。

そう言った意味では投資先インデックスは参考指標を上回って推移しているのので、投資先ファンドは良いファンドだと言えます。

 

ただ、今回わざわざ投資信託(ミューチャル・ファンド)でファンド・オブ・ファンズにしてSMB日興証券が販売するので、結局コストがコストが上乗せになるのでSMBC日興証券から投資する個人投資家のパフォーマンスは押し下げ要因にはなるでしょう。

わざわざ、投資信託(ミューチャル・ファンド)に投資せずとも、そのまま投資先インデックスに直接投資すれば良いのじゃないの?と思う訳ですが・・・。

もし私がどうしてもゴールドマン・サックス・ファンズ S.I.C.A.V. -ゴールドマン・サックス・グローバルCORE エクイティ・ポートフォリオに投資したいのであれば直接投資します。

そのゴールドマン・サックス・ファンズ S.I.C.A.V. -ゴールドマン・サックス・グローバルCORE エクイティ・ポートフォリオの状況がこちら。

<オレンジ:Goldman Sachs Global CORE Equity Portfolio Base Shares(Snap))>
(出典:同ファンドFactsheet)

シェアクラスはいくつかあるので、必ずしもこのSMBC日興証券が販売している投資信託(ミューチャル・ファンド)の投資先ファンドと完全一致している訳ではないですが、ほぼこのインデックスと同じだと思います。

ポートフォリオの投資エリアや銘柄がこちら

もともと「直接金融/投資(ファイナンス)」は、オフショアから来ているのです。

なので、個人投資家はわざわざ自らの投資先の選択肢を国内に絞る必要は全くなくて、まして国内でコストをかけアレンジされたものではなくとも、自由に合法的にオフショア(海外)への投資はできるのです。

その方法や違いを知っているか知らないか、単にその違いですが、その違いの塵も積もれば、個人投資家にとって数年後には大きなパフォーマンスの違いとなってきます。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

日系企業海外債券ファンド(為替ヘッジあり)2015−09 単位型(愛称:日本晴)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はSMBC日興証券か

記事を読む

日興・スパークス・アジア中東株式ファンド(隔月分配型)(資産成長型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investm

記事を読む

インデックスファンドMLP(毎月分配型)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m  ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは、

記事を読む

東京海上・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型)(愛称:円債くん)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

日興・米国バンクローン・ファンド(為替ヘッジあり)14−05

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

中小型株オープン(愛称:投資満々)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしている投

記事を読む

USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はSMBC日興証券か

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)資産運用をして

記事を読む

毎月分配型のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は「良いファンドか?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)情報。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑