オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

【NISA】つみたてNISAニュース(対象商品「朝日ライフ/日経平均ファンド」追加)

こんにちは、眞原です。

2017年も残り2週間を切っていますが、資産運用の変化として2018年1月から「つみたてNISA」が開始されることは以前に書きましたね。

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

唯でさえ、NISAを始めとする国内でできる「積立投資」は殖えにくい投資先ばかりにも関わらず、この「つみたてNISA」では、

「金融庁が定めたルール(前述ブログ記載)に則った投資信託(ミューチャル・ファンド)やファンドのみ

が積立投資先となっています。

そして現在の「つみたてNISA」で積立できる対象商品は、

・指定インデックス投信:114本
・アクティブ運用投信など:15本
・ETF:3本

合計132本

見てわかるように「金融庁お墨付きのインデックス」が大半なので、アクティブ型の投資信託(ミューチャル・ファンド)は「ダメだ」と言われているようなもんでしょうか(苦笑)。

インデックスの内訳は、

<単一指数(株式型)>
TOPIX:11本
日経平均株価:13本
JPX日経インデックス400:5本
MSCI ACWI Index:4本
FTSE Global All Cap Index:2本
MSCI World Index(MSCIコクサイ・インデックス):15本
S&P500:2本
CRSP U.S.Total Market Index:1本
MSCI Emerging Market Index:9本
FTSE Emerging Index:1本
FTSE RAFI Emerging Index:1本

<複数指数(バランス型)>
(国内)
2指数:1本
3指数:2本

(海外(内外)型)
2指数:1本
3指数:1本
4指数:16本
5指数:2本
6指数:7本
7指数:2本
8指数:18本

とのこと。

もし単にインデックスを積立投資するのであれば、海外積立投資の15年140%20年160%元本確保型の方が断然良いと私は思います。

<つみたてNISA、NISA、海外積立投資の簡易比較表>

まずもってNISAの「税制メリット」はそもそも利益が出てからの話なので、間違っても、

節税がー!

なんて理由だけで、つみたてNISAを始めるなんてことが無いように気をつけましょう。

確かに、何かしらドルコスト平均法を活用できる積立投資をするにこした事はありませんが、

ちゃんと殖える可能性が高い積立投資

を選んで実行しましょう。

さて、今回新たに金融庁からお墨付きをもらったのは朝日ライフ/日経平均ファンドです。

ファンドの基準価額の推移がこちら

<朝日ライフ/日経平均ファンド>【基準価額】10,258円(12/15時点)
【純資産総額】約38.3億円(同上)
【設定来分配金】6,105円

00年から運用なので、17年間で分配金込みでも「2.9%の年間平均リターン」のファンドということですね。

中長期で見て日本株全体という時点でもダメだと思いますが、日経平均株価の推移を下回って運用されている典型的なダメファンドです。

こういうファンドを平気で「お墨付き」にしてくる金融庁もどうかと思いますね(実際に自分たちでこれまで資産運用したことが無いお役人が浮世離れしたルールを作りレール敷きたいだけなんだろうなーって思います)。

なにはともあれ「積立投資」で年金プラスアルファの資金を作っていくことは、今現役世代で今後を考えねばならない特に40代以下の若世代にとっては非常に有益なので、自分のあった積立投資を選択して実行していくほうが良いでしょう。

人には聞けないし、学校でも習わないけど、みんなが困っている「お金(年金準備、教育資金確保、資産運用、相続対策)」について





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

短期NZドル債オープン(毎月分配型/資産成長型)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m  ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは、K

記事を読む

【悲報】年収800万円超のサラリーマンは増税へ(増税、社会保険料増、将来への不安増)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースと年金制度について。 以前にお伝えした「高

記事を読む

世界の革新的大学トップ10ランキング!高校生の親御さん必見!日本の大学は軒並みダウン(REUTERS)

こんにちは、眞原です。 今回は、小さいお子さんから高校生のこどもを持つ親御さんにとって重要な情

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

2017年1月スタートの「個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)」ってな〜んだ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「個人型確定拠出年金制度」のイロハの「イ」と「

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

今の20〜40代向け!将来の資産形成の勝利の法則は「先取り積立(海外積立投資)」にあり!

こんにちは、眞原です。 今回は「なかなかお金が貯められない!」、「資産形成が思ったように出来な

記事を読む

ザ・2020ビジョン・コモンズ投信(若い世代にとって「積立投資」は必須の資産運用方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「積立投資」の情報

記事を読む

高所恐怖症の米国ハイ・イールド債券ファンドはそろそ売り時か?(海外積立投資家の判断時期の到来)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本人個人投資家の

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑