オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

こんにちは、眞原です。

先週末の北朝鮮の核実験(過去最大級)が尾を引いている週明けのマーケット推移です。

段々と騒がしくなってきました・・・とは言え「この程度は想定の範囲内」だと個人的に考えています。

というのも私のブログを以前から読んでいる方はお気づきだと思いますが、以前から私は「戦争リスク」と「北朝鮮有事」を指摘し続けています↓

もし某国のミサイルが日本本土の特に都市圏や原発に落ちたならば(日本株、日本円、日本国債の動きは?)

さて本日9/4のマーケット状況を見ていると、当然あれだけ大規模な核実験をした国が隣に位置する韓国株式市場、為替(ウォン)が下落調整が余儀ない状況になっていたのは致し方ありません。

また、先週ミサイルが日本上空を越えて行った日本株式マーケットでも、地政学リスクに備えて小幅下落調整せざるを得ない状況に追いやられています。

足元では国連も含め各国協調で北朝鮮に対して「政治的な圧力」を加えようとしている最中ですが、直近の注目日時は今週末9/9(北朝鮮独立記念日)です。

9/9は今週末なので、その各国協調圧力前に北朝鮮側が「仕掛け」てくる可能性を排除できないというやや緊迫感が高まっている状況でしょう。

投資家心理は?

短期的な投機家(トレーダーやスペキュレーター)にとっては、マーケットが短期に右往左往しているのでその対応へ大変な時期に差し掛かっていると思いますが、一方中長期投資家の中でも、

「待ってました!大幅な下落調整を期待しています!ドスン期待!」

という雰囲気になってきている感も否めません。

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

そうです、特に高値更新だった米国株式や他の株式市場でもそろそろ・・・

ドスン(と大幅な下落調整)!

が強く意識されています。

そもそもマーケットは「大多数の参加者によって成り立っている」+「マネー量が結果を左右する」ので、仮に大多数が売りに回ったり、多額のマネーを動かす投資家や投機家が売りに回ると、その他のマーケット参加者も遅れて「自分だけ取り残されたくない」「損したくない」「売らないと」ということで、結果的に売りに回って、

一層この

ドスン!

という下落調整に拍車がかかり、蓋を開けてみると「暴落」という言葉がメディアを賑わせることに繋がっていきます・・・。

足元では北朝鮮核実験やミサイルなどが意識されていますが、その他の要因も含め(欧州金融政策、米国の債務上限引き上げ問題、英国Brexit問題、ドイツ総選挙など)何をタイミングとして、この「下落調整(ドスン!)」が起こるか予測するのは無意味ですがきっと遅かれ早かれ起こりえる状況が整いつつあります。

中長期投資家は?

さて、もし短期的に大幅な下落調整があった場合でも、基本的に中長期で投資している個人投資家は慌てる必要はありません。

具体的に思い返すと08年以降の金融危機時(リーマン・ショック時)に大幅下落した際、無理やり投げ売って損切した投資家は後悔していることでしょう・・・なぜなら、あの後もずっと保有し続けて9年間耐え続けていれば、その間のマイナスは単なる「含み損」でしかなく、今やプラスパフォーマンスになっている資産ばかりだからです。

つまり何が言いたいかというと、

目先のドスンに焦って、感情的に売りを急がない!

ということ。

まして、海外積立投資など中長期で積立投資をしている投資家が相場観や感情に任せて無理に積立てたファンドを売却したり、積立を止めたりしてしまうと、積立投資の意味が全くなくなります。

ドスンと来た時にこそ「ドルコスト平均法」が活用されるタイミングになり、またその数年後にその資産が上昇しているからこそ「複利効果」が活かされるのですから・・・。

どうしても今の利益部分を残してドスンを避けておきたいという場合には、今のリターン水準で「リバランス(配分変更)」をしておくのは良いかも知れませんね。

リバランスとは?(海外積立投資の知恵)

それでも心配な投資家は・・・?

「キャッシュ・イズ・キング」というのはいつの時代でも共通することなので、ドスン心配性の方は一旦「現金比率を高める(キャッシュポジション)」に戻しておくというのがドスン!を避ける方法でしょう(とは言え、これは単に相場の上げ下げに賭けているに過ぎないので、資産運用においては正直意味が無いとは思いますが・・・)。

積立投資の場合は、ドルキャッシュ・ファンド(MMFなど)にスイッチングするというのも1つでしょうね。

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

毎年恒例!米ブラックストーン副会長バイロン氏の2017年の「びっくり10大予想」

明けましておめでとうございます、投資アドバイザーの眞原です。 2017年の酉年マーケットが始ま

記事を読む

年間平均リターン8.73%の海外積立投資ポートフォリオ

こんにちは、眞原です。 今回は、海外積立投資のポートフォリオについて。 他の積立投資をし

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

NexitやFrexitの激震に備えるべく欧州マーケット2017年政治的な日程まとめチェック

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年マーケット動向に左右する、主にEU圏

記事を読む

為替ユーロ/米ドルはパリティ(等価)になるか?4月23日の第1回フランス大統領選挙の行方は?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 先日オランダの選挙が終わって一息ついたEU圏事情で、

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、

記事を読む

USD/JPYで最重要だった9月FOMCで利上げは先延ばし!次の注目ビッグイベントは11/8米大統領選!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日(9/22日)は眠い

記事を読む

米国利上げ観測と中国経済の関係〜世界各国GDPの観点から海外積立投資で中長期投資を心がける〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑