K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

海外発行カードでゆうちょ銀行ATM利用時の手数料徴収について

こんにちは、眞原です。

今回は、海外銀行口座(例えば、HSBC香港、StandardCharteredBank、HangSengBankなど)を持っている方に特に関係あるお話。

どうやら、ゆうちょ銀行から出金する際の手数料が値上げされているよう(2017年5月から)

私も知りませんでしたが、先月「ゆうちょ銀が海外発行カードのATM利用手数料の徴収など開始」をリリースしていました。

(出典:ゆうちょ銀行 HP)

海外発行カードとは、「海外で発行された銀行口座キャッシュカード、クレジットカードなど」のことですが、海外発行カードを日本国内で使って出金する場合(現金を引き出す場合)には、下記のマークがある銀行口座からしか引き出しができませんでした。

日本の銀行口座しか持っていない人には馴染みが薄いこららのカードのマークですが、イメージしやすく言えば日本人でも海外に行って海外キャッシングをする際にこれらのマークがポイントです(例えば、Cirrusのマークがあるクレカで海外キャッシングが出来きたりしますね)。

そう考えると、以前紹介したSMBC信託銀行(旧Citibank)は使いやすいですね。

※今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

これらのマークがある銀行ATMを設置している代表は、ゆうちょ銀行、そしてセブン銀行です。

海外発行カード(銀行カード、クレジットカードに、VISAVISAELECTRONPLUSMasterCardMaestroCirrusAmerican ExpressJCBChina UnionpayDISCOVER、の記載がある場合には、ゆうちょ銀行からキャッシュの引き出しができます。

とはいえ、海外口座を開設し持っていても、実は「口座閉鎖間近!」「オンラインバンキングにログインできない!」「資金を預けたがもはや使っていない」という場合があると思いますが・・・。。

例えば有名所でいうHSBC香港口座で発行されている銀行キャッシュカードを用いて、日本国内で資金を引き出した場合の預金引き出し額は、

香港ドル換算された(引き出し額+日本側の引き出し手数料) + HSBC側での手数料20HKD

です(これはATM上での表示がなく、オンラインバンキング上から確認する必要があり)。

とはいえ実は、これまでもゆうちょ銀行はこの「日本側の引き出し手数料」を徴収していたような・・・

1回引き出す毎に、

110円

でしたが、これを5月から、

216円へ

つまりは徴収というより、値上げじゃ??と思ったのですが。

というより「他の銀行とATMからの引き出し手数料を同じ金額にした(他行カードでATM引き出しをすると216円)」といつも変わらない日本銀行横並びサービスの賜物のやなーという感じです。

ATM手数料は度重なると本当にバカバカしいので、海外カードで引き出す場合でも1度に大きい金額を引き出すようにしたいですね(1回あたりの限度額が10万円にまで引き下げられてしまっていますが)。



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

2018年版香港の祝祭日まとめ、渡航時にはご注意を!

こんにちは、眞原です。 毎年この時期になると香港の翌年の公休日が決まります。 今回は2018

記事を読む

HSBC香港口座ログイン方法がちょこっと変わりました(+口座凍結への対処方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はHSBC香港口座の

記事を読む

写真で見るHSBC香港の歴史

こんにちは、眞原です。 今回は香港ライフ編。 オフショア投資や海外積立投資をするにあたっ

記事を読む

香港において、香港ドルが消滅して中国人民元が取って代わる日がいずれ来る?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 香港や香港ドル資産に関わ

記事を読む

HSBC香港のセキュリティデバイス(PIN Codeの初期設定方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「HSBC香港口座

記事を読む

First Hawaiian Bankの大口現金入金方法(預金封鎖/デノミ対策を考える人)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 預金封鎖やデノミ対策でよ

記事を読む

HSBC香港、2017年3月末からVoice ID(音声認証システム)始めるってよ!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、HSBC香港口座情報。 こちら香港の地

記事を読む

Standard Charteredから投資出来るファンドと海外投資(オフショア投資)との勘違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はこちら香港からホッ

記事を読む

「世界の最強銀行」番付に香港のHANG SENG BANK(ハンセン銀行)が選ばれる!海外銀行口座として開設増加中。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ブロームバーグ・マーケッ

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン&香港ドルの豆知識

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 10月から始まるマインバ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑