K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

(Q&A)USD建て一括投資の場合はドル円レートが影響しますが、どのように考えるべきでしょうか?

こんにちは、眞原です。

今回は、実際のご相談内容に沿っての情報です。

ポイントは、

・上げ下げ為替予想を止める
・為替リスク分散(円資産価値目減り)を減らす上ではUSD建て資産へ投資する
・「円安/ドル高要因」を確認する

です。

<Q.>
1.)質問ですが、ドル建ての一括投資だとドル円のレートが影響してくれると思います。

2.)今後10年~20年くらいのスパンだと、円高と円安どちらに触れる可能性が高いと予想しておりますか?

3.)また、もしご意見を持っておられましたらお教えいただけるとありがたいです。

 

<A.>
1.)
そうですね、USD建てオフショア一括投資では、確かにUSD/JPYの為替レート変動によって資産増減に影響してきます(JPY換算の視点から)。

もし仮に今よりも円高になっているタイミングで、オフショア資産管理口座から資金を引き出す手続きをした場合ですが・・・、

まずは米ドルをそのまま受け取って、為替が短期的に円安になったタイミングで米ドルから日本円に戻せば良いので、ご心配されているようなドル安円高の為替変動による差損(=為替リスク(??))を考える必要はありません。

2.)
また、そもそも為替予測は取引量額ともに多く最も難しく、個人投資家の資産運用において、為替上げ下げ予想自体、正直意味をなしません(そもそも誰一人予測出来ないため・・・)。大事なのは、円高や円安に賭けるということではなく「どちらになっても良いように通貨分散をしておく=リスクヘッジをしておく」ということです。

極論を言えばドル円資産を50:50で持っておけば、為替変動リスクはゼロです。

また、円安になれば、理論上その分の円資産価値が目減りますが(輸入物価などが上昇する悪いインフレへ)、その円資産価値目減りリスクを抑えるためにはドル資産を持っておくことで防げます(ドル資産が増えるため)。

一方、円高になればドル価値が目減りしますが、◯◯さんは基本的に日本円資産が多いと思うのでそちらの為替価値は変動せず影響は軽微でしょう(円高時は円資産から取り崩すなどの対処でなんとかなります)。

3.)
今後の為替(+金利)に対する私個人の見方を最後にお伝えします。

前提として日本の財政状況、金融政策事情、米国の金利状況を考えると「ドル高・円安要因(ドルが買われ円が売られる理由)」が多く、今の114円台から、まずは来年2018年末までに121円台へ円安、そしてそこからは130円台を目指してドルが買われる方向性だと思っています(ドル高・円安方向です)。

最後に、ご参考にこちらもご一読ください。

※日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

カモネギ個人投資家にならないために!まずは証券マンや銀行員に「オススメや流行りの投資信託」を尋ねるのを止めましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者に

記事を読む

資産運用初心者が陥る、証券会社や銀行で「任せているから安心」という勘違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎シリ

記事を読む

「長年投資している三菱USJ 外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方がよいかどうか」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容はQ&

記事を読む

「投資(資産運用)」は銀行&証券会社の担当者に「預け任せる」ことではない〜初心者投資家の誤った考え方〜

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 個人投資家や既に資産運用を

記事を読む

「トランプ氏が大統領に就任するからって、日本人の私の生活には関係ありませんよね?」と疑問に思っている人

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、米国大統領選挙が終わってから個人的にもよく聞

記事を読む

「野村ファンドラップは良い商品でしょうか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&A方

記事を読む

野村グローバルAI関連株式ファンドの投資判断はどうか?また、オフショア資産管理口座からの追加資金を踏まえ10年で倍になるポートフォリオを教えて欲しい。

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、Q&Aです。 様々なご相談内容

記事を読む

各国株価最高値圏!投資家自身の「目標リターン」に基づく利益確定のススメ

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 特に、日本の投資信託(ミューチャル・フ

記事を読む

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券で投資した、インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)」はBrexit後ですが損切りした方が良いですか?

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 先週末はBrexitの

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑