オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2017年既にプラス17%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンドは利確タイミング?

こんにちは、眞原です。

今回はオフショアファンド情報です。

以前にも取り上げた「ロング(買建)オンリーのオフショアファンド」ですが、7月末までのパフォーマンスが届いたので改めて情報発信しておきます。

オフショアファンドの戦略上、「ロング(買建)オンリー」なので、マーケットがクラッシュしたり下落トレンド入りするとこの戦略での運用が厳しくなっていくというが前提です。

直近のマーケットを見ていると、いつどのタイミング(キッカケ)で、膨張して高値を牽引しているグローバル株式市場、債券市場の「ドスン(という下落)」が来るのだろうとドキドキしています・・・。

では、パフォーマンスを早速確認・・・運用開始2006年から。

2008年:-22.7%
2009年:+46.7%
2010年:+82.4%
2011年:+32.7%
2012年:+38.6%
2013年:+5.0%
2014年:+15.7%
2015年:-20.6%
2016年:+22.5%
2017年:+17.6%(~7月末)
1月:+0.02%
2月:+7.24%
3月:+0.25%
4月:+1.47%
5月:+2.4%
6月:-1.06%
7月:+6.35%

と2017年は7月末までで既に「プラス17.6%リターン」と順調な推移を見せています。

もっと精緻な数字を確認すると、

年間平均リターン:+19.9%
年間平均リスク:25.8%
シャープレシオ:0.94

年間平均リターンとリスクから考えるとこのオフショアファンドは平均的に「最小:−5.9%」から「最大:45.7%」の範囲に約68%の可能性で収まるということですね。

超基礎!今さら他人に聞けない「投資のリスクとリターン」

ちなみに、運用開始以来として注目できる数字がこちら

プラスリターン月の確率:68%
最下落率:−39.7%

この素晴らしいパフォーマンスを上げているこのオフショアファンドは一体、どういう資産を「買建」運用しているかといえば、

運用戦略と投資先としては150の銘柄と18のマーケットセクター(総マーケット数は100以上)に分散投資、株式は4倍、債券(格付AAA)は10倍レバレッジをかけて、レバレッジを掛けているからこそハイリターンを目指せる運用をしています。

具体的には、

株式(4倍レバレッジ)
債券(10倍レバレッジ)
コモディティや為替のオプション
保険証券(CATボンド)など

などを買建運用しています。

ただ逆に、冒頭に触れたようにどこかのタイミングでマーケットが下落傾向になり、買建運用がうまくいかない場合に期待しているような良いパフォーマンスとなりにくくなります。既に2013年などから投資している投資家は、利益確定を考えても良い頃合いなのかも知れません。

また一方、これだけの運用歴や過去の実績がああるので、これからも中長期でもさらに上がっていくと考える個人投資家に、これから投資をし始めても良いですね!

もし具体的なオフショアファンド名やFactsheet(運用報告書)などより詳しいをご希望の場合には、いつでもお気軽にこちらから「ロングオンリーファンド資料希望」と明記してご連絡ください。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

年間平均リターン7%後半、リスク0.28%のマイクロファイナンスファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンド(オルタナティブ)のアップ

記事を読む

Brexit決定後もプラス運用!2016年は「7%後半リターン」の債券系オフショアファンド(ヘッジファンド)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報です。

記事を読む

株式や債券との相関性はなし!8年間運用で「年間平均リターン8.02%、リスク0.28%」のローリスク系オルタナティブファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオルタナティブ(代

記事を読む

オフショアファンドMTG(資産運用の基礎は「分散すること」+「求めすぎないこと」)

こんにちは、眞原です。 今回は、以前に会ったとあるオフショアファンドのファンドマネージャーとの

記事を読む

2017年上期で既にプラス11%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンド

こんにちは、眞原です。 今回は、ロング(買建)オンリーのオフショアファンド(ヘッジファンド)の

記事を読む

英ヘッジファンドManの株価は上がれど投資家のリターンは?Manには投資できなくとも、日本人個人投資家が投資可能なMan同様のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)は存在する。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「これぞ海外投資ブ

記事を読む

ヘッジファンドの英マン(Man Investments)の運用成績と投資の仕方

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ヘッジファンド(

記事を読む

注目!投資家の資産を預かるカストディアン” Reyker “とは?

こんにちは、眞原です。 今回は、ちょっと投資家には馴染みの薄いマニアック(?)な、カストディア

記事を読む

Brexitも無関係!6月リターンがプラス18.54%のマネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンド(ヘッジファンド)の実力!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。 2016

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑