K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。

今回は「7/1東京セミナー開催」について。

(出典:The Telegraph)

既に、弊社代表の河合のメルマガをご購読の方はご存知だと思いますが、来る7/1の14時から東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナーを開催します。

既に大阪(個人投資家向け)、石川(パートナー向け)で開催した内容と重複しますが、河合が講師として登壇して2017年中は最後?になるかも知れませんのでドシドシご参加お待ちしています(次回のセミナーは未定です)。

セミナー内容としては、

「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」

と銘打って、

1)海外積立投資(10~25年)

2)100%元本確保型積立投資(10年) ※新商品

3)140%元本確保型積立投資(15年)

4)160%元本確保型積立投資(20年) ※新商品

5)海外個人年金(12年、16年、20年) ※新商品

6)海外仕組債(年7.5%、6年)

7)オフショアファンド(年7~12%) ※新商品

の情報をお伝え予定です。

弊社では海外(オフショアも含め)から、

「海外では当たり前の個人金融サービス情報」

をお届けしています。

7/1東京セミナー参加希望の場合は、

こちら

から「東京セミナー参加希望」とご連絡ください。

私たちは英語を駆使して現地ファンドマネージャやスイスプライベートバンカー達とミーティングを重ねグローバルに情報を集めています。

結果、日本の投資先とオフショア(海外)の投資先の運用パフォーマンスの違い、仕組みの違い、殖え方の違い、遺し方の違いなど、多様な情報を持っています。

もちろん、オフショアファンド(海外のオフショア地域に登記されているヘッジファンドやオルタナティブ)は、「日本語」しか見聞きしない日本人にとってはまだまだ馴染みの薄い投資先だと思います。

ただ、1歩海外に出れば(実際に海外に行かなくとも国内にいてもオフショア投資はできます)、オフショアファンドへの投資は「当たり前」な訳です。

一方、野村證券やメガバンクなどで投資できるような投資信託(ミューチャル・ファンド)は、海外においては見向きもされません。

むしろ、「海外積立投資」の中で投資できる投資信託(ミューチャル・ファンド)も多いので、わざわざ1,000万円なり5,000万円なりの一定のまとまった資金をそのようなありきたりの投資信託(ミューチャル・ファンド)で運用しないのは海外では「当たり前」な訳です。

「2度と戻らない時間(=投資する時間)」をいかに使うかは自分次第ですが、私たちは「殖やせる方法(情報)」を持っていて、それを全力でお伝えすることができます。

是非、この機会にセミナーへ足を運んで、ご自身の耳と目で確かめてみてください。

7/1東京セミナー参加希望の場合は、

こちら

から「東京セミナー参加希望」とご連絡ください。

セミナーご参加、お待ちしています。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

弊社K2 Investment 会社紹介

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、弊社K2について。今頃?と思わた方!

記事を読む

私たちの140兆円の公的年金のうち9.4兆円が吹き飛んだ?〜年金増減は個人意志とは無関係なので結局自分で年金プラスアルファ作りを!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、日経新聞で「GPI

記事を読む

ミサイルが落ちてきそうな日本の「日本円(JPY)」が買われ円高になるのは何故?

こんにちは、眞原です。 今朝から日本のメディアは「ザ・北朝鮮ミサイル問題」ばかりセンセーショナ

記事を読む

世界最強パスポート王座決定!VISA無し渡航し放題のパスポート保有国はどこ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今週、英国紙The Telegraphにで、”The

記事を読む

消費税は15%既定路線へ!?みなさん、老後資金のために運用してますか?蓄えてますか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さん一人一人に関

記事を読む

Cost of Living(生活費)が高い国地域ランキング2017〜The Economist 調べ〜

こんにちは、眞原です。 アメリカではトランプ・バンの影響でVISA発給が厳しくなっていたりで、

記事を読む

海外生活必需品その3.「TunnelBear Free VPN」

こんにちは、眞原です。 今回は、私が個人的に考えている海外生活の必需品Appsの1つ「Tunn

記事を読む

【悲報】年収800万円超のサラリーマンは増税へ(増税、社会保険料増、将来への不安増)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースと年金制度について。 以前にお伝えした「高

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑