K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。

今回も気になったニュースシリーズ。

主に、資産運用をしている人、もしくは会社経営をしている経営者、医師など税金や資産運用について、高いアンテナを張って生活されている方々はときおり耳にされるであろう「タックスヘイブン(オフショア)」という言葉。

オフショアファンドやオフショア全般については、こちらの無料の入門書シリーズに譲るとして、

※オフショア投資入門書(マニュアル)

 

※オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)

今回、発表されたレポートで述べられているのは、

「世界の富の10%はオフショアの租税回避地に保有されている」

という客観的な事実。

<Who Owns the Wealth in Tax Havens?
Macro Evidence and Implications for Global Inequality>
(出典:NBER website)

タックスヘイブン(オフショア)=租税回避地=完全に合法的な節税方法

タックスヘイブン(オフショア)と初めて見聞きする人、もしくは国からの情報のみを鵜呑みにされている方は、

アヤシイ
危険
違法?

と勝手に思いがちですが、

むしろ逆で、

「過去の人類の歴史から、タックスヘイブン(オフショア)は合法且つ、世界中の王族、貴族、超富裕層からニューリッチ、金融機関や会計事務所、法律家が確実に係る場所」

です。

残念ながら、このタックスヘイブン(オフショア)の仕組み自体は、英国や英国領を中心にカリブ海、アメリカ合衆国、欧州圏がメインなので当然「英語」で仕組みが作られてきているので、日本語しか分からない日本人にとっては「タックスヘイブン(オフショア)って何のこっちゃ?」状態でしかなく、まして海外から正しく情報を取れないので上で身多様な勘違いをしている傾向が強いと思います。

ただ一言に、タックスヘイブン(オフショア)と言っても、実は歴史的に綺麗なマネーが滞留している国地域とちょっとダークな色合いが強いマネーが滞留している国地域があるのは、タックスヘイブン(オフショア)について情報を持っていればよく知られていることです。

実はCIAかなんだかが「情報をリークしたのでは?」と一部言われている、数年前に明らかになった「パナマ文書」ですが、これはどちらかと言えば後者寄り。

「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは?

オフショア資産(タックスヘイブン資産)の大半は、富裕層に帰属

さて、今回のレポートで分かったのは、英国、スペイン、フランスでは上位001%の富裕層の資産の約30−40%ロシアに至っては同程度の富裕層の60%が海外で保有しているという事実です。

先進国や経済規模がある国々など関係なく、富裕層は「当然のように資産フライト、オフショア(海外)に資産を持つ」ということを実践しています。

そして、これは富裕層に限らず、誰でも望めばできることであって(オフショア投資)、それを実行するかしないかは個々人の判断になります。

<Rise of Alternative Tax Havens>(出典:Bloomberg)

これはザックリと、スイス、アメリカ、アジア(主にシンガポール)、ヨーロッパのタックスヘイブンのシェア状況です。

とはいえ、こんな簡単に数値化して図れればタックスヘイブン(オフショア)ではないのですが・・・。

「巨額な資産運用マネー」、「合法的な節税をもって置かれたマネー」、「由緒正しき古くからの王族、貴族の末裔のマネー」「企業経営で成功した起業家一族のマネー」などなど・・・タックスヘイブン(オフショア)だからこそ彼らのマネーを引き寄せ、守り、殖やしているのが、世界の常識であり日本の非常識なのでしょう。

タックスヘイブン(オフショア)で運用するのも、日本国内の金融機関で運用するのも、それを選ぶか選ばないかは、アナタ次第です。

オフショア投資入門書(マニュアル)

 

※オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)

2018年開始のOECD諸国の情報交換制度〜HSBC香港口座などの海外銀行口座を持つ日本人は要注目〜



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

退職後(リタイア後)の海外生活のベスト10都市と国ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外居住を考えている人、既に海外居住をしている人の新たな住処の

記事を読む

株式や債券との相関性はなし!8年間運用で「年間平均リターン8.02%、リスク0.28%」のローリスク系オルタナティブファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオルタナティブ(代

記事を読む

タックスヘイブン(オフショア)やパナマ文書に出てきたオフショアファンドについて知りたい人へ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ニュース報道がやや少なく

記事を読む

世界的な個の労働競争に勝てない稼げない多くの日本人

こんにちは、眞原です。 先週末に日経新聞社が掲載していた気になるニュースがあったので今回取り上

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

ヘッジファンド資産が初めて3兆ドル(340兆円)突破

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はヘッジファンド(オフショアファンド)情報。

記事を読む

マーケット不安心理の高まりからリターンを得るオフショアファンド(ヘッジファンド)は既に+7%リターンで好調を維持

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。

記事を読む

投資家殺到!あと3ヶ月で新規投資停止のマルチストラテジー戦略のオフショアファンド情報!(9年間で+55%のプラスリターン運用)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

Brexit決定後もプラス運用!2016年は「7%後半リターン」の債券系オフショアファンド(ヘッジファンド)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報です。

記事を読む

2017年ウォーレン・バフェットと昼食を!

こんにちは、眞原です。 毎年恒例行事となっている世界のビリオネア大成功投資家でオマハの賢人こと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑