ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

三菱UFJが国内初の人民元建て債券を発行!人民元(CNY)の存在感が高まる中で個人投資家の判断は?

公開日: : 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は為替について。

Bloombergによると、三菱UFJフィナンシャル・グループが国内で初めて人民元建て社債を発行するそうです。

個人投資家も投資出来るの?

Screen Shot 2015-06-18 at 13.22.28(出典:Bloomberg)

今回、三菱が発行するのは2年債の適格機関投資家向けの私募債なので、一般的な個人投資家は投資できません。(個人でもプロ投資家は可能)

中国人民元(CNY)と言えば、ここ最近の中国の動き(AIIBやIMFの特別引出権(SDR)の話題など)が目立ってきていて、特にここ数年で着々と国際的な流通貨幣を目指し政治的な動きが拡大しています。

※ホットな話題、CNY(人民元)/為替について

中国人民元(CNY)の変遷

まずは為替推移から確認してみましょう。

<USD/CNY 10年為替推移チャート>

Screen Shot 2015-06-18 at 13.42.53

2005年までは固定相場制だった人民元相場ですが、2005年以降対米ドルに対して約25%人民元高になっています。結果、中国の経常黒字(対GDP比)が10%(07年)から2%(14年)に下落し貿易の不均衡の縮小に繋がっています。

そうした中で、中国は着々と世界人民元包囲網を広げています。

例えば、中国系銀行支店で人民元建て決済が可能な地域は、アジア・オセアニアなどでは6都市(シンガポール・クアラルンプール・バンコク・ソウル・ドーハ・シドニー)や、欧州では4都市(フランクフルト・ロンドン・パリ・ルクセンブルグ)、北米は2都市(トロント・サンティアゴ)となっています。今後もこれらの都市は拡大していくことと想定されています。

2015年はIMFのSDRの通貨見直し年なので、中国人民元にとっては非常に重要な1年です。

IMFの専務理事やラガルド理事も人民元のSDR組入にはポジティブで「いつ入れるのか?」に焦点を当てています。その一方で、アメリカ(ルー財務長官)がやや反対気味のままなので軋轢が生まれています。また彼が指摘している点としては「市場が為替レートを決めることを中国が受け入れるのか?」という点です。というのも、人民元相場は中国人民銀行が決める基準値に対する変動幅が設定されている「管理変動相場」で、ドルや円など他の構成通貨が採用する完全な変動相場とは異なるためです。

個人投資家目線での中国人民元(CHY)

先に行われたG7(先進7ヵ国財務相・中央銀行総裁会議)では「G7は人民元のSDRの構成通貨入りは原則として望ましいものだということで合意した」となっています。となれば、2015年には構成通貨入りか?との期待が高まりますが、まだ技術的な問題が山積なようです。

とはいえ、中国は確実に構成通貨入りをすべく中国政府は、海外証券資産への投資を認める制度の試験的導入、また年内に導入されるであろう香港ー深セン証券取引所の相互取引制度など「資本取引の自由度」をアピールしています。

日本人投資家も例えばHSBC香港口座HangSeng銀行、特に他の海外銀行口座からは人民元保有や投資が容易にできるようになっているので、通貨分散の1つ(ハイリスク・ハイリターンですが)として今後ますます人民元が普及していきそうですね。

 



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

【為替】コーヒー好きに朗報?投資家には涙?ブラジルレアル下落は「国家・通貨への信用」を意味している。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替(ブラジルレ

記事を読む

アゼルバイジャンが変動為替相場制に移行(通貨暴落へ備える為の通貨分散の重要性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替情報について。

記事を読む

FRBイエレン議長発言から考えると米国利上げは年内織り込みか?個人投資家は米ドル投資で「ドル高円安に備える」タイミング

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 去る10日にFRB(米連

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

英国中銀いよいよ11月に利上げか?英ポンド(GBP)への追い風と円安懸念

こんにちは、眞原です。 今回は「為替(GBP/英ポンド)と今後の日本円」について。 <

記事を読む

英ポンド注意報!Brexit(英国のEU圏離脱)が現実化すると?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に英ポンド(GB

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替「人民元(CN

記事を読む

2016年は中国発の為替ショックが発生か?(人民元、SDR採用のまとめ)

こんにちは、K2 Investment の眞原です。 今回は「為替」について。中でも、先日マー

記事を読む

7月も続々と食品の値上げラッシュ!家計負担の重しには要注意!

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんに

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑