ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

アナタの冬のボーナス支給額は?2017年冬のボーナスランキング(日経調査)

こんにちは、眞原です。

今回は、気になるニュースから。

<冬のボーナス伸び小幅、80万8,646円 本社集計>(出典:日経電子版)

全産業の1人当たりの2017年冬のボーナス支給額(税込/加重平均)は、

80万8,646円(前年比0.89%増)

とのことです。

前年増加は5年連続で、支給額は9年ぶりの高水準なものの、増加幅は2年連続で1%を切っている状況です。

公務員は12月10日、民間企業の多くも12月上旬〜中旬には支払われるそうなので、現時点で懐がホクホクしている方が多いのではないでしょうか?

皆さんの冬のボーナスはいくらだったでしょうか??

さて、「冬のボーナスランキング」を日経新聞社が出しているので併せて確認してみましょう。

こちら。

<2017年冬のボーナスランキング>(出典:日経電子版/筆者加工編集)

1位に輝いているのは「東京エレクトロン(エレクトロニクス)」

冬のボーナス支給額は、

215万円

とのこと。

上で見た全平均80.8万円を大幅に上回る2.6倍の高水準な冬のボーナス支給額のようです!ウハウハですね!

続いて、2位が「ジャストシステム(情報/通信)」

冬のボーナス支給額は、

181万円

とのこと。

3位は「トーセイ(住宅/建設/不動産)」

支給額は、

167万円

と上位3社は、冬のボーナス平均額の倍以上を貰っているようです。羨ましい限りですね。

4位は「アサヒビール」139万円、5位は「ディスコ」137万円、6位「セリア」128万円、7位「大塚商会」127万円、8位「ミネベアミツミ」123万円、9位「キヤノン」121万円、10位「ホシザキ」119万円・・・以下続く。

ちなみに、2017年の夏のボーナスはどうだったかと言うと、

<2017年夏のボーナス金額ランキング>

(出典:同上)

夏のボーナスも堂々の1位は「東京エレクトロン」

173万円

です。

東京エレクトロンでは、夏冬合わせると「173万円+215万円=388万円」一般的なサラリーマンの年収(414万円)の実に93%をボーナスにて受け取っている計算です、

まさに、高給取り!!

もちろん、このボーナス支給額から、

厚生年金
健康保険料
介護保険料(40歳から)
雇用保険料
所得税

などが引かれた金額が「手取り額(可処分所得)」になる訳ですが、上位にランキングされている企業にお勤めのサラリーマンは懐温かく「ウハウハ!」でしょう!。

ここまで人が羨むような水準のボーナス金額でなくとも、ボーナスが出るだけで嬉しいことは間違いありませんよね?

その資金を、預貯金するのか、資産運用に充てるのか、旅行や余暇に使うのか、ローン返済に充てるのか・・・それぞれだと思いますが、

間違っても年末だからといって「宝くじ(=貧乏くじ)」を買う資金に充てないようにしてくださいね。

年末ジャンボ宝くじは、単なる「貧乏くじ」(非合理的な金融知識の差)

企業決算が良いのに、従業員に十分に還元されていないのが日本企業のほとんどでしょう・・・。

外資系金融や商社マン、メデイア関連、広告やMR勤めじゃなくとも、例えばメーカー勤めのサラリーマンで普通に年収1,500万円や2,000万円を稼ぐサラリーマンがいてもいいじゃないですかね・・・。

景気が良くとも、働き手のサラリーマンの年収がなかなか上がっていかないというのは周知の事実なので、遅かれ早かれ必ずやってくる老後の為には現役時代からコツコツと、月々の給与とボーナスなども資産運用にまわして行きましょう!

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

 





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

将来の孫の教育資金援助ために、今の海外積立投資に追加して海外積立投資を始めたい。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資を既に始めている方からのQ&am

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

積立投資で10年間の複利運用と何もしない銀行預金との差(資産運用は早く始めるべき)

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 今回は、積立投資について。

記事を読む

2017年上期セミナー参加者の人気オフショアファンドランキング(東京、大阪、福岡)

こんにちは、眞原です。 今回は、2017年上期に(1〜7月末まで)日本国内にいると、中々入って

記事を読む

主観(勘違い)を排除する資産運用

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事内容は個人投資

記事を読む

「高齢者」の定義って何歳??(年金受給年齢の繰り下げ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に40代以下の人たち

記事を読む

消費税は15%既定路線へ!?みなさん、老後資金のために運用してますか?蓄えてますか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さん一人一人に関

記事を読む

資産運用を初めて始める時に、陥りやすい大きな2つの勘違い

こんにちは、眞原です。 今回は、ある程度のまとまった資産を持っていなくて、これから資産を作って

記事を読む

iシェアーズ MSCI 韓国キャップトETF(朝鮮有事懸念が高まる中、韓国株式&企業への投資は?)

こんばんは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、EFTの1つ「iシェアーズ MSCI 韓国キ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑