K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

次期FRB議長はGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏が最有力!

こんにちは、眞原です。

POLITICOという米国のジャーナリスト会社が大きく報じた次期FRB議長候補について(現在のイエレンFRB議長は2018年2月3日迄の任期)。

これは、今後の世界の金融市場そして米国の金融政策、米国株式、ひいては世界株式に対する結構大きなニュースです。(一応、REUTERSも報じていました。)

<トランプ大統領のイエレン氏に代わる
FRB議長の最有力候補はコーン氏(2017年7月11日)>


(出典:POLICTICO)

Cohn氏は元々コモディティ(商品)トレーダーからキャリアが始まり、米大手投資銀行ゴールドマン・ザックスの社長兼最高執行責任者(COO)を務めていた人物です。現在はトランプ政権の下で、米国家経済会議(NEC)委員長を務めています。

ちなみに、ユダヤ人家庭に生まれいているので、彼もユダヤ人の遺伝子を受け継いでいることでしょう。

実は、日本人はあまり馴染みが無いかも知れませんが・・・、

歴代のFRB議長を振り返ると、結果的に?意図的に?ほとんどのFRB議長がユダヤ人です。

現代のマクロ金融経済システムの中枢は、やはりユダヤ人による功績が大きいのでしょう。

さて、このCohn氏は、現在のYellen議長と違って経済学者出身ではありません。

つまり、

現場は分かっているが、金融政策はあんまり分かっていないんじゃ??(やや不安)

という声がちらほら・・・。

そもそもなぜ、私がブログに取り上げてまで、ここまでこのニュースに拘るかと言えば、

FRBによる金融政策(金利を上げ下げ、マネタリーベースをどうするかを決定する力が強いFRB議長の判断や信条や経験)が、米ドルなどの為替、米国経済、米国株式、世界株式などありとあらゆるマクロミクロ経済に対して影響してくるから

です。

例え、現在何建ての通貨の資産を保有していようとも、金融政策は必ず影響してくるので、個人投資家は金融政策には気を配る必要があるのです。

さて、2017年〜2018年2月迄はまだ現イエレン議長の任期が残っていて、更に2017年内にはあと1回の追加利上げ(予想&期待)、さらにFEDのバランスシート縮小の具体的な道筋がしめされるかどうか?その実行力がどうなのか?、が特に為替市場や米国経済、米国株式にとって非常に重要なキーポイントになってきます。

2017年後半は今回のようにイエレン議長の次期FRB議長を睨む動きも見られてくるので、注視していきましょう(Cohn氏の名前を度々ニュースで見ることも増えるかもしれません)。

※銀行家の中のビリオネア銀行家デイヴィッド・ロックフェラー逝く〜世界パワーバランスの行方〜



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

1世帯の金融資産が過去最高の1,798万円でも、16年前から続く銀行預金ゼロ金利のままでは増えるワケがない。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は総務省発表データか

記事を読む

規制と正義のお話

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用全般の話から少し離れて、ふと思う「規制と正義」について

記事を読む

今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

こんにちは、眞原です。 今回は、珍しく日本の銀行を取り上げてみたいと思います。 日本国内

記事を読む

【年金制度】iDeCoの加入者総数が65万人を突破!でも、iDeCoで年金は殖えるの?

こんにちは、眞原です。 今回は、年金制度について。 どうやら、iDeCo(個人型確定拠出

記事を読む

紙幣がただの紙切れになった実例!タンス預金もヘソクリも裏金も全部あぶり出し!今の日本円での現金保有者が気をつけるべきこと!(「新円切り替え」への心構え)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本国内でJPY

記事を読む

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

こんにちは、眞原です。 先週末の北朝鮮の核実験(過去最大級)が尾を引いている週明けのマーケット

記事を読む

結局、実質賃金は24ヶ月連続でマイナス!安倍政権下の2年間は「円の価値が下落し貧しくなっている」という事実。通貨分散せずに日本円(JPY)しか持たないリスクに気付いていますか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 6月2日付けで4月の実質

記事を読む

消費増税は何のため?アベノミクスの嘘!みんな、少しは怒っても良いのでは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は消費増税(5%→8

記事を読む

中国人民元(CNY)がIMFのSDR(特別引き出し権)に採用見通し!〜通貨分散の多様性拡大〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、IMFが「(仮)

記事を読む

ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について〜国家を信じないからこその資産防衛方法〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログは『ブラジル

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑