K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。

今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。

2016年6月に「英国がEU圏から離脱する国民投票に賛成(Brexit決定)」を決めてから、英国経済&政治は混迷を極めています。

混迷という言い方は言い過ぎで、単に「方向感定まらず、フワフワしている」という方が正しいかも知れません。

ハードブレグジットは不可避!英国のBrexitほぼ決定(EU離脱)まとめ

さて、本日のロンドン市場(午前)で、英ポンド(GBP)が対USDに対して、一時1ポンド=1.2791ドルと6月以来の安値圏に沈みました。

一部金融機関では1ポンド=1.2510ドルに下落することを目標として、現時点でポンド売り・ドル買いを推奨しています。

もし、1ポンド=1.26ドルに向かって急速に下落していけば、それはすなわち

「英ポンドは政治リスクを被っているとの見方を再燃させる可能性が高い」

ことを伺わせます。

<GBP/USD 15分間チャート(8/23)>

(出典:REUTERS)

さて、本日の動きの主な要因は、

英国のEU離脱(Brexit)を巡る懸念が膨らむ中で、英企業が投資に益々慎重になっていることを示す報告

が発表されたためです。

<EURに対してもGBPが下落>

(出典:Bloomberg)

上のチャートは見て分かるように「EUR高GBP安」です。

一時2016年10月以来となる、1ユーロ=0.9214ポンドまで買われる展開になりました。

Brexit後のGBPの推移の大半は「メイ首相や英政権のBrexit交渉に絡むポジティブ・ネガティブニュース」に反応している感が否めません。

Brexit そのものは「先々の方針無きEU離脱決定(Brexit賛成多数)」というのは大半のコンセンサスです。

だからこそ、この英国のEU離脱交渉が難航している結果の通りです。

為替推移を見ても、非常に分かりやすいでしょう。

<GBP/USD 3年チャート(線はBrexit決定後の7月)>

(出典:REUTERS、以下同様)

<GBP/EUR 3年チャート>

<GBP/JPY 3年チャート>

<GBP/CNY 3年チャート>

主要な通貨(USD、EUR、JPY、CNY)に対して、過去3年間でGBPは「下落(GBP安)多通貨高」になっているのが一目瞭然で、まして2016年6月のBrexit(縦線)を堺に一時は最安値を付け、直近はやや持ち直している水準です。

超基礎!為替通貨ペアの見方教えます!(コレさえ読めばUSDを中心に為替を考えられる!)

英国からすれば、英ポンド安(=為替によるインフレ)ですが、先週発表された7月の英国CPI(消費者物価指数)は前年同月比2.6%上昇(エコノミスト予想2.7%)、コアインフレ率2.4%生産者物価の仕入価格は前年同月比6.5%上昇(6月は10%上昇)でした。

一方で、4-6月の平均賃金上昇率は前年同期比2.1%とエコノミスト予想を上回るものの、為替要因に伴う物価上昇に後れを取り、実質ベースでは前年同期比0.5%低下となっています。

簡単に言えば、英ポンドが安くなっているので、

輸入物価が高くなり(=インフレになり)、インフレ以上に、賃金上昇追いついていない=英国ポンドしか持っていない英国人は貧しくなっていっている

という状況です。

インフレ率が高まれば当然、英中央銀行(BOE)は「利上げ」をしてインフレ率を抑えにかかろうとしますが、金利が上がると(賃金が伸びてこない限りは)消費が落ちることに繋がるので、BOEの判断も非常に困難になってきます。

この状況を踏まえればもしかしたら、

オフショアファンドへ投資する際には、GBP資産よりも(一時の欧州債務危機(今後も続くと思いますが)から落ち着きを取り戻した)EUR資産にシフト、分散させておおくのも一つの資産運用、資産分散防衛に繋がる

ころあいかもしれません。

もろもろ考えると、英国の経済&政治状況は非常に難しい局面を綱渡り状態でやり過ごしている感が否めませんので・・・。

とはいえ、唯一の光は、GPB安の恩恵か・・・訪英観光客数の伸び率は順調ということです(内需恩恵)。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

注目!投資家の資産を預かるカストディアン” Reyker “とは?

こんにちは、眞原です。 今回は、ちょっと投資家には馴染みの薄いマニアック(?)な、カストディア

記事を読む

野村グローバルAI関連株式ファンドの投資判断はどうか?また、オフショア資産管理口座からの追加資金を踏まえ10年で倍になるポートフォリオを教えて欲しい。

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、Q&Aです。 様々なご相談内容

記事を読む

サプライズ!!2日連続で中国人民元の切り下げが!米国の利上げに暗雲立ち込める?賢い個人投資家の選択肢は??

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今年は何かと人民元はホッ

記事を読む

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

ホットな話題、CNY(人民元)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事は『為替(人民元)

記事を読む

金融機関の為替相場(USD/JPY)予想一覧(2016年2月時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回も為替動向について。

記事を読む

米ドル強し!豪ドルが2009年以来6年ぶりの対米ドル安値圏へ。豪ドル資産の利益確定をお忘れなく!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日は「豪ドル関連資産に

記事を読む

オフショアファンド(ヘッジファンド)への投資方法は?など他

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&Aです。 こちらの複数の質

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑