K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

強気派が多数の2018年の世界経済見通しと海外積立投資の投資先

こんにちは、眞原です。

今回は世界マーケットについて。

例えば海外積立投資でポートフォリオ(ファンド選定)を組むときや現在積立投資しているファンドを見直す場合の参考になると思います。

ポイントは、

1.)世界経済は拡大、加速?

2.)強気派が多数だが?

3.)短期ではなく、中長期での資産運用(投資)がなぜ必要か?

です。

<各グローバル金融機関の2018年世界経済見通し>

(出典:Bloomberg)

ポイント1.)世界経済は拡大、加速?

グローバル主要銀行が、2018年の世界経済見通しを続々と発表し始めました。

Goldman Sachs:4.0%

Barclays:4.0%

JPMorgan Chase & Co.:3.7%

Morgan Stanley:3.7%

Citigroup Inc.:3.4% at current exchange rates(現行為替レート)

Societe Generale SA :3.7%

UBS Group AG:3.8%

と、ゴールドマン・サックスとバークレーズが、2018年の世界経済について「最も強気見通しの4.0%成長」を示しています。

もしこれが達成されるのであれば、2011年以来の高成長となります。ちなみに、ゴールドマンの2017年経済成長は、3.7%成長予測です。

成長理由としては、

・世界的なインフレ傾向の加速

・各国中央銀行の金融政策の正常化への移行トレンド

・世界経済が加熱するリスクは限定的

・過熱感はなく、適温相場(ゴルディロックス)

・予想を超える米国の大幅な減税

など。

極めて下方リスク(下振れするリスク)を警戒するトーンが低く、各銀行アナリストが「強気」見通しを出しています。

もし世界経済が4.0%成長するのであれば、海外積立投資「World Stock(世界株式)」に連動するようなETFやインデックスファンドを積立投資するだけでも、2018年に関しても十分なりターンを得られることになるでしょう。

ポイント2.)強気派が多数だが?

民間の各銀行が多数派として、上で見たように「強気」に傾いているものの、

実は、経済協力開発機構(OECD)では、

・2018年の世界経済見通し:3.7%に据え置き(従来通りの横ばい)

・2019年の世界経済見通し:3.6%(減速)

と民間とは異なり、やや弱めの見通し公表しています。

地域別では、

ユーロ圏:1.9%→2.1%(2018年)

米国:2.4%→2.5%(同)

中国:6.6%(据え置き)

日本:1.2%(横ばい)

との見方です。

海外積立投資でコツコツと積み立て投資をしている投資家目線としては、「どこの地域へ投資するべきか?(=経済成長は各国や企業株価やファンド価額が上昇すること)」についてこのような経済見通しから考えましょう。

ポイント3.)短期ではなく、中長期での資産運用(投資)がなぜ必要か?

2008〜2009年の金融危機(日本の主な呼称では「リーマン・ショック」)から約10年

その間、2011年の欧州債務危機問題(ギリシャ危機やPIIGS債務問題)、2014年(チャイナ・ショック)、2016年英Brexit国民投票、トランプ大統領当選など、短期的には経済ショック、ダメージを繰り返してきました。

その度に、短期志向の投資家は、

・やれ(含み)損失が・・・

・短期的なマイナスで「証券マンに騙された」

・もっと円高になったらどうするんだ

など感情的に、目先の上げ下げで判断していたと思います。

結果どうでしょうか?

2008〜2009年から約10年経過し、世界株式市場を見ても分かるように好調に高値圏へ上昇、米国株式やインド株、インドネシア株やフィリピン株なども「最高値更新中や最高値圏推移」です。

つまり、短期で売買したり積立投資を諦めた人たちよりも、諦めず継続して海外積立投資などでコツコツとドル・コスト平均法複利運用を活用して積立投資をしてきた投資家こそが、みんな報われているという事実です。

対極で見ると世界経済は約10年サイクル・・・なので、もしかしたら2017年や2018年がまた1つの大幅高のピークとなって最高値圏からドスン!っと大幅に下落する可能性も十分あります(キッカケは何か分かりませんが・・・個人見解では戦争だと思っていますが)。

ドスンと大幅下落した時でも、悲観して損切や投資を諦めるのを急ぐのではなく、

必ず「10年以上の中長期の積立投資(海外積立投資)」であれば、満期までの間に十分パフォーマンスが戻ってくる

と信じて、積み立てするのを諦めずに、継続してコツコツと積み立て続けましょう。

10年先、20年先は誰も読めません。

でも、歴史が示しているように、経済サイクルは必ず上げ下げしながら、右肩上がりに上昇していっているのですから(=投資家の資産は殖えている)。

「戦争サイクルと経済クラッシュサイクル」に備える資産運用方法は?(景気循環サイクルとの関係性)

 



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

8月3週目の世界的株安パニックを5つのポイントでズバッと解説!〜超金融緩和サイクルの終わりの始まり〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、先週末マーケット

記事を読む

米国利上げ観測と中国経済の関係〜世界各国GDPの観点から海外積立投資で中長期投資を心がける〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

日経アジア300指数とは?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、2016/12/1から算出・トレード開始とな

記事を読む

ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

最高値更新中の米国株式に元本確保型ファンドで投資

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「元本確保型ファンド」について。まず、元本確保

記事を読む

米国株S&P500インデックスへの投資〜中長期投資の重要性〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、米国株式市場(S

記事を読む

5,000ドル突破のビットコインの出口戦略(USD資産へのコンバート方法)

こんにちは、眞原です。 今回は、ビットコイン(暗号通貨)について。 (出典:Bloomber

記事を読む

【積立投資】お金を殖やしたい人の3つの選択肢

こんにちは、眞原です。 今回は、「お金を殖やしたい人」と銘打っていますが・・・・、例えば「短期

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑