オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。

今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

<Q.1>(女性)

海外投資に興味がありまして、お聞きしてみました。
年々香港での銀行口座開設が難しくなっているとネットで見かけるものですから、お尋ねしてみました。

<A.1>
「海外投資」というのは、1,000万円などまとまった資金を一括でオフショアファンドで運用する方法と、毎月クレジットカードで月々コツコツとドルコスト平均法を用いて海外投資積立投資していく方法の大きく2つがありますが、◯◯さんのお考えはどちらでしょうか?

ただ、どちらを始められるにせよ、どちらとも海外銀行口座は必須ではありません。

※『オフショアファンド入門書(マニュアル)』の無料動画視聴はこちら

※『オフショア投資入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』の無料動画視聴はこちら

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

確かに香港のみならず、海外銀行口座を非居住者が開設するのは困難になっている点はその通りです。

それでもお伝えのように海外居住をされない限り海外口座は敢えて必要ではありませんし、まして「海外投資」をする目的であれば上の各マニュアルをご参照頂けたように国内銀行からでも十分できます。

 

<Q.2>
私の言う「海外投資」は、毎月クレジットカードで支払う方法です(=「海外積立投資」です)。

今後、日本国内での預金封鎖や、マイナンバーの紐付けによる国からの個人情報の把握等の心配をしています。

<A.2>
「海外積立投資」をお考えでしたら尚さらわざわざ海外銀行口座は必要ありません。

海外積立投資はクレジットカードから月々積立出来る上、満期金など受取は日本の銀行でも満期時に海外の銀行でもできるからです。

もし海外積立投資をお考えでしたら日本語資料をメールでお送りできますので、ご希望でしたらこちらのURLからブロンズ会員(無料)へお申込みください。

※ブロンズ会員(無料)へのお申込みはこちら





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人生を中長期で考

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

ぶっちゃけ年金っていくら貰えて、老後生活にナンボ必要なん?

こんにちは、眞原です。 今回は、「(仕事をしている時代)現役時代から、老後と100歳長生きリス

記事を読む

国債価格と金利の関係性(逆相関)

こんにちは、眞原です。 今回は「債券(国債)価格と金利」についての基礎の基礎。 とはいえ

記事を読む

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ご相談が多い「ワ

記事を読む

逆張り思考?ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回取り上げるのは少しマ

記事を読む

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!いち早く海外積立投資のスタートを!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ちょうど先月上旬に(3/

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

「野村ファンドラップは良い商品でしょうか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&A方

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑