K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

【年金制度】iDeCoの加入者総数が65万人を突破!でも、iDeCoで年金は殖えるの?

こんにちは、眞原です。

今回は、年金制度について。

どうやら、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者が65万人を突破したそうです。

こちらが新規加入者数の推移


(出典:iDeCo公式サイト)

任意加入の「個人型確定拠出年金(iDeCo)」ですが、年金の拠出金(掛金)は自分自身で出し、運用先(投資信託(ミューチャル・ファンド))を自分で選択し、掛金+運用損益によって将来の年金額が決まる制度です(税制上の優遇措置あり)。

ちなみに、掛金は月々5,000円から1,000円単位で設定できます(年1回変更可能)。

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と各年金制度のザックリとした図がこちら

濃い青色部分「個人型確定拠出年金(iDeCo)」です。

第何号被保険者というカテゴリーによって「個人型確定拠出年金(iDeCo)」での拠出限度額(掛金限度額)が異なります。

<第1号被保険者>自営業者(フリーランス)/学生など

月額6.8万円(国民年金基金or国民年金給付保険料との合算枠)

<第2号被保険者>会社員/公務員など

会社に企業年金がない会社員:月額2.3万円
企業型DCに加入している会社員:月額2万円
DBと企業型DCに加入している会社員:月額1.2万円
DBのみに加入している会社員:月額1.2万円
公務員等:月額1.2万円

<第3号被保険者>専業主婦夫

月額2.3万円

掛金の全額が所得控除、また運用益も非課税で再投資、また受け取り時に年金(公的年金など控除)か一時金(退職所得控除)かを選択できるので、現行表情では税制上の優遇があるという点はメリットでしょうか・・・。

iDeCoでの運用イメージがこちら

iDeCoのより詳細はこちら↓

2017年1月スタートの「個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)」ってな〜んだ?

iDeCoという制度そのものは、国が勝手に決めて作っているので、こういうものか程度で捉えるとして、実際にこの制度を利用するかどうかの重要な判断ポイントは言うまでも無く、

”良い運用先(投資先)があるか否か”

に尽きます。

よく税制メリットが・・・という話を見聞きしますが、正直「税制メリット」を考えるべき人は、一定金額の年収があって所得税が大変なことになるからそのために「節税しないといけない」という場合です。

なので、副業などをしておらず年収が一定の一般的なサラリーマンが「税制メリットを・・・」という判断から、この制度利用するのには正直首を傾げてしまいます。

さて、問題の「運用先(投資信託(ミューチャル・ファンド))」ですが、このiDeCoの制度を提供している金融機関が提供している投資信託(ミューチャル・ファンド)に限られます。

例えば、最もファンド数(商品数)が多いのは、

SBI証券:67本

次いで、

岡三証券:41本

以下、

りそな銀行:33本

スルガ銀行:33本

ゆうちょ銀行(Aプラン):31本

楽天証券:28本

鹿児島相互信用金庫:26本

・・・などなど多数の金融機関。

正直、唯でさえダメダメな投資信託(ミューチャル・ファンド)ばかりの日本の投資信託(※スパークスAMを除く)と母数にも関わらず、iDeCo内で提供されているのは、それよりもさらに数が少なくないファンドなのです・・・

つまり、

良いファンド(=ベンチマークを上回るパフォーマンス)を見つけ選択するのは、個人にとって相当、骨の折れること

だと認識しておきましょう。

そして、本当に殖えるのかどうか?過去の投資信託(ミューチャル・ファンド)の運用レコードを見てみましょう。

(今は、世界的に株式市場が好調なので、どんな下手くそな運用ファンドでもパフォーマンスを上げられて当然なのです)

むしろ、いくつかインデックスファンドにも投資できるので、コツコツと投資するのであれば、そういうファンドの方がマシです。

かくいう私自身は、同じ積み立て投資で年金プラスアルファの準備をしていくには海外積立投資が殖える!と断言できるので(国内外の積立商品を見聞きして理解しているから)、そもそも税制メリット云々ではなく「殖える海外積立投資」を選ぶ方が賢いしそういう合理的な選択をしています

価値基準や判断基準はもちろん、人それぞれですが、目的は「不安のある老後の為に、年金プラスアルファの準備」なので、当然

殖えないよりも、殖える方が良い

に決まっていて、税制は二の次です。

殖える方法で、殖やしましょう(確実性を求めて殖やせるのも「海外積立投資」)。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

米国不動産投信ハイ・インカムオープン(毎月分配型)(愛称:りそなリート)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

2015年(平成27年度)国外財産調書の結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年に書きそびれていた「2015年分(平

記事を読む

各国株価最高値圏!投資家自身の「目標リターン」に基づく利益確定のススメ

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 特に、日本の投資信託(ミューチャル・フ

記事を読む

深センと香港市場の相互接続承認へ!(中国株マーケットの柔軟性が拡大か?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2015年6月に「201

記事を読む

ワールド・リート・オープン(資産成長型)(愛称:ワールド・リートN)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは

記事を読む

三井住友・げんきシニアライフ・オープン(R&I2016ファンド大賞・国内株式・最優秀ファンド賞)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、R&I2

記事を読む

目先の「上げ下げ」思考を止めて、パーセント(%)で考えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者シリ

記事を読む

2億円〜100万円未満まで投資金額ごとの投資アドバイザー眞原の中長期資産運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「私の資産運用方法

記事を読む

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケットと海外積立投資情報です。 昨晩(2017年5月

記事を読む

【投資信託(ファンド)解説】トレンド・アロケーション・オープン(モーニングスター ファンド オブ ザ イヤー2014)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログではモーニン

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑