ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。

今回は気になるニュースを取り上げます。

米国での6月クレジットカード債務残高が過去最高を更新

<カード債務が過去最高を更新(2017年6月)>

(出典:Bloomberg)

クレジットカード金額として、6月に過去最高の1兆200億ドル(約113兆円)に達したそうです。

背景にあるのは、これまでの米国の低金利情勢。特にCiti GroupやJPMorganなどの銀行が、カード支払い延長(やリボルビング支払い)などで、残高を繰り越す可能性があるカード保有者との契約で競争をしているそう。

<各家計における平均的なクレジット債務金額と%>

よく知られているように、米国人は「債務」が他国の国民と比較すると多い傾向にあり、2016年末時点データでも「家計に対する「平均的な」クレカ債務残高も高位を維持」しているというのは当然知られている情報です。

カード債務残高が過去最高は、マズい状況か?

正直、

サブプライムローンの時ほど深刻な問題ではない

と言われています。

確かに、例え今後の米国の金利上昇によって延滞率が上昇しカード債務者がデフォルト(自己破産)が相次いだ場合を考えると恐ろしくなるかも知れません。

ただ、そもそも以前のサブプライムローン(低い信用度の住宅ローン)規模、そこからマクロ経済への波及はさほど大きくないことなどが挙げられています。

しかしながら、気にかけるべき点は、クレカ延滞やデフォルトが増えると、

米国個人の消費意欲が低迷する

つまり、

FRBが目標とするインフレ率(2%)を達成困難にさせる

つまり、

FRBの金融政策へのネガティブな影響が起こる

つまり、

消費低迷=米国企業の収益圧迫に繋がる=米国株式の下落調整のトリガーになりかねない

というマクロ経済、ミクロ経済の連鎖が心配されます。

08−09年の金融危機時(リーマンショック時)のような、グローバルマクロ経済がめちゃめちゃになるというようなインパクトにはならないまでも、今後数年間では、目先の米国株式高値更新から下落調整をする局面は覚悟しておくほうが良いと思います。

だからこそ、今米国株式資産を持っている個人投資家ができる選択と考え方としては、

1.)利益確定の売却をしてキャッシュポジションへ(ニュートラル)。そして、改めて投資先を選定。

2.)(特に海外積立投資をしている投資家は)ドルコスト平均法を活かすべく、これまで投資してきた米国株式ファンドをリバランス(配分調整)を行う、スイッチング(ファンドの変更)を行う。

3.)大きく下落調整しても、決して「焦らない」「(特に米国株式インデックスは)損切しない=中長期では上昇する可能性が高いから」

です。

目先では、北朝鮮有事懸念があるので、そろそろ「下落調整への備え」を考えておくほうが良いでしょう。

ちなみに「北朝鮮有事(戦争リスク)」については、私は以前から散々このブログで情報発信している通りです。

さぁ、いよいよか。

もし某国のミサイルが日本本土の特に都市圏や原発に落ちたならば(日本株、日本円、日本国債の動きは?)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

25ヶ月連続で実質賃金はマイナス!日本の総人口は6年連続減少!今の40代以下は将来の為に「年金プラスアルファの資産」を自分で作りましょう。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題でマーケット

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

どうやら消費増税(8%→10%)決定は再延期??(日本の財政問題と高齢者やこれからの若者の年金はいかに!?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 伊勢志摩サミットが閉幕し

記事を読む

アベノミクスで年収が増えた人?(2015年夏のボーナス見通しと値上がりするモノ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さんお楽しみ「2

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

老後資金は積立投資で確保しよう!安倍政権下になってようやく実質賃金が速報ベースで増加(見せかけの賃金上昇から脱却?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「5年ぶりに2016年の実質賃金が増加した」と

記事を読む

フィデリティ・グローバル・ファンド(リッパー・ファンド・アワード 2017(トムソン・ロイター))

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はリッパー・ファンド・アワード 2017(トムソ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑