K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

2017年ウォーレン・バフェットと昼食を!

こんにちは、眞原です。

毎年恒例行事となっている世界のビリオネア大成功投資家でオマハの賢人こと「ウォーレン・バフェット」氏が主催しているチャリティランチの申込が始まりました。

2015年にもこのブログで取り上げましたね。

※ウォーレン・バフェットと昼食を!

さて、2017年は6/4日からオークション開始後、開始わずか2分足らずで「100万ドル(約1億1,000万円)」の入札があり好調に滑り出しています。

オークション締め切りは現地時間の9日午後10時なので、みなさんまだまだオークションに参加できます!

<Power Lunch with Warren Buffett to Benefit GLIDE>
(出典:eBay HP)

今年で第18回目と恒例なバフェット氏との昼食会ですが、元々は2004年に他界したバフェット氏の妻が発案したそうです。

すでに過去17年間のオークションで、合計2,360万ドルの資金が集まり、2016年と2012年はタイ記録345万6,789ドルで落札されており、このオークション収益は、サンフランシスコのテンダーロイン地区にてホームレスや貧困層を支援するグライド基金に寄付にされるとのことです。

素晴らしいチャリティですね。

オークション落札者は、ニューヨークのステーキハウス「Smith & Wollensky」で昼食を取れるそうで、最高7人の同伴者を連れてくることができ、バフェット氏が「次はどこに投資するのかのテーマ以外」であれば、何でも尋ねることができるそうです。

実際にバフェット氏と昼食を共にできる権利は何事にも代えがたい経験だろうなと常々思います。

私もオフショアファンドマネージャー(それこそ超富裕層資産を預かって運用しているオフショアファンド)とのミーティングをしますが、やはり彼の資産運用哲学をいつも聞き出そうとしたくなりますから。

バフェット氏と昼食をともにされたい方は、是非このオークションへ入札してみてはいかがでしょうか?

バフェット氏とのランチオークションはこちら



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

オフショアファンドMTG(年間平均リターン17.3%の英国介護不動産ファンド)〜ソーシャル・インパクト・インベストメント〜

こんにちは、眞原です。 今回は、先日行ったオフショアファンドMTGについて。 <私は2

記事を読む

2017年上期で既にプラス11%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンド

こんにちは、眞原です。 今回は、ロング(買建)オンリーのオフショアファンド(ヘッジファンド)の

記事を読む

世界的な個の労働競争に勝てない稼げない多くの日本人

こんにちは、眞原です。 先週末に日経新聞社が掲載していた気になるニュースがあったので今回取り上

記事を読む

世界の富の10%はタックスヘイブン(オフショア)にあるという客観的事実

こんにちは、眞原です。 今回も気になったニュースシリーズ。 主に、資産運用をしている人、

記事を読む

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。 2016

記事を読む

アートコレクターは要チェック!故D・ロックフェラー保有アートコレクション2,000点が来春競売へ!

こんにちは、眞原です。 アート好き(アートコレクターやアート投資)、そしてオルタナティブ(代替

記事を読む

米金融誌バロンズが選ぶ2017年版世界トップ100ヘッジファンド(「あのオフショアファンドもランクイン!」)

こんにちは、眞原です。 私は投資アドバイザーとして、慌ててこのヘッジファンドマネージャでありC

記事を読む

野村グローバルAI関連株式ファンドの投資判断はどうか?また、オフショア資産管理口座からの追加資金を踏まえ10年で倍になるポートフォリオを教えて欲しい。

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、Q&Aです。 様々なご相談内容

記事を読む

2017年既にプラス17%台のロング(買建)オンリーのオフショアファンドは利確タイミング?

こんにちは、眞原です。 今回はオフショアファンド情報です。 以前にも取り上げた「ロング(

記事を読む

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑