オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「ビットコインは詐欺」by JPモルガン・チェース ダイモンCEO(規制と当局との闘い)

こんにちは、眞原です。

今回は気になるニュースについて・・・

「ビットコインは詐欺」

(出典:CNBC)

先日米JPモルガン・チェースジェイミー・ダイモンCEOが発言しました・・・、

”ビットコインは「詐欺だ」”

と。

権威ある方が発言すると半端ない影響力があるものです!

ダイモンCEO発言を受けて、ビットコイン価格は急落、先日の中国の「ビットコイン取引所を閉鎖する(かも?)」に続くインパクトを与えました。

超ハイリスク・ハイリターンなビットコイン投信(=投機)

また、ダイモンCEOは、

”ブロックチェーン技術には興味ある”

ということのようで、今でも技術開発を行っていますが、近い将来、銀行や金融機関が同技術を取り入れてくるでしょう。

さて、ダイモンCEOは、2014年10月の国際金融協会(IIF)の年次総会においても、

”規制当局や政府が長期間にわたってビットコインを育てると思いますか?私は違うと思う”

という発言を行っていて、一貫して「ビットコインはダメだ」と言い続けています(さすが「ザ・金融マン」)。

私も彼の発言が答えだと思っています。

なぜならば、

”金融サービス(類似サービス、マネーに関わること)は、金融当局(国)が押し付けてくる「法律や規制」との闘い”

だからです。

ですので正直、私もダイモンCEOに「同感(さすがに詐欺とまでは言わないが・・・)」です。

もし米当局が動けば、一気にマーケットが変動することでしょう。

そもそも各国中央銀行(FRB、BOE、ECB、BOJ)は、この暗号通貨に流れるマネーのみならず世界のマネーの流れを常に監視しようとしています。

なぜならば為替(通貨)の動きや、特に「通貨発行権」は「国にとっての一大産業」だからです。

根本的に米ドル(USD)は「原油、穀物、武器」の取引に必ず使われます。多くの為替トレードの中心は「USD」を介してです。

つまりは、世界動向を考える時、資産運用(投資)を考えるときは、まずもってUSDを中心に考えるべきなのです・・・。

もし仮に暗号通貨が拡大し続け、USDの基盤が揺らぐようになる未来が来るとして、みすみす米国がこの「通貨のうまみ」を手放すでしょうか?

答えは、「ノー」でしょう。

もし、万が一あるとすれば、

今のUSDを米国当局が発行する「暗号通貨(ニューUSD)」に変えてしまうこと

くらいでしょうか。

アメリカも借金まみれなので、一度USDをガラガラポンしたいという思いもあるかも知れません・・・。

確かに短期的な「投機(スペキュレーション」と数年間の「上昇(による含み益)」で「儲かった/損した」という人も日本人でも多くいるでしょう。

また、ビットコイン取引の70%とも言われる中国では・・・短期的な上げ下げの儲けなどよりも、何とか「人民元からUSDへ(もしくは外貨へ)資産を移転」したいので、その一貫としてビットコインが使われています。

人民元からビットコインを購入、米国へ渡航し銀行口座を開設し、ビットコインを換金してUSDで入金という一連のサイクル(資産フライト)

「カネ」が有り余っている中国人の多くはそもそも政府を信じていないので通貨分散(資産フライト)が最重要課題なのです。実に賢いですね。

それに業を煮やした中国政府は、まず中国内から海外送金限度額規制、クレジットカードの海外利用について政府への通知など、「人民元」を逃がさない政策を矢継ぎ早に討っています。

直近のビットコイン取引所閉鎖もその一貫でしょう。

中国人や中国政府動向が、今後のビットコインの動きに影響を与えるのは言うまでもありません。

今後のビットコイン動向+ブロックチェーン技術の活用には私も注目していきます。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

iPhone 8(仮称)お目見えは9/12か?どうなるApple株価?

こんにちは、眞原です。 多くの人が心待ちにしている「iPhone8(仮称)」のお目見え(通称:

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

ダイヤモンドは永遠の輝き!過去最高約63億円(5,700万ドル)でダイヤのイヤリング落札!奥様のプレゼントにいかがでしょう?

こんにちは、真原です。 昨日、米国競売大手のSatherby'sがスイスのジュネーブのMand

記事を読む

仮想通貨(ビットコイン)が最高値更新、その理由は?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、仮想通貨(ビットコイン)関連ニュースについて

記事を読む

2017年富裕層資産規模でアジアが西欧を抜く見込み

こんにちは、眞原です。 BCGグループ(ボストン・コンサルティング・グループ)が発表したレポー

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

J-REITの官製相場第2弾!金融庁指導で今度は地銀が買い漁る!個人投資家は要注意!

こんにちは、眞原です。 今回は、J-REITに投資している個人投資家への情報です。 ここ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑