K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

HSBC香港のオンラインページがリニューアルされたってYO!

公開日: : HSBC香港・海外口座活用

こんにちは、眞原です。

HSBC香港に口座を持っている方は必読です。

HSBC香港のオンラインページ、リニューアルしたってよ!


(出典:HSBC香港 HP)

恐らくHSBC香港に口座を持っている方には、自身の登録Emailアドレス宛てに、HSBC香港側からこの写真の女性の下に書かれている文章、

”It’s here! Enjoy your new internet banking experience today.”

というタイトルのメールが届いているようです。

”え!?、まだそんなメール見てないよ!”

って方は、メールボックス内で「HSBC」か何かで検索してみてはいかがでしょうか?

※HSBC香港口座サイトリニューアル(英語)

どう変わったHSBC香港口座のオンラインページ?

さっき、HSBC香港のホームページ上に掲載されているチュートリアルページを確認しました。

法人用口座は以前から旧ページから新ページへ移行されていましたが、ようやく個人口座も下記のようにリニューアルされたようです。

<HSBC香港口座ログイン後のリニューアル画面(チュートリアル)>
(出典:HSBC香港 HP  チュートリアル画面)

ページがリニューアルされて、シンプルになり以前のごちゃごちゃ感が無くなったように感じます。

そして、簡易的に(少ないクリック数)であらゆる手続きができるようになったというのが、今回のリニューアルのウリのようです。

特に海外送金(香港内、海外送金)が非常にシンプルになっているようでした。

とはいえ実際にログインして、あれこれページのタブを確認しないと分からないというのが現実でしょうね。

どちらかといえば以前のページよりも「感覚的」に使えそうなので、HSBC香港口座を持っている方にとっては朗報ではないでしょうか?

ちなみに、なぜかHSBC香港口座を開設して持っているけれど・・・、って方で、

・口座凍結(香港へ渡航して凍結手続き解除が必要)
・ログイン方法忘れ(ID&PWやデバイス紛失など)
・オンラインページも英語ばかりで使い方が分からない上に、HSBCサポートに電話しても全然分からない

な〜んてことになっていませんか?

一定期間でちゃんとログインしておかないとですよー。

そもそも、国内にいながら(渡航せずとも)、日本のカントリーリスクを避けるために「資産を国外へ置いておく方法(オフショア資産管理口座スイスプライベートバンク口座開設)」はできる訳です(それを知っているかどうかという問題)。

つまり、わざわざ香港の団体ツアーに高いお金を払って参加して、現地の何かの商品と抱き合わせ販売とともにHSBC香港口座を開設するメリットは、まーったくないと思います。

まして英語が分からない方が、別にわざわざHSBC香港口座やHangSengBank口座を持つメリットはほとんどありません・・・。

兎にも角にもとりあえず、まずはリニューアルされたページにログインしてみましょう。



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

2018年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

こんにちは、眞原です。 毎年この時期になると香港の翌年の公休日が決まります。 今回は2018

記事を読む

海外発行カードでゆうちょ銀行ATM利用時の手数料徴収について

こんにちは、眞原です。 今回は、海外銀行口座(例えば、HSBC香港、StandardChart

記事を読む

「世界の最強銀行」番付に香港のHANG SENG BANK(ハンセン銀行)が選ばれる!海外銀行口座として開設増加中。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ブロームバーグ・マーケッ

記事を読む

写真で見るHSBC香港の歴史

こんにちは、眞原です。 今回は香港ライフ編。 オフショア投資や海外積立投資をするにあたっ

記事を読む

Standard Charteredから投資出来るファンドと海外投資(オフショア投資)との勘違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はこちら香港からホッ

記事を読む

ATMを使ってFirst Hawaiian Bankへ入金する方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外銀行口座の1つ

記事を読む

恒生銀行(ハンセン銀行)口座開設サポートで感じたこと

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

HSBC香港、2017年3月末からVoice ID(音声認証システム)始めるってよ!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、HSBC香港口座情報。 こちら香港の地

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン&香港ドルの豆知識

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 10月から始まるマインバ

記事を読む

HSBC香港のセキュリティデバイス(PIN Codeの初期設定方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「HSBC香港口座

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑