オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

iPhone 8(仮称)お目見えは9/12か?どうなるApple株価?

こんにちは、眞原です。

多くの人が心待ちにしている「iPhone8(仮称)」のお目見え(通称:Apple祭り)が、来る9/12(日本時間9/13未明)に開催されるのではないか??

という嘘か誠か分からないニュースがネット上を賑わせています。

<Apple ティム・クックCEO>(出典:Mac4ever)

今回の新iPhoneでも、様々な「憶測」や「リーク」情報が垂れ流されていますが、今回はApple社自らが情報を誤って公開しちゃったなんて声もちらほら・・・。

あと、米国本土のマクドナルドが自社Apps写真を載せる時にウッカリ新iPhoneまで載せてリークしちゃったとか???

<McDonald’sが誤ってリークした新iPhone写真?(iPhone8?)>
(出典:McDonald’s)

2年前(2015年)にも実は同じようなブログ記事を書いていたのですが、

9/9はApple祭り!当然オフショアファンドマネージャーが要注視のイベント!

今回もやはり新iPhoneのスペックに注目が集まりますね。

今囁かれているスペックがどうやらこちら・・・

<噂されるスペック>

仮にMcDonald’sのリーク写真が正しいとして(写真をよく見ると)正面に4つのカメラ?思しき丸が配置されているので、これらで「Face-scanning technology」や「虹彩?」を読み取ったりするのでは??と勝手にワクワク想像しています。

実際どういうスペックが配備されてリリースされるのか非常に楽しみです。

さて、いざ投資(資産運用)の観点でみれば、これまでApple株式は非常に「良い投資先」であったと証明されています。

おおよそ毎年の傾向として新iPhoneがリリースされてから、Appleの決算に好影響が出始めるのはクリスマス商戦を終えた第1四半期頃です。

<Apple株価5年チャート>

以前のブログにも書きましたが、2014年6月の「株式分割前(7:1の株式分割)」のAppleの株価は1株550ドル以上でした。

その頃の最高値が702ドル付近でしたが、嘗て証券マンだった私は支店でただ1人でApple株を販売し、投資家のお客さんが大儲けしたいたといは自分の成功体験です(当時の支店長は最高値更新中のApple株はいずれ下落するとベア姿勢で、私に推奨を止めるように言っていました)。

もちろんあくまでも、結果論ですが(苦笑)。

株式分割後は、1株92ドルでスタートしたApple株ですが、上の株価チャートを見ても分かるように、2015年5月最高値132ドルを付けて、一旦調整に入り、今やさらに最高値を更新中です。

株式分割後からでも、既に72%の上昇です。

足元では、iPhoneからの収益が伸び悩んでいるApple決算で、かつ手元資金が急激に減り始めている(設備投資に回している)という状況です。

この設備投資は主に今後Appleが見据えている「AR(拡張現実)メガネやデバイス」、そして「自動運転技術」などの開発費用として投資されています。

Apple株はもはや個人投資家のみならず、機関投資家やオフショアファンド(ヘッジファンド)マネージャーも目を離せない銘柄です。

具体的に、弊社の海外積立投資のポートフォリオに組入れているIT系のファンドでは、そのファンドの上位銘柄にApple株の名前が掲載されています(高比率)。

結果、同ファンドでもちろんAppleの他にも組み入れ銘柄はありますが、Apple株上昇寄与度が大きくファンド価格は上昇、つまりは海外積立投資で投資している個人投資家のパフォーマンスも好調という良いサイクルになっています。

年間平均リターン8.73%の海外積立投資ポートフォリオ

さぁ、いよいよ2017年でエキサイティングなイベントが、9/12(?)に迫ってきています。

あと、3週間を切ったと思うとワクワクが止まりません!

新たなiPhoneと共に、Apple株価の上昇にも非常に期待しています。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

(過去)15年間米国株式S&P500指数への海外積立投資では絶対に損せずに資産形成ができる!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 S&P500指数が最高値を更新して堅調に推移

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

コモンズ30ファンド・コモンズ投信

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の初心者や

記事を読む

誰もに平等な「限りある時間という資源」と「15年満期140%元本確保型海外積立投資」

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用初心者の方は特に必見です。 (出典:

記事を読む

「資産運用」は大枠で見て考え実行していくことが大事

こんにちは、眞原です。 今回はザックリとした資産運用の基礎のお話。 資産運用をしている個

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

自国通貨(政府や国)や制度を信用しない世界の人々と日本円を信じて止まない日本人との違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 現在、アメリカはラスベガ

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑