K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

スイスプライベートバンカーから学ぶ「富裕層と呼ばれる人たちの違い(RichとWealthyの違い)」

こんにちは、眞原です。

今回は、投資アドバイザーの観点から。

この職種柄、スイスプライベートバンカーと一緒に仕事をすることが多々あります。

本物のスイスプライベートバンカーです。

決して、日本の野村證券など大手証券会社やメガバンク系銀行、外資系で日本法人を持って営業している「プライベート・バンキング業務(=証券業の拡張バージョンにに過ぎない)」とは全く違うので誤解しないでください。

改めて強調すると、本場スイスのプライベートバンクのサービス(できること、資産を守る方法、資産を殖やす方法)は、日本の「プライベートバンキング」とは、似て全く非ざるものです。

バンカー自身、良く日本に精通して学んでいるので、外国籍且つ日本人としてのバイアスがほとんど無い客観的に見た、「日本経済」「日本の政治のあり方」「日本の将来」そして、誰よりも間違いなく「(日本の)富裕層」を知っているバンカーと、あれこれディスカッションするのが私の楽しみの1つでもあります。

私もバンカーからも、様々な肌感覚、あらゆる情報や知識、振る舞い、思考方法、洞察力など本当に学ぶことが多いのですが、

何よりも世間一般に言われる、

「富裕層(=お金持)とは?」

という(バンカーなりの)概念について、私が学んでいることは、自分の中ではある種の衝撃と納得です(ここでは書けない内容も多い)。

「富裕層」の定義も実は曖昧なものですが・・・金融機関によってはマーケティング上、単に富裕層をセグメントして「ネット資産(投資に回せる資金)がいくら以上」という区分をしています(野村證券などもそうですね)。

さて、私は、スイスプライベートバンカーとのコミニュケーションを基本的に英語で行いますが、

英語で表現するこの2つのワード(やや感覚的、概念的になりますが)、

“Rich” と ‘Wealthy”

の意味合いが大きく異なっていると強く思います。

確かに「ある程度一定の金額」を持っているとして・・・その方は「Rich」かも知れませんが、概して「Wealthy」ではありません(私の感覚では)。

言葉(ブログ)で落とし込むことが何とも出来ないのがもどかしいのですが(というよりも私の力量の無さ)。。

私が感じる(学んだ)「(性差年齢問わず共通しているのが)Wealthy な方々の特徴は」、

・質素
・聡明で、知識、教養が豊か
・所作(マナー)が凛としている
・寛容
・鋭い(感情的な判断が少ない)

などです。

私も含め大半の人は「(もっとお金が欲しくて)お金がなくて悩んでいる(増えないかなーとか、一発逆転ないかなーとか)」ものの、概して「Richな人も、Wealthyな人も「(富裕層=資産があるからこそ)悩んで」います・・・。

「(お金があることによる「可能性が広がる」という意味で)お金はあるに越したことはない」ですが、人が生きる上では、お金を持っていることが「最終的な幸せ、不幸せ」に直結するということではなく、その「幸せの物差し」は無いのだと切に感じます。

今後、働かずに資産運用のリターンだけで生活費を賄いたいけれど可能ですか?

2億円〜100万円未満まで投資金額ごとの投資アドバイザー眞原の中長期資産運用方法

 



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

超富裕層(個人資産5,000万ドル(約55億円)以上を持つ人たち)はどこに住んでいる?(GLOBAL WEALTH REPORT2016)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「超富裕層の実体」について。 CREDI

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

2015年(平成27年度)国外財産調書の結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年に書きそびれていた「2015年分(平

記事を読む

セミナー参加者回答、まとまった資金の投資先上位ランキング(オフショアファンド一括投資)

こんにちは、眞原です。 今回は、USD10,000(約110万円)やUSD100,000(約1

記事を読む

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

オフショアファンドMTG(資産運用の基礎は「分散すること」+「求めすぎないこと」)

こんにちは、眞原です。 今回は、以前に会ったとあるオフショアファンドのファンドマネージャーとの

記事を読む

今後、働かずに資産運用のリターンだけで生活費を賄いたいけれど可能ですか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はよくよく頂く質問(要望?)を取り上げました。

記事を読む

婚姻届やパスポート発給にもマイナンバーが必要に?

こんにちは、眞原です。 今回は日本在住者(日本に住所がある人)すべての人に関連する「マイナンバ

記事を読む

2016年世界の大富豪(ビリオネア)の資産は2,370億ドル(27.9兆円)増加!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 2016年のマーケット営業日も残すところあと2営業日

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑