K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

どこの国や地域に積立投資するべきか?(積立投資のファンド選定戦略)

こんにちは、眞原です。

今回は、海外積立投資や積立投資をしている個人投資家にとって重要な積立投資ファンド選定の考え方について。

<各国の経済指標>

左側が国名、地域名。

左コラムからの順に、それぞれ5年前と現在が併記されていて、「Global GDP share(GDPシェア)」「Current account(名目経常収支)」「Public debt(名目負債)」「Budget defict(財政赤字)」「Umemployment rate(失業率 %)」です。

改めて「Global GDP share(GDPシェア)」で世界経済規模を客観的な数字で考えるとを見ると、United States(米国)が突出しているのが分かります。それに次ぐ、China(中国)Eurozone(欧州圏)Japan(日本)となっています。

当然上だけの次情報で判断する訳ではありませんが、私であれば積立投資戦略上、まず「米国関連資産」を中心にポートフォリオを組みます。

先進国関連で選ぶ国や資産としては、米国、ドイツ、英国に関連する株式ファンドです。

新興国関連であれば上下のブレ幅(リスク)が大きい資産が良いので、インド株ファンドを中心に、中国関連ファンドも僅かな割合を組み入れ、中長期での激しい上下を想定しながらドルコスト平均法を活かすためにフロンティア国関連ファンドも入れて中長期の上昇を想定して投資します。

※中長期投資家は積立投資の「ドル・コスト平均法」を活用しよう!

ぜひ、積立投資戦略の参考にしてみてくださいね!

海外積立投資のアドバイザー変更も承っています↓

※海外積立投資のパフォーマンス推移とアドバイザーについて



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

リバランスとは?(海外積立投資の知恵)

こんにちは、眞原です。 今回は、海外積立投資をしている(国内でも月々一定金額を積立投資している

記事を読む

年間平均リターン8.73%の海外積立投資ポートフォリオ

こんにちは、眞原です。 今回は、海外積立投資のポートフォリオについて。 他の積立投資をし

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

【積立投資】お金を殖やしたい人の3つの選択肢

こんにちは、眞原です。 今回は、「お金を殖やしたい人」と銘打っていますが・・・・、例えば「短期

記事を読む

婚姻届やパスポート発給にもマイナンバーが必要に?

こんにちは、眞原です。 今回は日本在住者(日本に住所がある人)すべての人に関連する「マイナンバ

記事を読む

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケットと海外積立投資情報です。 昨晩(2017年5月

記事を読む

65歳までに貯めたい目標金額(生きるのにはお金がかかる!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は「6

記事を読む

インド株資産を海外積立投資で積立投資する理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、インド株式(SENSEX Index)状況に

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑