K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

USD75,000(約750万円)で年間平均リターン10−12%を目指すポートフォリオは?

こんにちは、眞原です。

今回は、実際に頂いたご相談(ご質問)から。

その方のお考えは主には、

1.)投資可能金額はまずUSD75,000(約750万円)
2.)オフショア資産管理口座を開設して、そこから投資する
3.)年間リターン目標は10−12%、
4.)30代なので当然中長期(8年−10年以上)での運用
5.)オルタナティブ(代替資産)をメインに投資することで、株式相場などがクラッシュしても相関性を低く

でした。

経済情勢の把握をある程度されていて、ご自身の考え方や方針をしっかり持っているのでシンプルで分かりやすいご相談でした。

Q.USD75,000(約750万円)で年間平均リターン10−12%を目指すポートフォリオは?

A.

お世話になります、真原です。

昨日お電話頂きましたオフショア資産管理口座を開設してUSD75,000で投資するファンドについてご連絡致しました。

併せて添付のポートフォリオ資料をご覧ください。

お話を伺っている中で

【英国介護不動産ファンド】を中心に年間10〜12%程度のリターン目標

とのことでしたので【英国介護不動産ファンド】【クレジット・ローンファンド】を中心としてこちらで3パターンをお伝えします。

<ポートフォリオA.>
年間平均リターン14.46%/年間平均リスク1.51%

【英国介護不動産ファンド】 USD25,000
【クレジット・ローンファンド】USD50,000

世界の株式市場との相関性がほとんど無いオルタナティブ(代替資産)である【英国介護不動産ファンド】【クレジット・ローンファンド】の2ファンドのみ組み合わせです。

<ポートフォリオB.>
年間平均リターン13.72%/年間平均リスク2.05%

【英国介護不動産ファンド】 USD25,000
【クレジット・ローンファンド】USD50,000
【英国債券ヘッジファンド】  USD10,000

ポートフォリオA.の2つのオルタナティブに加えて、債券系ヘッジファンドの【英国債券ヘッジファンド】で積極的にでリターンを得ます。

<ポートフォリオ C.>
年間平均リターン13.11%/年間平均リスク1.41%
【英国介護不動産ファンド】 USD25,000
【クレジット・ローンファンド】USD50,000
【森林ファンド】USD10,000

ポートフォリオA.の2つのオルタナティブに加えて、もう1つオルタナティブの【森林ファンド】でさらにリスクを抑えて運用できます。

どのポートフォリオでもリターン水準としては◯◯さんの目標を上回りますが、全体としてもリスクはご覧の通り低く抑えられています。

ファンド分散は2本のみですがリスクリターンの数字で最も良いのはA.、ファンドを3本に分散した上で積極的にリターンを求められる場合はB最もリスクを抑える場合にはC.とお考えください。

次にお送りするメールにて、各オフショアファンドの詳細とFactsheet(運用報告書)をお送りします。

PIOINT:

投資家自身で、目標の年間平均リターンや投資可能年数、投資可能金額について、なんとなくでも「自分の頭で考えること」は、投資家として当たり前(自己責任)であって当たり前ですが、この方はそれを実戦されているなと思います。

もし、自分じゃ考えられない・・・なんとなくしか分からない・・・、という方は、いつでも私たちまでお気軽にご相談ください。

国内外問わず、今投資しているものの良し悪しも、今回のご相談のようなオフショアファンドへの投資についても、十分な情報提供ができますのでいつでもお気軽にご連絡ください。

※直接相談はこちら(無料)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

富裕層もサラリーマンもそれぞれの保有資産別の資産運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者から

記事を読む

テスラ(Tesla)の時価総額が遂にGMを抜き北米最大手自動車会社へ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はNasdaq市場(米国株式市場)に上場している

記事を読む

資産運用は実践が先で、経済金融知識は同時に学ぶもの。2度と戻らぬ時間を無駄にしないための考え方

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用

記事を読む

高所得者サラリーマンへの増税加速!「基礎控除」縮小へ!(18年税制改正大綱)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュース 「<所得税改革>基礎控除の拡大検討 低所

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

資産運用初心者が抱える、5つのあり得ない誤った考え方について(その1.)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は初心者投資家が抱く

記事を読む

資産運用を初めて始める時に、陥りやすい大きな2つの勘違い

こんにちは、眞原です。 今回は、ある程度のまとまった資産を持っていなくて、これから資産を作って

記事を読む

投資アドバイザーは”ナマモノ”であるオフショアファンド情報と資産運用情報をしっかり個人投資家に伝えるべき

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンドと資産運用の情報のとり方に

記事を読む

人には聞けないし、学校でも習わないけど、みんなが困っている「お金(年金準備、教育資金確保、資産運用、相続対策)」について

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は誰にでも当てはまる「お金全般(年金準備、教育資

記事を読む

オフショアファンドMTG(資産運用の基礎は「分散すること」+「求めすぎないこと」)

こんにちは、眞原です。 今回は、以前に会ったとあるオフショアファンドのファンドマネージャーとの

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑