ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

ビットコイン7,000ドル突破!あなたがビットコインに投資していれば、その出口戦略をお教えします(USD資産シフト)

こんにちは、眞原です。

今回は、ビットコイン(暗号通貨/仮想通貨)関連の情報について。

<Bitcoin(ビットコイン)が一時7,000ドルに>

(出典:Bloomberg)

約1ヶ月前に、1ビットコインあたりUSD5,000を突破したばかりと本ブログ記事でも書いた通りですが、気がつけばあれよあれよの上昇で1ヶ月も経たないうちにサラリとUSD7,000(約79万8,500円)を一時突破しました。

この上昇要因となっているのは、CMEグループが年内にビットコイン先物を上昇する計画を示したことです。

もしこの計画が実行に移されるとすれば、今後、先物を駆使したビットコイン乱高下ショーがさらに始まりそうです。

さて、そのビットコインの年初からの上昇率はすでに640%!!

時価総額が1,000億ドル(約11兆円)を越えてきています。

さて、前々からビットコインを保有している人たちはこの値上がりを享受しているのですが、ビットコイン保有者の中にもこの上昇を受けて、今後の考え方についてのタイプが大きく2つに分かれています。

タイプ1.)このままもっと上がるから、ビットコイン(+他の仮想通貨)を保有し続ける(=もっと上昇してビットコイン大金持ち)

タイプ2.)このまま上がるとは思うけど、値上がりし続けているビットコインで保有し続けるリスクを心配し始めている(他のリアルマネーや通貨にコンバートしたいが、ビットコインの利益確定での税金が心配)

です。

タイプ1.に関しては、そのままご継続どうぞという話になりますが、

タイプ2.の方に関しては、ここで1つの出口戦略の情報をお伝えします。。

それは「オフショア(海外)」のオフショア資産管理口座を活用する方法です。

このオフショア資産管理口座の特徴としては、

・ビットコイン、イーサリアム、ライトコインをそのまま移管してオフショア資産管理口座開設(=USD建て資産にコンバート、ビットコインなどのままでも保有可能)

・オフショア資産管理口座内での利益確定による利益は課税繰り延べ

・ビットコインなど仮想通貨だけでなく、オフショアファンドを含む世界中のありとあらゆるリアルマネー資産(USDなど資産)への投資、一元管理ができる

・もちろん、オンライン画面で管理

など。

確かに、ビットコイン(暗号通貨(仮想通貨))の価値上昇で、円建てやドル建てベース換算で「大金持ち」になっている人も多いですが・・・

あくまでも、保有しているのは何の裏付けもない投機性が高いビットコイン(暗号通貨(仮想通貨))でしかないという客観的な事実には代わりありません。

では、今後・・・、

・このまま上昇し殖えた億単位のビットコインをビットコインのまま使い切れるの?(VISAカード使いも限界がある)

・本当に、今後も暗号通貨/仮想通貨として、米ドルなどのような「資産価値として保存できる」と思うの?

・利益確定したいけど、税金が・・・

という悶々とした悩みを持っている人も多いはずです・・・。

一つの出口戦略として、オフショア(海外)にはその「箱(オフショア資産管理口座)」があるというのは、是非知っておくべきでしょう。

※オフショア資産管理口座の具体的な資料をご希望の方は、

こちら
(ご相談欄に「ビットコイン出口戦略希望」とご記入ください)

からお気軽にご連絡ください。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

オフショアファンドMTG(資産運用の基礎は「分散すること」+「求めすぎないこと」)

こんにちは、眞原です。 今回は、以前に会ったとあるオフショアファンドのファンドマネージャーとの

記事を読む

野村グローバルAI関連株式ファンドの投資判断はどうか?また、オフショア資産管理口座からの追加資金を踏まえ10年で倍になるポートフォリオを教えて欲しい。

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、Q&Aです。 様々なご相談内容

記事を読む

超ハイリスク・ハイリターンなビットコイン投信(=投機)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュース。 まず勘違いして欲しくないので、先にお伝

記事を読む

注目!投資家の資産を預かるカストディアン” Reyker “とは?

こんにちは、眞原です。 今回は、ちょっと投資家には馴染みの薄いマニアック(?)な、カストディア

記事を読む

【仮想通貨】日本の財政悪化の行く末は、仮想通貨「イェンカレンシー」か?(紙幣切替)

こんにちは、眞原です。 今回は、私の勝手な妄想「信じないか信じないかはアナタ次第」シリーズ、ま

記事を読む

「ビットコインは詐欺」by JPモルガン・チェース ダイモンCEO(規制と当局との闘い)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースについて・・・ 「ビットコインは詐欺」 (出

記事を読む

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

2017年ウォーレン・バフェットと昼食を!

こんにちは、眞原です。 毎年恒例行事となっている世界のビリオネア大成功投資家でオマハの賢人こと

記事を読む

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

オフショアファンドMTG(年間平均リターン17.3%の英国介護不動産ファンド)〜ソーシャル・インパクト・インベストメント〜

こんにちは、眞原です。 今回は、先日行ったオフショアファンドMTGについて。 <私は2

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑