ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

【積立投資】お金を殖やしたい人の3つの選択肢

こんにちは、眞原です。

今回は、「お金を殖やしたい人」と銘打っていますが・・・・、例えば「短期でドカーンと「儲けたい!」」とか「上がった、下がった!」とか「切った張った!」が大好きな人、短期志向で考える人は読まないでください。

「何が儲かるの?」と聞く人は単なるギャンブラー思考

ここで伝えたい「本来のあるべき資産運用」は、

実に・・・、

・地味(コツコツ)

・目先の上げ下げは気にしない

・長い道のり(現役時代からの資産形成)

で、むしろ

「今、元手となるまとまったお金が無い人でも、月々の所得があればできるお金の殖やし方(投資/資産運用)」

だからです。

さて、ポイントとなるのは「月々の所得(給与)がある」ということ。

ポイント1.)そもそも、預貯金をする理由や動機は?

定職がある人であれば、恐らく月々一定金額を「貯蓄(預貯金)」していることでしょう。

その理由はだいたい・・・、

1.)万が一、何かあった時のために(という漠然としたナニカのために)

とか、

2.)預貯金していれば、安心(という主観的な判断)

とかを挙げられますが、まずもって、

1.)「万が一」というのは、どういうことでしょうか?

恐らく、

・大きな病気、ケガ、入院・・・など

ですかね。

これって、皆さんが大好きな「保険(高い確率で保障が被っている保険に重複加入している)」でカバーできるものですよね??

そのための「保険」なのですから。まして、国民健康保険でもカバーできるものは多数!

ということは「万が一の備え」は大半の人はできているのです。

私の具体例を挙げると・・・、

マレーシア(クアラルンプール)滞在中に、「デング熱(40度の高熱と上げ下げが10日間、血小板数値が30くらいまで低下、鼻血が止まらず輸血間近、という症状)」にかかり、10日間入院し、毎日の点滴や採決、合計100錠以上の薬を飲み、日本円で33万円くらいかかりました

が、全て当時の「保険」でカバー。

もちろん退院当日はキャッシュで支払う訳もなく、全て後日「保険請求」にて対応(1万円くらい現金で支払いしないといけないものがありましたが)。

つまり、海外でこういう事例なので、日本国内なら尚さら「現金が急激に必要」というケースは極めて低くなると思います。

なにせ、国民健康保険や民間の保険でカバーできるので(そのための「保険」)。

ということは、せっせと毎月頑張って「預貯金しているお金」は、結局冷静に考えれば「万が一」のためではないのです。

つまり、

2.)預貯金していれば、安心(という主観的な判断)

という「心理的な面」が大きい。

例えば、

預金通帳やオンラインバンキングの残高を見て「安心」

また、それだけ「貯めたという充足感/満足感/(+万が一にという不安感の払拭(これは保険でカバーできてるのに!))」

です。

ポイント2.)その預貯金殖えていますか?

せっせと貯めた預貯金は、長年銀行に置いていて、殖えていますか???

その答えは、

ノー!!!!

です。

金利(ほぼ)ゼロ、ですから。むしろ時間外にATM利用して、ATM手数料取られると「マイナス」になっていることでしょう。

加えて「円安ドル高」が進めば、それだけ相対的に円資産価値が目減り(輸入物価上昇)になるので、さらに「マイナス」でいいことがサッパリありません。

それでもやめられない「預貯金信仰(預貯金+現金があれば安心)」というのは、この特に金利が付いていた団塊の世代の教育を受けた今の50〜40代、さらには、その下の世代に対する日本社会の負の遺産の1つに他なりません。

預貯金していても、お金(資産)は殖えません!

預貯金していても、老後資金準備するには大変です!

お金がお金を産む(金利を付けること)を考えましょう!

三菱UFJとみずほ銀行の預金利回り「0.00%」時代に突入(お金を殖やすには?)

ポイント3.)お金がお金を生み出す方法=積立投資(海外積立投資)

その解決策は、

月々の所得(給与)から、コツコツと一定金額を長い期間をかけて「積立投資(海外積立投資)」をし続けること

です。

とうぜん「投資」なので、銀行預金のように「元本保証」ではなく、積立投資先の資産(ファンドや株式)によって、積立資産価格が上下にブレます。

すなわち「殖える」可能性もあれば「減る」可能性もある

ということ。

その相反する2つの「可能性」というのが「リスク(上下のブレ幅)」の正体に他なりません。

超基礎!今さら他人に聞けない「投資のリスクとリターン」

つまり、「お金を殖やす」ための答えは、

預貯金ではなく(もちろん預貯金も必要でしょうけれど)、「投資(積立投資)」を始めるのが最も地味で長い年月がかかり目先の上げ下げにとらわれない効率的な資産形成(資産運用)方法

なのです。

そして、海外には「殖やす可能性」が極めて高いを3つの海外積立投資があります。

(ⅰ)積立額に対して毎年最大5%の金利を満期(10〜25年)まで貰いながら、世界中のファンドに積立投資をする海外積立投資

(ⅱ)15年後に積立総額が140%もしくは20年後に160%で満期となる元本確保が確定しているS&P500株式連動の海外積立投資

(ⅲ)15年後の満期まで、毎年最低3.5%の確定金利(最大6.0%)が付いた海外積立投資

です。

(ⅰ.)に関しては、積立投資するファンドのパフォーマンス次第で満期額が上下します。

(ⅱ.)と(ⅲ.)に関しては積立投資を満期までしきれば、それぞれの「満期時の元本確保」がされているので、単に殖えない預貯金をしているよりも、着実に殖やすことができるのです。

しかも「ある意味何も考えずに単に積立投資を満期まで貫徹すればよい」というシンプル構造なので、投資したことない人でも分かりやすく資産形成に繋がるという優れもの。

どれを選ぶかは、その人それぞれの志向ですが、全部始めてみるのも良いでしょう(殖え方が違うので)。

まず言えるのは(本来あるべき資産運用で)「月々の所得」からコツコツとお金を殖やしたいのであれば、そもそも「預貯金」している場合じゃないし、3つのうちのどれか海外積立投資(積立投資)を始めるのが最良の選択でしょう。

海外積立投資についての詳細や資料をご希望の方は

こちら(「海外積立投資の資料希望」と明記)

してご連絡ください。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

2016年に生まれたこどもが100万人を初めて切る!続く人口減の中で年金制度への期待はほどほどに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本人なら誰もが関係する「日本の人口動態と現行

記事を読む

インドネシア株式指数が11月8日現在、5年前比較で約+40%上昇6,049pt台の最高値圏で推移

こんにちは、眞原です。 今回はマーケット情報。   本稿のポイントは、

記事を読む

各国株価最高値圏!投資家自身の「目標リターン」に基づく利益確定のススメ

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 特に、日本の投資信託(ミューチャル・フ

記事を読む

【年金問題】こどもが産まれず、高齢者が増え、人口が減る日本社会で生き抜く方法

こんにちは、眞原です。 今日は気になるニュースから。 <17年の出生数2年連続100万人割れ

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

どこの国や地域に積立投資するべきか?(積立投資のファンド選定戦略)

こんにちは、眞原です。 今回は、海外積立投資や積立投資をしている個人投資家にとって重要な積立投

記事を読む

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人生を中長期で考

記事を読む

ハイ・イールド債券の歴史と米国の利上げ

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事はみんな投

記事を読む

フィリピン株式オープン(ETF投資で良いと思う)

こんにちは、眞原です。 今回は新たに大和証券から2017年9月4日から取扱(販売)が始まった投

記事を読む

年金カット法案採決!「ゾンビ年金制度」で将来は安心か?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、年金制度問題について。 これまでも、い

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑