オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

超ハイリスク・ハイリターンなビットコイン投信(=投機)

こんにちは、眞原です。

今回は気になるニュース。

まず勘違いして欲しくないので、先にお伝えすると「ビットコインへの投資」は中長期での「資産運用」ではありません。

あくまでも、短期間での「投機(スペキュレーション)=ギャンブルの可能性が高い」と考えましょう。

確かに「投機家」や「ギャンブル」、そして流行りに乗って・・・ということを望むのであれば、どうぞ、という感じですが・・・。

ここ数年ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨(クリプトカレンシー)関連のニュースがあちこちで取り上げられているのを見聞きします。個人的に私の周りでも投機し続けている友人がいますし、実際に彼らは短期間で大金持ちになっていたります(このギャンブルに勝ったという方が正しいと思いすが・・・)。

※仮想通貨(ビットコイン)が最高値更新、その理由は?

さて、私も「ビットコイン投信」というものがあるなんて知りませんでしたが・・・、実はGrayscale Investmentというデジタル通貨グループの会社が販売しているようです。

その投信の名は「Bitcoin Investment Trust」と言うそうで、実際の動きがこちら。

<水色/マーケット価格 ・
紫色/Bitcoin Investment TrustのNAV(基準価額)>

(出典:Grayscale HP)

ビットコインの価格そのものは2倍以上になっているものの、テクニカルアナリスト曰くすでに弱気相場入りしているとのこと。

加えて、特にここ最近ではビットコインが分裂するかも??というニュースをもとにさらにビットコインのボラティリティ(上下のブレ幅)が大きく乱高下する展開になっているようです。

<白色/ビットコイン投信NAV・
青色/ビットコイン価格・

紫色/ビットコイン投信90日間ボラティリティ・
赤色/ビットコイン90日間ボラティリティ>


(出典:Blomberg)

この投信「Bitcoin Investment Trust」の90日間のボラティリティ(上下のブレ幅)が過去最高になった上、ビットコインそのものの変動の2倍以上という状況。

まるで、かつて野村證券がバンバン販売し、毎日のように売った勝った(をしておかないといけない商品性)ギャンブルをしていた「ブル・ベア投信2倍レバレッジ」を彷彿させるようなボラティリティを示しています。

その要因となっているのは、この「Bitcoin Investment Trust」はあくまでも投資信託なので、仮想通貨(ビットコイン)そのものを保有することを良しとしない機関投資家からの需給からの影響によって、この投信のNAV(基準価額)がビットコインそのもの以上に急騰し、2倍以上の「上げ下げギャンブル(=短期で投機で儲かるか損するかという切った張った」)をしているそう。

私自身、ビットコインやクリプトカレンシーそのものへの信用はありませんが、それを支えるブロックチェーン技術は純粋に凄い良いものだなと感じています。同じようなことを今年3月に金融システムや資産運用の最高クラスであるスイスのプライベートバンカーと語らったものです↓

※スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

中長期な資産運用を心がけている人は、このような目先の上げ下げ(ボラティリティが大きな)ビットコインや仮想通貨(クリプトカレンシー)へ資金を投じるのはやめておく方が良いでしょう・・・。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

iPhone 8(仮称)お目見えは9/12か?どうなるApple株価?

こんにちは、眞原です。 多くの人が心待ちにしている「iPhone8(仮称)」のお目見え(通称:

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

世界的な個の労働競争に勝てない稼げない多くの日本人

こんにちは、眞原です。 先週末に日経新聞社が掲載していた気になるニュースがあったので今回取り上

記事を読む

2017年ウォーレン・バフェットと昼食を!

こんにちは、眞原です。 毎年恒例行事となっている世界のビリオネア大成功投資家でオマハの賢人こと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑