ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

規制と正義のお話

こんにちは、眞原です。

今回は、資産運用全般の話から少し離れて、ふと思う「規制と正義」について。

金融業界は規制と規制緩和の嵐

私は他の業界の規制や法律には門外漢なのでどうこうは言えないものの、

日本はひどいの一言ですが、世界的に見ても、金融業界は規制がやたらと多いし、金融サービサーは常に規制と闘っている(例えば、インサイダー取引などであれば逮捕されますし、一般的な他業界サラリーマンより規制や法律に敏感な人が多いのも事実

そして、おおかた何のための?誰のための?規制なのか、本質的意味不明なものも多い。

どーせそういう規制を作っているのは、アタマの良いお役人や政治家なので、彼らの既得権益や横並び主義の延長上にあるようにしか思えないけれど、そういう規制に限って、世間一般的に耳当たりの良い「投資家保護のための・・・」とか、「個人投資家のために・・・」とか、官僚的なまろやかな言葉がアタマやお尻についている事がしばしば。

規制と規制開放(放任)の良し悪しは、これまでもずっと言われ続けている議論ではあるものの、私のスタンスとしては今のような過度な規制やお上があれこれ介入してクチ出ししてくることが嫌いなので、規制強化がある度に苛ついています。

そして、その規制を作る元凶となっているモラルない人たちのマインドに対しても。

各人がモラルを高位に保てば過度な規制は要らないのに。

さて話は飛びますが、なんやら、今の日本政府内では「出国時に税金を課す動き(他国もやってるから、とか単純な理由で?)」になっているそうです・・・。

結局、規制(や法律)は勝手に作られ、施行され、最も被害を受けるのはそれを知らない知ろうとしない国民でしかありません。

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

金融業界においては、とっとと旧体制の既得権を守ってきている多くの規制は撤廃して、もっと放任主義にする方が良いというのが私の持論。オバマ前大統領のせいで、金融業界の規制は世界的に強化されて、迷惑極まりない負の遺産を残して任期を終えた大統領だというのは言うまでもない。

もっとも規制緩和なくして、まともな競争も生まれないし、過度なそんなしょうもない規制(国内企業や産業を守るため)のために、まっとうなサービスが国内の投資家に届かないことの方がアンフェアだと強く思います。

常に、それぞれの正義の闘い

規制を作る側(お役人や政治家)とそれを嫌だという側(企業側、消費者側)。

どちらも双方のそれぞれの「正義(何かしらの利害の理由)」があって、結局そのせめぎ合いの結果です。

特にビジネスを進める上では「自分の正義をどこまで押し通すかの結果」がビジネスの成果になっていることでしょう、どの業界でも。

例えば、昔に耐震偽装という事件がありましたが、当時モラルとして大丈夫だったのか、はたまた知っていてそう偽っていたのか、実際客観的に見て問題があったのかなかったのか・・・など、結局当時の事件を見ると「当局からそれはダメだ!」ってことになりましたが。

例えば、金融業界でも同じことで、「これまでは、毎月分配型の投資信託(ミューチャル・ファンド)の販売は問題ない」としてきた、とうの当局が急に手のひら返しで「毎月分配型は投資家のためになっていない!」というアコードを金融業界に押し付けだしているという事実を、投資家自身が知っているかどうか。どちらの正義が、本来の自分自身たちのためになっているのか・・・。

もっとも「当局の正義」ほど、さじ加減具合でアレコレひっくり返してくるのはたまったもんじゃないですけれども・・・。

結局は医療業界、医薬品業界、コンビニ、飲食、不動産、化粧品、データ商材などなど、結局はなんの業界やプロダクトでも「それぞれの正義の闘い」ですよね。

情報の非対称性と個人金融サービス

そんなことをふっと思うのでした。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

紙幣がただの紙切れになった実例!タンス預金もヘソクリも裏金も全部あぶり出し!今の日本円での現金保有者が気をつけるべきこと!(「新円切り替え」への心構え)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本国内でJPY

記事を読む

今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

こんにちは、眞原です。 今回は、珍しく日本の銀行を取り上げてみたいと思います。 日本国内

記事を読む

タンス預金が3年で30%増加の理由は財政問題(将来の増税)とマイナンバーでの資産把握

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金増加」のニュースについて。

記事を読む

知らない事や経験した事ない事の否定は簡単ゆえに常識は非常識。だからこそオープンマインドでいる事の重要性。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用に共通する

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

半径5メートルの世界で生きる人たちとグローバル観点の世界で生きる人たち

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 改めましてHappy New Year。今回は私個人

記事を読む

富裕層への相続税課税強化の動き(平成29年度税制改正)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「平成29年度税制改正」による富裕層への相続税

記事を読む

富裕層の資産状況をしっかり把握する「財産債務調書」の初提出迫る(3/15締め切り)!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、来週3/15に提

記事を読む

さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 いよいよ本日から10月と

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑