ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

2017年版「世界で最も住みやすい都市ランキング」7年連続で・・・

こんにちは、眞原です。

今回は、毎年恒例、英エコノミスト誌のEIU(Economist Intelligence Unit)がまとめた世界で最も住みやすい都市ランキング上位10都市(The Global Liveability Report 2017 A free overview)」の情報です。

ちなみに、2016年版も私の過去のブログ記事で取り上げています↓

「世界で最も住みやすい都市ランキング上位10都市(果たして1位は・・・?)」〜英エコノミスト誌まとめ〜

The Economist は毎年諸々のジャンルをランキング形式で取り上げているので、毎回見ていて興味深いです。

さて、今年はどういったランキング変動があるのでしょうか・・・?

世界140都市を対象に、犯罪、医療、環境、汚職、検閲などの項目を基に「住みやすい」を数値化しています。

そして、大きな評価項目はこちらの5つ。

・Stability(安定性/治安など)
・Healthcare(ヘルスケア)
・Culture & Environment(文化&環境)
・Education(教育)
・Infrastructure(公共インフラ)

レポート内では「テロの脅威への認識が広がっている」との指摘がありましたが、過去10年間の傾向としての「住みやすさの低下傾向」は落ち着きを取り戻しているそうです。

それでは早速ランキングを確認します。

<最も住みやすい10都市ランキング>

1.)Melbourne(メルボルン)/Australia
2.)Vienna(ウィーン)/Austria
3.)Vancouver(バンクーバー)/Canada
4.)Toronto(トロント)/Canada
5.)Calgary(カルバリー)/Canada
6.)Adelaide(アデレード)/Australia
7.)Perth(パース)/Australia
8.)Auckland(オークランド)/New Zealand
9.)Helsinki(ヘルシンキ)/Finland
10.)Hamburg(ハンブルク)/Germany

1位は、7年連続で「メルボルン/オーストラリア」に輝きました(同じくオーストラリアといえばのSydneyですが、テロ脅威懸念から11位)。

他のランキングも2016年とランキングに全く変動がなく面白みがありませんでした。

が、それだけこの上位10都市の安定度があるという証拠でもあるでしょう。

ちなみに、過去5年間で最も「住みやすさが改善した都市(上段)」「住みやすさが悪くなった都市(下段)」がこちら

「住みやすさが改善した都市(上段)」
1.)Tehran(テヘラン)/Iran
2.)Dubai(ドバイ)/UAE
3.)Abidjan(アビジャン)/Cote’dIvoire
4.)Harare(ハラレ)/Zimbabwe
5.)Colombo(コロンボ)/Sri Lanka

「住みやすさが悪くなった都市(下段)」
1.)Kiev(キエフ)/Ukraine
2.)Damascus(ダマスカス)/Syria
3.)Tripoli(トリポリ)/Libya
4.)Detroit(デトロイト)/US
5.)Moscow(モスクワ)/Russia

レポート内で個人的に注目だったのは、殺人件数(治安)です。

2016年の数値では、米国のデトロイト(Detroit)では記録的な302件の殺人があり、また一方ベネズエラの首都カラカス(Caracas)では4,308件が、2016年だけで発生しているようです。

ベネズエラ(カラカス)と米国(デトロイト)を同じ土俵で比較するのは違いますが、共通するのは政治的な不安定さと貧困(デトロイト市は2013年に財政破綻)があるのは言うまでもないでしょう。

貧富の格差と教育格差は「治安面」を歪めます。

ただ、実際にこういう情報と行ってみて感じる「良さ/違い」は往々にしてあるのは紛れもない事実です。

「安全な国(日本)で生まれ育って海外在住経験がない日本人」と話をしていると、

” 海外(特定の国ではなくざっくり海外)=危ない=騙される、盗まれる、拉致される”

などと突拍子もないことを感じている人も本当によくいます。。。

いつも思いますが、自分も含め日本人って海外にいると「スキだらけ」なんですよね(危機管理の能力が圧倒的に低い)。

日本は基本的に「安全な国/都市/地域」が多いので、それと較べると、他国他都市では危険な場所は危険、身につけて良い物と悪いもの、歩いて良い場所悪い場所、時間帯、公共機関など、様々な情報や状況に対する「感度が低い=日本人は圧倒的にいい人が多い(騙されやすい、盗まれやすい)」と感じます。

そして、「短期の旅行」と「住む」では圧倒的に違いますしね。

海外で「住む」のと「旅行」は別物

さぁ、来年2018年度版のEconomist誌の発表も楽しみにしています。

皆さんは、どの都市に住みたいですか?

 



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

何と!たけのこの里は1箱390円!!〜「円安!」を身近に感じる海外駐在員や海外居住者〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 香港にいると現地で沢山の

記事を読む

米宝くじパワーボール賞金額は6億5,000万ドルに(約708億円)!

こんにちは、眞原です。 今日は、ふっと想うシリーズ。 ”あぁ、楽してお金持ちになれないか

記事を読む

海外生活必需品その4.「Foursquare」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活、特に海外を飛び回るノマドワーカーには必要なAppsの

記事を読む

2017年版「世界幸福度報告書」(国連サーベイ)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、20日に国連から発表された「2017年版の世

記事を読む

まさかの為替スプレッド(手数料)が10%!オフショア資産管理口座内では為替スプレッドゼロなのに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替のスプレッド(上乗せ金利=業者の手数料)

記事を読む

日本長者番付2016(Forbes)〜「資産」への悩みのベクトル〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はForbesから発

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

国税庁が指摘した2014年の海外資産相続申告漏れ件数は177件!海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンド)を持つ人は必見!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外資産(預金、

記事を読む

中国が銀聯カード(Union Pay)による海外での現金引き出しを年間10万元へ制限〜国家(通貨)を信じるリスク、日本や日本円は?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に中国在住の日本

記事を読む

スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「スイスプライベートバンカーとの語らい」から得

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑