オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。

突然ですが・・・

これを見てどう考えますが?

”高い!”

”低い!”

と皆さんそれぞれ思うところはあるでしょう。

その後を見ると、

ガクーんと大幅に落ちています。

これ、米国の代表的な株式指数(=S&P500指数)の動きです。

2005年以降のガクーんっていうのは、07年からのサブプライム危機08年金融危機(リーマン・ショック)の流れです。

歴史に倣うと、「短期(2−3年)」の予測は、中長期資産運用(インベスター)においては、全く意味がありません。

一方短期で、秒単位で、毎日、毎週、など売買を繰り替えず投機家(スペキュレーター)はこういう予測や分析が大事です。

けれども大体、ほとんどの人が「本業(自分自身の仕事)」をしていると思います。

確かに急にトイレに駆け込んで、スマホで短期トレードすることもできなくもないでしょうけれど、まず精神的に持たないでしょう。

なので、中長期投資家(本来の意味での投資家=インベスター)において「主観」を排除して積立投資するのが最も資産を殖やせる1つの手法なのです。

例えば、2000年から2017年の今までこのS&P500指数に積立投資していれば・・・、

はい、

最高値更新=全員プラス

ということです。

仮に「主観」に負けて2008年でS&P指数を売却(損切)していれば、この最高値更新中の今きっと後悔していると思います。

経済は、サイクルです。

政治も、戦争も一定のサイクルがあります。

それに呼応するかのように、株式市場も、バブル発生と崩壊、そして再構築して経済が拡大していくというサイクルがあります。

だから、今の値が高い、低い(安い)なんて短期予測は無意味です。

今後、今の最高値から、ガクーンと大幅下落します(断言)。絶対何かのタイミングで、落ちます。

どれくらい落ちるかなんて分かりませんが、落ちるか落ちないかで言えば「必ず」落ちます。

そして、また、数年間かけて今のように最高値を更新するように盛り返していくことでしょう(過去の歴史に倣えば・・・)。

なので、ぼんやり中長期でこういう伸びゆく資産をコツコツと積立投資するのが、

退屈でエキサイティングしないですが、遠回りなようで最も資産殖やしていける方法の1つ

になるのです。

まして海外積立投資では、これに「元本確保型(満期時には元本が+パーセントを載せて確保される)」ので、

”下落するのは怖いし嫌で特に何にも考えたくないけど、満期まで中長期で積立投資すれば、殖えて戻ってきて欲しい”

と考える人には合っている投資手法でしょう。

最後に、投資家(本来の意味でのインベスター)は、

絶対に「高い/安い」という上げ下げギャンブル思考は止めましょう!!

この投機家(スペキュレーター)思考は・・・、インベスターにとってはホンマに有意義ではありませんから。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

国外運用会社の運用資産額ランキング(オフショアファンドも含む)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は世界の10大ファンド(運用会社)情報です。

記事を読む

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

8月3週目の世界的株安パニックを5つのポイントでズバッと解説!〜超金融緩和サイクルの終わりの始まり〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、先週末マーケット

記事を読む

止まらぬ高齢化社会の中で退職後の生活をより充実して生きるために(退職後にいくら必要?)〜現役時代から海外積立投資で資産確保を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 アジア圏で日本は突出して

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

確定拠出年金(401K)とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 確定拠出年金(401K)

記事を読む

投資信託(ファンド)の資産残高上位がETFに!日経225連動型上場投資信託の純資産総額が最も大きい

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はこのブログでは「初

記事を読む

LVMH(ルイヴィトン)株の上場来高値更新とピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、パリ市場に上場していているLVMH(ルイヴィ

記事を読む

2016年ビックリ予想(ー短期株価予測と為替予測は単なるギャンブルー)

明けましておめでとうございます、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 20

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑