オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「資産運用」は大枠で見て考え実行していくことが大事

こんにちは、眞原です。

今回はザックリとした資産運用の基礎のお話。

資産運用をしている個人投資家は「日々のマーケットや政治動向(ポリティカルリスク/地政学リスク)」が気になるところでしょう・・・。

それらによって短期的にはマーケットが右往左往しています。

例えば、

・米国の追加利上げ予想(12月)
・米国主要株価指数最高値更新中
・国難突破解散総選挙
・ドイツとフランス与党の政権基盤が揺らぎ「欧州圏深化」に不透明感が
・北朝鮮のミサイル発射、核実験
・トランプ政権の政策実行の遅れ
・ISISによるテロ
・ハリケーンや台風などの自然災害

などなど・・・様々なマーケット・インパクトがある要素あマーケット全体を動かしています。

加えて言うのであれば、全体的には、経済動向そのものによってマーケットメイクされているという感よりも、

「地政学リスク(政治、戦争、テロ、自然災害、地理的事由などによるリスク)」

が高くなっています。

それらによって、為替、株式、債券(金利)、ファンド運用など「プラス/マイナス」が生じる訳ですが、日々日々の短期的な政治動向や戦争リスクの高まりによって投資している資産がプラスになっているとかマイナスになっているとかについては「誰も詳細で明確な理由が分からない」というのが正直なところでしょう。

なのでもっとマイナス要因が大きくなる前に、もしプラスパフォーマンス(含み益)があるのであれば、素直に確実に利益確定をしてキャッシュポジションに戻しておくというのも一つの投資家の選択肢に成り得るのです。

どんな投資家でも「最高値で売り抜ける」というのは出来ませんので、ほどほどで良いのです。

そして一方、「一時的なマイナス(含み損)」が生じている場合には、そういう地政学リスクがやマーケットが落ち着くまで放っておくしかありません(もし完全に含み損になっていても、今後伸びゆく資産に投資している場合であったり、それまで運用がしっかりしているファンドであれば大丈夫でしょう)。

正直、短期的に目先だけのマイナスをみて慌てて損切を急ぐ必要はありません。

個人投資家は、あくまでも「中長期(最低でも3年、5年、10年単位)」で資産運用は考え、実行していく必要があるのです。

まして、特に積立投資(海外積立投資)で月々ドルコスト平均法を活用して運用をしている個人投資家は絶対に、慌てて判断を急いてはいけません。

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

 



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

運用目標リターン金額(年間平均リターン目標)を決めること

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者が

記事を読む

資産運用初心者が抱える、5つのあり得ない誤った考え方について(その1.)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は初心者投資家が抱く

記事を読む

総悲観時でも『中長期の資産運用は「子育て」と同じ』という考え方〜グローバルに蔓延するインフルエンザ〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 マーケットが大荒れですね

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

コモンズ30ファンド・コモンズ投信

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の初心者や

記事を読む

これから更に米株&米ドル高へ?トランプ政権のレパトリ税10%の好影響

こんにちは、眞原です。 トランプ大統領が押し進める「税制改正」が1つの山場を迎えています。

記事を読む

資産株にならない日本郵政3社(日本郵政/ゆうちょ銀/かんぽ生命)株式!資産形成は海外積立投資!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は久しぶりに「日本株」について。 今日のニ

記事を読む

今さら他人に聞けない「複利」と「単利」の違いについて

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者向け

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑