K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

インドネシア株式指数が11月8日現在、5年前比較で約+40%上昇6,049pt台の最高値圏で推移

こんにちは、眞原です。

今回はマーケット情報。

 

本稿のポイントは、

1.)インドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)が史上最高値を更新、高値圏推移
2.)5年前と比較するとプラス約40%上昇
3.)伸びゆく資産はドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資

です。

 

さぁ、百聞は一見にしかず。

まずはインドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)の5年間の推移を見てみましょう。

1.)インドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)が史上最高値を更新、高値圏推移

<インドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)5年間チャート推移>

(出典:Bloomberg)

特に、2018年にかけて「インドネシア内の投資」が上向くとインドネシアのむる屋に財務相が述べているように、2018年の経済成長率見通しが5.4%と、過去5年比較でも高成長になると見込まれています。

<前向きなインドネシア経済成長率見通し>

(出典:Bloomberg)

ちなみに、この5.4%経済成長は、輸出の伸びに基づいているもので、こと「投資」に関してはやや保守的に見ているので「投資」が上向けば、さらに経済成長率は増加する可能性が高いということですね。

 

2.)5年前と比較すると株価指数はプラス約40%上昇

単純にインドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)を見てみると、

2013年:4,350pt台
2017年11月8日時点:6,049pt台

と約5年のあいだに、プラス約40%上昇

これまでのインドネシア株式市場で最も高い値(最高値)圏を推移している状況にあります。

5年で40%上昇であれば、例えば、インドネシアETFに投資している投資家は、ひとまず利益確定の売却でも良いですよね。

ちなみに、上で見たような2015年のインドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)下落前に、通貨であるインドネシア・ルピア(IDR)ついての情報をブログ記事に書いていました(当時2015年5月下旬)

<USD/IDR 5年チャート(米ドル高ルピア安が進む)>

(出典:REUTERS)

チャートを見て分かるように当時2015年6月から7月にかけて短期的にUSD/IDR推移がさらに米ドル高ルピア安になっています。

当時5月末時点で、

「さらに下落する可能性があるから、もうこのへんで売却しておきましょーよ」

とインドネシア・ルピア関連資産の売却を情報発信していました。

結果的にはブログ記事で情報発信したように、当時は見事に短期間での下落が大きかったです。

米国利上げ前!新興国通貨(ブラジルレアル、インドネシアルピア、トルコリラ、南アランド)ショックに備えあれば憂いなし!

とはいえ、「上げ下げ」は必ずあるので・・・、

3.)伸びゆく資産はドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資

そうした中でもシンプルな答えが、月々一定金額を「海外積立投資(積立投資)」です。

なぜか?

ここまで見てきたような右肩上がりで伸びゆく資産(インドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数))は、短期的には上げ下げがあるものの

「右肩上がりに緩やかに指数が伸びていく=経済成長」

ということです。

これこそ、まさしく中長期的な「資産」となり、中長期で伸びていく資産を積立投資するからこそ、

ドルコスト平均法

複利効果(金利に金利が付気逆放物線状に資産が殖える方法)

を最大限に活かせるのです。

その最たる方法が「海外積立投資」です。

 

そういえば、数年前に弊社のモデルポートフォリオには、インドネシア株式資産のファンドを推奨に組み入れていたので、まだ同ファンドを積立投資されている個人投資家も多いでしょう。

インドネシア株式指数(ジャカルタ総合指数)のような伸びゆく資産を、地味ながら月々コツコツと海外積立投資し続けていくのが、遠回りなようで最も効率的な資産形成方法なのです。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

高所得者サラリーマンへの増税加速!「基礎控除」縮小へ!(18年税制改正大綱)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュース 「<所得税改革>基礎控除の拡大検討 低所

記事を読む

不都合な日本社会の未来〜2030年、現行の社会保障(支え合い)は限界へ〜

こんにちは、眞原です。 今回は、少子高齢社会の中での「日本の未来と年金制度(社会保障制度)」に

記事を読む

”若いうちから資産運用をした方が良いのは解るし、海外に資産分散もしたいけれど何から始めれば良いか、何が自分にあった投資か分からない”(20代前半 女性)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用のQ&A。  

記事を読む

米国利上げでアジア債券&アジア通貨投資への転換点迫る?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国利上げ」と「アジア債券&通貨への投資」に

記事を読む

投資初心者にとって株式投資=資産運用ではない理由と「積立投資」をした方が良い理由

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、資産運用基礎シリーズ。 毎日相談頂く中

記事を読む

アナタの冬のボーナス支給額は?2017年冬のボーナスランキング(日経調査)

こんにちは、眞原です。 今回は、気になるニュースから。 <冬のボーナス伸び小幅、80万

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

個人投資家は、まず「米国金利動向」に注目せよ!〜米国債10年利回り長期推移チャート〜

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット(世界)動向について。 株式マーケットで一喜一

記事を読む

VIX指数の急変動に追いつけずに野村の「NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(2049)」償還/上場廃止が決定

こんにちは、眞原です。 今回は償還が決まった野村の『NEXT NOTES S&P500

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑