ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

トルコ・リラ債やアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコ・リラコース)に投資している個人投資家の判断

こんにちは、眞原です。

今回は、為替トルコ・リラに関して。

日本人の個人投資家も「トルコ・リラ」関連の債券や投資信託(ミューチャル・ファンド)に投資している人は多いはずです・・・。

<TRY/JPY 5年為替チャート>

(出典:Bloomberg)

チャートを見ても分かるように、トルコリラがほぼ最安値付近に落ち込み「トルコリラ安/円高」に。

対米ドルでも同じです。直近9日には2016年7月以来の大幅安となり、5年で見ても「米ドル高/トルコリラ安」

ようは「トルコ・リラ暴落中」と表現しても良いでしょう。

<USD/TRY 5年チャート>

(出典:Bloomberg)

その2016年7月には、

※トルコ・リラ注意報発令中!リラ投信、リラ債券投資家は要チェック!

※トルコのクーデター失敗とトルコリラ資産(リラファンドやリラ債券は要注意)

と情報を発信してきましたが、当時よりももっと状況が悪くなっています。

私のトルコ人の友人(4人)はみな口を揃えて、

「トルコの政治は終わっている」

と嘆いています。

(出典:Newsweek)

さて、今回直近の「トルコリラ暴落(リラ売り)」の背景にあるのは、

・トルコとアメリカの相互でビザ発給を停止(テロに関連して米領事館職員が逮捕されたことがキッカケです)

という政治的な動きです。

西アジア&欧州の間にある「トルコ」において年々「政治的、地政学的なリスク」が高まっています。

一応今晩にはアンカラにて、両国の外交代表団の間で初めて協議が行われるようですが・・・。

ということで、足元「トルコ・リラ」関連の下記のような債券や投資信託(ミューチャル・ファンド)に投資している個人投資家は戦々恐々「含み損」を多く抱えている状況があるのではないでしょうか?

<トルコ・リラ建て債券>

※フィンランド地方政府保証機構保証付 フィンランド地方金融公社 2020年4月満期 トルコリラ建債券(仮条件)(8.29%/年)

※ウォーター・ボンド アジア開発銀行 2019年8月15日満期 トルコ・リラ建債券(9.10%/年)

※ウエストパック・バンキング・コーポレーション2018年8月16日満期 トルコ・リラ建社債(8.58%/年)

※グリーンボンド世界銀行(国際復興開発銀行)2018年5月満期トルコリラ建債券(8.29%/年)

カントリー・リスク、地政学リスク、政治的リスクが大きいからこそ高金利であるという「トルコ・リラ」の高い金利水準を謳い文句に、これまで証券会社が営業攻勢をかけ売りに売っていた「リラ建て債券」です。

そもそも新興国通貨なので、貰える債券の金利以上に結果的に為替(リラ)のボラティリティ(上下ブレ幅)が大きすぎハイリスク・ハイリターンになるのは言うまでもありません。

これらの債券に投資している個人投資家は、残念ながら満期まで我慢して保有し続けることになるでしょう。

というのも、これらの債券の「売買」は相対取引なので、特に売却しようと思うと「叩き売り(言い値)」での売却にならざるを得ません。

かと言って、満期までに急にリラ高(為替差損が縮小していく)になっていくとは思えませんが、敢えて売却してとりあえず大きな損切をする必要はないと個人的に思います。満期を迎える頃に改めてどうするか考えると良いでしょう。

<投資信託(ミューチャル・ファンド)リラ・コース>

※アムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコ・リラコース)(出典:ファクトシート)

【基準価額】4,295円
【純資産総額】1,103億円
【分配金累計額】11,110円
【分配金/月々】60円

7年間の運用で分配金込みの場合には年間平均リターンで6.3%、分配金も2017年4月時点まではタコ足分配になっていないのは評価されて良いでしょう。

かと言って、トルコ政治&通貨の情勢的に悪いのは言うまでもないので、早めに利益確定の売却をする方が良いと思います。

同ファンドは今後も地政学リスクに引っ張られて、基準価額が下落する傾向にあるでしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

短期豪ドル債券オープン(毎月分配型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 今回は投資信託(ファン

記事を読む

グローイング・フロンティア株式ファンド

こんにちは、眞原です。 今回は、2017年6月12日にSMBC日興証券から新規設定販売される投

記事を読む

野村テンプルトン・トータル・リターンファンドと投信販売

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ここのところ特に

記事を読む

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

野村グローバル・ロング・ショート

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

南アランド投資家は要注目の南アが17年ぶりのジャンク債へ

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、新興国通貨(南アランド)への投資をしている投

記事を読む

強気派が多数の2018年の世界経済見通しと海外積立投資の投資先

こんにちは、眞原です。 今回は世界マーケットについて。 例えば海外積立投資でポートフォリ

記事を読む

【未来予測】NRI未来年表2018〜2100(未来に対して不変的なことと備えられること)【2019年/2020年編】

こんにちは、眞原です。 今回も前回に引き続きNRIが発表している『NRI未来年表 2018-2

記事を読む

THE WORLD’S 50 BEST BARS 2017(2017年版 全世界50ベストバー)

こんにちは、眞原です。 今回は・・・、 2017年版 全世界50ベストバー という

記事を読む

GS エマージング社債ファンド(円投資型1309・米ドル投資型1309・豪ドル投資型1309)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑