ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

世界的な個の労働競争に勝てない稼げない多くの日本人

こんにちは、眞原です。

先週末に日経新聞社が掲載していた気になるニュースがあったので今回取り上げてみます。

<役員給与、アジア勢が上  中国4000万円・日本2700万円>

(出典:日経新聞電子版)

日経新聞の記事のリソースとしては、大手人事コンサルのMercerからの「世界125カ国(2万5,000社、1,500万人以上の2016年度の報酬(予定額))」に関するサーベイです(為替は平均為替レート換算のようです)。

日本企業でも自動車、家電などの上場企業を中心とした264社が調べられています。

そこで指摘されているのは、

日本(日本人)の場合、役職が上がるにつれて、海外勢の平均給与にぬかれていく

という点。

(出典:同上)

<部長級クラスの平均給与(額面ベース)>
シンガポール:2,412万円
中国(上海):2,340万円
日本    :1,981万円

<課長クラスの平均給与>
シンガポール:1,008万円
中国(上海):668万円
日本    :1,022万円

そして、取締役(その役割や責任の大きさ、稼ぐ人材)まで見ると、役職が上がるに従ってその報酬にもっと差が生まれていくようです。

(出典:同上)

ここまで見ると、

「役職が高いアジア人材と日本人は大差がなく、(報酬面では)むしろ追い抜かれている」

という客観的な事実です。

多くの大企業に勤める日本人はこれに気づいているのでしょうか??

ちょうど先週末に私は、日本やアジアでも知られる上場企業で、現在はアジアのある国で現地支社長をしている日本人の友人と話をする機会がありました。

彼は30代半ばで、経歴としては非常にユニークで(元々某有名大手企業出身、そして休暇になると現役バックパッカーに戻り既に世界196カ国中104カ国滞在し世界各地に友人がいるユニークな日本人)、だからこそ国内外の歴史、地理、宗教観、文化面、ダイバーシティをrespectする人で、私が知る中でも「ザ・国際人ビジネスマン」だと思っています。

当然、英語もネイティブ並にペラペラなので(更にはスペイン語もずっと勉強している努力家)、支社長として現地ローカルの人材をマネジメントしてビジネスを推進しています。しかも、いつ日本に帰国するなど分からない片道切符のような状況で・・・。

そんな彼が先週言っていたのは、

「世界(アジア)には、優秀な人材が数多くいる」

でも、ビジネスの面において、

「日本人は、緻密さやスケジューリング、やりきる力などなどは相対的にやっぱり優秀」

というニュアンスの話でした。

ただ、日本人の問題(「国際的に活躍できない日本と海外の壁」)は、

「言語(英語)、文化の多様性、ディスカッションなど」

というのも挙げていました。

結果、彼のような本物の「ザ・国際人ビジネスマン」は日本人の中から生まれにくい環境になっていると、私は彼の話を聞いて納得しました。

ちなみにそんな国際色豊かで英語はネイティブ並の彼ですら「複数人のネイティブ英語のビジネス会議などは苦手(付いていくのが大変)」と言っていたのが非常に印象的でした。

確かに英語を話す人は日本人の中にごまんといますが、それプラスアルファに昇華させ、グローバルな人材の中でビジネスマンとして闘い、多様性行き交うグローバルな中でビジネスをしていく日本人は、他国に比べて圧倒的に「少ない」と思います。

まして同じアジア圏の中国人は「外へ外へ」という意識が強く、さらに歴史的にも「華僑」を中心にアジア経済やグローバル経済の中心を席巻しているのは、アジアに行けば誰でも気付く事実です。

日本がこれまでの「技術」に裏打ちされてグローバル競争を勝ち抜いてきた昔とは違い、アジア圏でも「日本人・ジャパンメイド」のプレゼンスは過去から大きく下がってきています。

例えば、香港でも現地の香港人に聞くと、確かに「日本の技術力」はまだ認められているものの、それをセールスする日本人セールス(厳密に言えば、英語もカントニーズもマンダリンもままならず、自分達の口でセールスできない=ようは日本語しか話さない)が多く、その結果、マンダリンを学び、さらに現地文化をリスペクトしながらセールスしてくる韓国人勢に押されているビジネス分野もあります

ある意味で、今回の情報(ニュース)でも明らかになったように、

給与面から見た日本人の国際的なプレゼンスは下がっている

ということでしょう(1人あたりGDPの下落傾向は顕著)

日本で生きて、日本でビジネスをしていく分には、何も関係ないかも知れませんが、現状でこれなのであと20年もすれば、もっとアジアの優秀な人たちがグローバルに活躍し、高級取りになっていくのは明らかです。日本の経営者層やマネジメント層が外国人だというのも、今よりももっともっと増えてくるのではないでしょうか。

確かに、現時点における一般的な向上労働者賃金で見ると東京(日本)では人件費がまだ高いですが(月額2,339ドル)、引き続き増税や高齢社会のために支払う社会保険料の増加など支出面を抑えることは厳しくなるでしょう。まして、経済は成熟しきっているので、今後バブル経済を迎え所得も益々増えていくようなアジア圏諸国とは先々の状況がまるで違います。

アジアの猛烈な発展具合を見ると、これからは私の友人のような「グローバルで活躍し、稼ぐことが出来る人材(アジアの優秀な人達と伍していける人)」と「日本国内で細々と上がらない給与に甘んじて生きていく人」に分かれていくはずです。

日本で優秀な人は、もっと世界で闘って、それを国内に持ち帰ってさらに強い人材を育む仕組みづくりもしくは海外で伍していき、華僑のようなグローバルでの日本人ビジネスネットワーク(和僑?)を構築、拡大していかないと、今後の日本のグローバル競争力はますます削がれていくのではないかと危惧するニュースだと個人的には感じました。

自分の可能性を拡げるための三種の神器(ITスキル・語学・ファイナンス)

外国人の日本人に対する「言語(英語)」のステレオタイプ(多くの日本人はこう見られている)

私自身、世界で伍していくビジネスパーソンになれるよう、もっと気を引き締めていこうと、友人の話そして今回のニュースを見て感じました。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

2017年富裕層資産規模でアジアが西欧を抜く見込み

こんにちは、眞原です。 BCGグループ(ボストン・コンサルティング・グループ)が発表したレポー

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

知らない事や経験した事ない事の否定は簡単ゆえに常識は非常識。だからこそオープンマインドでいる事の重要性。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用に共通する

記事を読む

「国難突破解散」と日本の財政と金融市場のお話(日本ソブリン債CDS急上昇)

こんにちは、眞原です。 今回は「日本の財政事情と金融市場」について。 先に日本の政治につ

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

2017年版「世界幸福度報告書」(国連サーベイ)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、20日に国連から発表された「2017年版の世

記事を読む

まさかの為替スプレッド(手数料)が10%!オフショア資産管理口座内では為替スプレッドゼロなのに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替のスプレッド(上乗せ金利=業者の手数料)

記事を読む

5,000ドル突破のビットコインの出口戦略(USD資産へのコンバート方法)

こんにちは、眞原です。 今回は、ビットコイン(暗号通貨)について。 (出典:Bloomber

記事を読む

Cost of Living(生活費)が高い国地域ランキング2017〜The Economist 調べ〜

こんにちは、眞原です。 アメリカではトランプ・バンの影響でVISA発給が厳しくなっていたりで、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑