オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

トランプ大統領の第2章は大恐慌入り?それでも個人投資家は焦るべからず!

こんにちは、眞原です。

今回は、マーケット全般と信じるも信じないもアナタ次第、シリーズです。

本日、全米と各国マーケット参加者が注視していた米トランプ大統領にとって初めての「一般教書演説(米大統領が連邦議会両院の議員を対象に行う演説で、国の現状 (State of the Union) について、大統領の見解を述べ、主要な政治課題を説明するもの(年頭教書))」が行われました。


(出典:Bloomberg)

米国内に対しては、国内の出来事(ハリケーンや大規模な事件や事故のヒーロー)やそれに対応する人たちを拍手で称えるとともに、国内外に対しては米大統領の「1年間の成果」のアピールでもあります。

マーケットが最も気にしていたのが、「貿易」に関する言及、そして「対北朝鮮」でしたが、極めて「教科書的な演説内容」でした。

時間がある方はNBC NewsがYouTubeで配信しているので是非見てみてください。

Watch President Donald Trump’s State of the Union Address 2018 (Full) | NBC News

さて、そんなトランプ政権の2年目が始まる訳ですが・・・、

個人投資家の皆さんもよく知っているように、もっか「株式高+債券高が進行中」という不穏な熱狂マーケット状況が続いています。

私自身、悲観主義ではありませんが、正直「要警戒」だと思っているので、既に本プログ記事でも情報を発信しています。

正直、もしこのマイナス予想が当たらないのであれば、当たらないで良いのです(私は預言者でも、予測屋でもなんでもないので!)。

「いつ暴落するんだ!?」なんて聞かれても、分かりませんとしか答えようがありませんので悪しからず!

ただ、個人投資家で下落に関して何も予期していないにも関わらず、不意打ちのように「マーケット暴落」を見てしまう人に限って、焦ってヒステリックになったり混乱したりする人がいるので、事前にメンタルと行動面での予防線をお伝えしています。

大前提として、

”マーケットは弾ける(暴落する)、でも絶対に焦っちゃダメ!特に、海外積立投資で積立投資をしている個人投資家は!”

の一言に付きます。

そして海外積立投資は、毎月コツコツの中長期投資、且つ積立先ポートフォリオは中長期で緩やかに上昇していく資産を選定、そして「ドルコスト平均法」を活用する上では、暴落する方が良い、ということです。

改めて確認してくださいね↓

マーケットクラッシュ間近!海外積立投資の個人投資家は衝撃に備えましょう(メンタルも行動も)!

さて、トランプ大統領の2年目を、1929年フーバー大統領時の「世界恐慌時」になぞらえる情報がBloombergで取り上げられていたので、本ブログでもシェアしてみようと思います。

<トランプ大統領 VS.フーバー大統領
(1929年高値と2018年1/29までのダウ工業平均株価推移)>

(出典:Bloomberg)

まさに「デジャブ(既視感)」がある、ダウ工業株価推移になっているとの指摘です。

実は、過去の歴代大統領の共和党時には、株式市場の「暴落」や「恐慌」が起こりやすい傾向にある歴史があります(これは時の政権の方針による規制強化緩和や金融政策、戦争サイクルから影響を受けることが起因してたりします)。

<歴代大統領とダウ平均の動き>

(出典:Bloomberg)

米国には軍産複合企業があり歴代大統領の移り変わりや歴史を見ても分かるように、米国経済や米株式市場や世界の覇権争いは「戦争」と「経済」がリンクする傾向があるのです・・・。

「戦争サイクルと経済クラッシュサイクル」に備える資産運用方法は?(景気循環サイクルとの関係性)

だからこそ、今日のトランプ大統領の「一般教書演説」は、非常に注目でした。

特に、外交(北朝鮮に関する言及)について(無難な演説内容でしたが・・・)。

いよいよ、トランプ政権の2年目です。今年半ばには「中間選挙」が控えています。

2017年1年の政権運営や実現した規制撤廃、そして今回の一般教書演説内容やトランプ大統領の方向性を踏まえると、既に「最低30%の強固なトランプコア支持層」を維持盤石にしつつ、今後は残り最低20%(動きやすい一般大衆票)をどのように確保していくかという方向性に舵を切っていくことでしょう。

さて、巷では有名な話ですが・・・、実は2000年時点で「トランプ大統領就任」は予言されていたという説があります(信じるか信じないかはアナタしだい)。

 

<2000年3月(約18年前)に放映されたTHE SIMPSONSの1コマ>

(出典:Trumptastic Voyage|Season 25|THE SIMPSONS)

ストーリーとしては、シンプソン家の長男バートが、2030年の未来を覗いてきたというシーン。

2030年時点において、シンプソンズのトランプ大統領は、最悪の「前大統領」として描かれています。

トランプ政権からの負の遺産のために、例えば「米国内での犯罪急増」、そして「経済政策失敗の為に、米国債務が拡大、中国など諸外国からの支援が必要な状況に・・・」など。

トランプ大統領自身が、このカトゥーンを真似なければ良いのですが・・・2年目のトランプ政権です。

米大統領は、一期4年間、最長二期までなので、現在の一期目は2021年1/20まで、再選した場合は2025年1/20までです。

まだ2年目が始まったばかりですが・・・、シンプソンズによれば、二期目も就任することになっていますね。

信じるも信じないもアナタ次第・・・。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

アベノミクスで年収が増えた人?(2015年夏のボーナス見通しと値上がりするモノ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さんお楽しみ「2

記事を読む

Brexit後に想定される英国10のシナリオ(プロセス)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先週末のBrexit決定

記事を読む

NexitやFrexitの激震に備えるべく欧州マーケット2017年政治的な日程まとめチェック

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年マーケット動向に左右する、主にEU圏

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

セミナー参加者回答、月々の積立で年金プラスアルファ作り上位ランキング(海外積立投資/海外個人年金)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々の収入の中からコツコツと一定金額を積立投資 or 個人年金

記事を読む

【初心者向け】20〜30代の資産運用の王道は「積立投資」

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用初心者の内容。 もし既に1,000万円、1億円あ

記事を読む

2017年、世界を動かす第65回ビルダーバーグ会議で何が議論されたのか?

こんにちは、眞原です。 今回は、好評な「信じるか信じないかはアナタ次第(国際金融、陰謀論、ゴシ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑