オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

海外積立投資でハイ・イールド資産を勧める理由

こんにちは、眞原です。

今回は海外積立投資(月々、一定金額を積立投資する方法)について。

少額で誰でも出来る資産運用の方法が「積立投資」であるというのは何度も情報発信していますが、積立投資の中でも「海外積立投資」が最も良いというのは間違いなく言えることです。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』

そもそも、資産運用を始めにはどうすれば良いか?(これから資産運用を始める人へ)

積立投資で何を積立すれば良いか?

「積立投資」は中長期での投資になるので、結論から言えば、

中長期で伸びていくであろう(上昇していくであろう)資産クラスをずっと積立投資すれば良い

ということです。

「そんなこと、分かれば苦労しない!」

という声が聞こえて来そうですが・・・、そもそも積立投資をしている投資家は、極論「短期での相場観(主観による上る下るの賭け)」は必要ありません。

例えば、08年のような金融危機が起こりどれだけマーケットが下がってその時は絶望的に思えたとしても、中長期で伸びゆく資産を積立投資していれば、むしろ「ドルコスト平均法」とその後の「複利効果」を活かして積立投資ができ、結果的にコツコツ積立投資を継続し続ける個人投資家が良い結果を得られるのです。

具体的には「ハイ・イールド資産」が最たる資産でしょう。

ハイ・イールドは結局、ずーーーーーーーーと右肩上がり

ハイ・イールドを勧める理由は、単純に

過去から見てもずーーーーーーーーと伸び続けている

からです。

百聞は一見にしかず、海外積立投資で投資できる「ハイ・イールド・ファンド」3本のNAV(基準価額)の推移を確認してみましょう。

ファンドハウスは、個人投資家であればだれでも耳にしたことがあるような有名なファンドハウス(ファンド運用会社)です。

<3本のハイ・イールド・ファンド NAV推移>

2005年から2017年までのチャートですが2008年〜2009年の金融危機(リーマンショック)で大幅に下落調整をしましたが、もしこの時点で、個人投資家が積立投資にも関わらず主観に任せて「損切」や「積立投資しても仕方ないと考え売却(スイッチング)」していれば今頃後悔していることでしょう。

なぜなら(結果的に)「ずーーーーーーーーと右肩上がりに上昇しプラスパフォーマンスを上げている」からです。

ここから個人投資家が学ぶ方が良いのは、例えいくら金利が高くとも低くとも、1つの資金調達であるハイ・イールド(信用度が低い企業の社債や国債)に対してはどんな経済状況においても常に投資家からの「投資マネー」は流れてきていて、結果そのマネーがハイ・イールド市場を支え上昇に寄与してるということです。

高所恐怖症の米国ハイ・イールド債券ファンドはそろそ売り時か?(海外積立投資家の判断時期の到来)

例えいくら下落しても、このような「伸び続けている資産」を積立投資し続けることが海外積立投資で資産を築いていく基礎的な考え方になってきます。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

老後資金に向けた「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)と日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンドの売却時期」について

<Q.>(2015年5月) 虎の子の老後資金を少しでも増やそうと証券会社のいうままにあれこ

記事を読む

未年のアノマリーは「戦争」。だからこそ個人投資家は積立投資でドルコスト平均法の活用を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうして夏の終わりは少し

記事を読む

コモンズ30ファンド・コモンズ投信

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の初心者や

記事を読む

証券マンや銀行員からセールスされるのに慣れきった個人投資家の思考停止からの脱却を

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 これまで老若男女問わず様々なタイプの個

記事を読む

投資信託(ミューチュアル・ファンド)で「今後の見通しは?」と考えるのは実はナンセンス

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎です

記事を読む

「レアル安だからこそ2016年9月末時点からブラジル・レアル建て社債の投資をしても良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

投資初心者にとって株式投資=資産運用ではない理由と「積立投資」をした方が良い理由

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、資産運用基礎シリーズ。 毎日相談頂く中

記事を読む

資産運用初心者が抱える、5つのあり得ない誤った考え方について(その1.)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は初心者投資家が抱く

記事を読む

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ご相談が多い「ワ

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑