ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

【投資信託】野村インド債券ファンド(毎月分配型)〜野村アセットマネジメント

こんにちは、眞原です。

今回は、各証券会社や銀行で販売中の投資信託(ミューチャル・ファンド)「野村インド債券ファンド(毎月分配型)」の情報です。

もう「毎月分配型」というだけでで投資する必要ないと思いますが「インド」というキーワードで証券マンや銀行員が売りやすいという理由からか、ファンドの純資産総額が2,000億円を越えてきました。

(出典:野村アセットマネジメント HP、以下同様)

初めに改めてお伝えしておくと、

投資信託(ミューチャル・ファンド)の純資産総額の多い少ないは、投資家にとってのファンドのパフォーマンスとは関係ない

ということです。

下記のように勘違いされている個人投資家が多いですが、

純資産総額が多い=優秀、安心、安全、人気

正直、関係ありません!

では、早速この投資信託(ミューチャル・ファンド)の特徴とパフォーマンスから確認していきます。

投資先は、

・インドルピー建て公社債等へ投資している証券への投資

です。

2011年からの「野村インド債券ファンド」の運用パフォーマンスがこちら。

<基準価額のパフォーマンス推移>
【基準価額】8,976円(12/14時点)
【純資産総額】約2,145億円(同上)
【毎月分配金】100円
【分配金累計額】8,910円

投資家にとっては非効率以外なにものでもない「毎月の分配金」を6年前の運用開始以来ずっと受け取ってきた場合で(基準価額+分配金累計額)単純年間平均リターンは約10.1%程度です。

本来「分配金」なんて出さずにずっと複利で運用できていれば良いパフォーマンスなのですが・・・。

現在、月々の分配金が100円なので単純にこの分配金を出すには、最低でも年間13.36%のリターンを上げていないと、運用益から分配金が出されていない計算になります。つまり、タコ足(もしくは過去のリターンからの取崩し=純粋な投資家のリターンではない)。

既に月々100円の分配金のうちの60%(ヒドいときは80%)が、月々のリターンから出されている訳ではなく過去のリターンから出されています(タコ足)。

ちなみに今の水準の毎月分配金を維持しようと思うと、今のパフォーマンスであれば最大2年程度が限度でしょう。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)のポートフォリオ状況を確認しています。

ポートフォリオのインドルピー建て債券(直利)で6.1%程度しかないので、そもそも毎月分配金の「最低でも年間13.36%」というのは、あり得ない話なのです。

にもかかわらず「販売(セールス)」するのがお仕事の証券マンや銀行員にとって

「毎月分配型が売りやすいから」

例えば、

「年金の足しになりますよ!」「お小遣いみたいなものですよ!」

なんてセールストークに乗せられて投資する個人投資家があまりにも多い・・・。

確かに(インド関連で言えば)、

”インド株”

への投資は今後も引き続き有望な投資先資産だと思います。

また、ドルコスト平均法複利運用を活用する海外積立投資においては、是非とも組み入れておきたい資産の1つでしょう。

一方、「インドルピー建て債券」となると、株式と比較するとやや「?」というのが正直なところ(もちろんインド国債の格付けが向上している点は、非常にポジティブですが)。

まして、今回の非効率な「毎月分配型」の債券ファンドに関しては、投資家は何を目的に投資しているのかサッパリ分かりません。

「毎月分配型」は、無意味+非効率です(毎月、一定の運用リターンが欲しいのであれば、例えば運用資産から年1度だけ解約してそのリターン資金を月々取り崩すようにする方が投資効率は良い上、グローバルスタンダードです)。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

日本低位株ファンド

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

野村アセットの日経レバレッジETFの限度額1兆円へ引き上げ!〜NEXTFUNDS日経平均レバレッジ・イデックス連動型上場投信〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、野村アセットマネジ

記事を読む

BNYメロン米国投資適格社債ファンド1402(円投資型/米ドル投資型/豪ドル投資型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

毎月分配型のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は「良いファンドか?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)情報。

記事を読む

ブラックロック・米国小型株式ビッグデータ戦略ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)

こんにちは、眞原です。 今回は5/8-19で野村證券から新規募集販売されている投資信託(ミュー

記事を読む

アムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコ・リラコース)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事内容は『投資信

記事を読む

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)〜純資産総額1兆円超の投資信託(ミューチャル・ファンド)〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は純資産総額が1兆円を超えているラサール・グロー

記事を読む

分配金35円へ減配!なぜ人気??フィデリティ・USリート・ファンド

こんにちは、眞原です。 今回は、日本の投資信託(ミューチャル・ファンド)の情報。 どうや

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑