ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

Brexit交渉でメイ英政権は混乱か?それでも英国債券ヘッジファンド(オフショアファンド)は既に5%以上プラスと絶好調!

こんにちは、眞原です。

今回は、英国債券オフショアファンド(ヘッジファンド)について。


(出典:The Telegraph)

2016年12月に同オフショアファンド(ヘッジファンド)について同じくこのブログで取り上げました。

このブログを書いた時期からさらに約6ヶ月が経過している中で、例えば悲しいことにロンドンでも再びテロが起こったり、また直近、英国総選挙も終わったり、英中銀の金融政策発表があったりと、英国政治&経済に動きが出てきています。

2016年12月に書いたブログ記事はこちら↓

Brexit決定後もプラス運用!2016年は「7%後半リターン」の債券系オフショアファンド(ヘッジファンド)

さて、オフショアファンド(ヘッジファンド)は「パフォーマンス成果が全て」です。

なので、個人投資家が確認する必要があるのは間違いなく「パフォーマンス」。

百聞は一見に如かずということで、改めてこの英国債券ヘッジファンド(オフショアファンド)のパフォーマンスを確認してみます。

2011年:0.56%(2ヶ月間のみ)
2012年:24.64%
2013年:11.51%
2014年:9.51%
2015年:2.28%
2016年:14.05%
2017年:4.61%(5月末時点)
1月:0.69%
2月:1.41%
3月:-0.82%
4月:2.17%
5月:1.10%
・・・・・・

2011年から運用開始ですが、現在7年目の運用期間に入っており過去6年間1度も年間リターンのマイナス年はありません。

53ヶ月(/67ヶ月中)が、プラス運用(=約80%の月がポジティブリターン)

このオフショアファンドの運用開始7年前から複利運用でのトータルリターンは+86.78%になっています

年間平均リターンとリスク(上下のブレ幅)がこちら。

年間平均リターン:+11.84%
リスク(上下のブレ幅):5.76%

2017年に入ってから1度マイナス月(3月)がありましたが、それでも既に5月末までの運用で+4.61%と実に順調なパフォーマンス推移だというのが分かると思います(実は2016年は5ヶ月マイナス月がありましたが、結局+14.05%で終えました)。

便宜上、一言に「英国債券オフショアファンド(ヘッジファンド)」と表現していますが、投資している「債券」の資産別に見ると、

Vanilla:スワップ取引(債券の金利収入トレード)
Perpetual:永久債
Perp/Call:永久債のコールオプション(金利を売買する権利)
PIBS:永久利付証券(確定利付証券)

などがあります。

更に、その中の組み入れセクターは、

銀行:38.9%
原油&ガス:23.8%
保険:10.7%
建設:9.7%
金融:6.2%

と直近の5月迄のアロケーションになっていますが、このアロケーションは毎月1度変更されています。

(オフショアファンドを知らず、日本のファンドしか知らない場合には、このリターンを高く感じるかも知れませんが)、この程度のリスク&リターン水準としてはミドルリスク・ミドルリターン系のオフショアファンドです。

もちろん、ヘッジファンド(オフショアファンド)で運用先資産は伝統的資産で流動性が高いからこそ、オルタナティブ(代替資産)と較べてリスクリターンとしても高くなります。

引き続き「英国政治要因」はパフォーマンスに影響してくると思いますが、このまま2017年の運用パフォーマンス推移を踏襲して年末まで運用できれば、年内に更に+5%後半と年内リターン着地は10%前半〜11%後半(年間平均リターン程度)に落ち着くのではと考えています。

さて、2017年残すところ6ヶ月です。

運用資産に回せる資金を保有しているにも関わらず、何も資産運用せずリスクを取らず銀行に置いておく「時間とリターン」と、リスクを取ってリターンを取る資産運用する(このようなオフショアファンドへ投資)だけで年内&数年後には大なり小なり「資産の差」が生まれます。

この「英国債券ヘッジファンド」の詳細や最新のFactsheet(運用報告書)をご希望の方は↓

「こちら」

から「英国債券ヘッジファンドの詳細希望」とお問い合わせください。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

2016年に+20.99%リターンのオフショアファンド(リスクヘッジ向け投資)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年7月時点に情報発信していたオフショア

記事を読む

ヘッジファンド資産が初めて3兆ドル(340兆円)突破

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はヘッジファンド(オフショアファンド)情報。

記事を読む

タックスヘイブン(オフショア)やパナマ文書に出てきたオフショアファンドについて知りたい人へ

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ニュース報道がやや少なく

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

オフショアファンドMTG(2016年リターンは+41.28%(7月時点)、2006年設定来トータルリターン+487%のオフショアファンド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、かなり以前にMT

記事を読む

Brexit決定後もプラス運用!2016年は「7%後半リターン」の債券系オフショアファンド(ヘッジファンド)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド(ヘッジファンド)情報です。

記事を読む

「元本確保型ファンド」という運用方法はオフショアファンドでは「一般的」な運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド

記事を読む

2017年既にプラス17%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンドは利確タイミング?

こんにちは、眞原です。 今回はオフショアファンド情報です。 以前にも取り上げた「ロング(

記事を読む

マーケット不安心理の高まりからリターンを得るオフショアファンド(ヘッジファンド)は既に+7%リターンで好調を維持

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑