ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

リバランスとは?(海外積立投資の知恵)

こんにちは、眞原です。

今回は、海外積立投資をしている(国内でも月々一定金額を積立投資している)個人投資家への基礎的な情報です。

 

積立投資を開始し折々のパフォーマンス確認をするのは投資家の自己責任

どうも海外積立投資や一定の積立投資をしている投資家と話をしていると、

「積立投資開始後から、単に放りっぱなしで(≒預けている?)投資家自身が何もせずに勝手に殖えていく」

と勘違いしている個人投資家も多いのが現実です。

断言します、「放っておく=預けている=何もしない」という考え方は「銀行預金」であって、資産運用においては、大間違いの考え方です。

(公平な情報を元に)資産運用をしている以上、投資からのリターンやロスに関する全ての結論や責任は投資家に帰属するからです。

つまり、積立投資においても、投資家自身が自己責任のもとで積立先のファンドの状況や資産推移の状況を確認して資産運用して行く必要があるということです。

リスクを取っているのも投資家自身、それを確認するのも投資家自身、つまり自分自身の資産運用なので、当然です。

※「誰の」と「何のため」の資産運用なのか?

なぜ、「リバランス(配分変更/配分調整)」が必要か?

さて、積立投資は10−25年など中長期でコツコツと毎月積立投資するのが「王道」です。

なぜなら、マーケットのバブルと崩壊サイクルは、7−8年サイクルだから結果的に中長期で積立投資をすれば上げ下げのリスクを回避できるからです。

長期で積立投資をしていく中で、積立投資先ファンドや資産の増減はあります。

だからといって「マーケットのタイミングを図って相場を読んで短期的に主観で売買する」のは単なる「投機(スペキューレーション)」なので、そのような売買を頻繁に繰り返すような方法は積立投資においてはしてはいけません。

ただ投資の基本は「安く買って高く売る」にも関わらず、その売買の時期を的確にとらえるのは難しいというジレンマがあります。

そのジレンマを解決する方法として「リバランス(配分変更/配分調整)」という方法があります。

「リバランス(配分変更/配分調整)」では、値上がりした資産を売り、値下がりしたり、相対的に安くなったりした資産を買う方法なので、自動的に「安く買って高く売る」を実践できるようになります。

 

「リバランス(配分変更/配分調整)」の具体例

例えば、月々USD500(約5万円)を下記のような3本のファンドにそれぞれの積立配分比率で毎月海外積立投資していたとします。

Aファンド:積立配分比率:40%(=USD200)

Bファンド:積立配分比率:30%(=USD150)

Cファンド:積立配分比率:30%(=USD150)

合計100%

つまり1年後には、合計USD6,000(USD500×12ヶ月)を積立投資している計算になります。

そして毎月の積立投資額USD500が、それぞれ毎月この「積立配分比率」でそれぞれのファンドへ積み立てされていきます。

もし1年後でもこの積立合計USD6,000の積立投資先ファンドの価値(パフォーマンス)に全く何も変化がなければ下記のようになっていますが、

Aファンド:積立配分比率:40%(=USD2,400)

Bファンド:積立配分比率:30%(=USD1,800)

Cファンド:積立配分比率:30%(=USD1,800)

当然、積立投資している投資先ファンドのパフォーマンスによって、この合計USD6,000が、USD7,000に殖えていたり、逆にUSD5,000へ減っていたりする訳です。

ということは、積立投資を継続していく期間中、全体の価値が上下しているので、各ファンドの「当初の積立配分比率と現在保有配分比率」はズレてくることになります。

例えば、USD6,000が「USD7,000」に増加しているケースで考えた場合、(下記「→」以降の右側が増減した金額と積立総額に対する保有比率)、

Aファンド:積立配分比率:40%(=USD2,400)
→USD3,300 / 現在保有配分比率:47.2%(7.2%増加)

Bファンド:積立配分比率:30%(=USD1,800)
→USD2,800 /現在保有配分比率:40.0%(10.0%増加)

Cファンド:積立配分比率:30%(=USD1,800)
→USD900 /現在保有配分比率:12.8%(17.2%減少)

と、本来「積立配分」として設定してきた左側の積立配分比率から、右側の現在保有比率を見ると各資産の増減によって各ファンドの比率に「プラスマイナスの乖離(パフォーマンスの増減)」が生じてきます。

もちろん、このままの積立配分と保有比率で積立投資を継続していくことに何も問題はありませんが、元々積立投資を始めた際の「当初のポートフォリオの計画(積立投資先ファンドとその積立投資配分比率)」からズレていっているので、これを元に戻す方法として「リバランス(配分変更/配分調整)」を行います。

リバランス(配分変更/配分調整)のイメージ図

この「ズレ」を元に戻す「リバランス」の方法としては、足りない部分を追加するか、増えた分を売却するか、また積立の配分で調整する方法です。

もっとも分かりやすい具体的なやり方としては、比率が下がっているファンド(Cファンド)に対して「比率が高くなっているファンド(Aファンド、Bファンド)の増加部分を売却して「充当」するという方法。

つまり、

Aファンド:現在保有配分比率:47.2%の「7.2%部分」を売却し、
Bファンド:現在保有配分比率:40.0%の「10.0%部分」を売却し、
Cファンド:現在保有配分比率:12.8%の「17.2%減少」を補うために、
売却したAとBの比率部分(合計17.2%)の金額を充当して「リバランス(配分調整)」

をするという方法です。

結果、A(40%)、B(30%)、C(30%)という当初の積立配分比率のポートフォリオに戻ります。

他には単に比率が減っているファンドに対して追加資金を入れて比率を戻し、増加しているファンドに関しては増加部分を売却するという方法もあります(要は、当初の積立比率に戻すということです)。

ちなみにこの「追加資金を充当してリバランス」は、例えば金融危機(リーマン・ショック時のような時に)ファンドを売却するのではなく(損切らず)、追加資金でナンピン(買い増し+リバランス)をすると効果的だと言われています。

 

どれくらいの頻度で「リバランス(配分変更/配分調整)」をすれば良いのか?

これはスイッチング(ファンド入替頻度)と同じように、よく個人投資家に勘違いされていますが、一様に「年間何度も」「相場観に沿って」とか「比率の増減がある度に頻繁に行う」「年間◯◯回」などいうことではありません。

むしろ、頻繁にリバランスをすることで全体のパフォーマンスを下げてしまうというシミュレーションも数多く出されています。

では、どう考えてリバランスを実行していけば良いのか?という点ですが、

「乖離型」

という考え方を元にリバランスをすれば大丈夫です。

これは「当初の積立投資比率から、10%以上上下にズレた場合」というように、投資家自身が自分で決めた一定の乖離率を超えるとリバランス(配分変更/調整)を行うという考え方です。

この場合でも、やはり一定の期間(例えば、1週間に1度、毎月1度、3ヶ月に1度、半年に1度)などで、各ファンドの積立投資比率の変化と乖離率については自分自身でしっかり確認する必要があります。

「乖離型」のリバランスの良い面としては、感情や相場に流されて判断を鈍らせない機械的な判断になるので、感情的な人や上げ下げに賭ける傾向にある人は、このように「乖離率を決めてリバランス」を実戦し、中長期でポートフォリオのバランスを整えながら積立投資をする方が良いでしょう。

※中長期投資家は積立投資の「ドル・コスト平均法」を活用しよう!

※頭と尻尾はくれてやれ(損切り、利益確定、スイッチング、リバランス)

中長期の積立投資だからこそ、賢く「リバランス(配分変更/配分調整)」をしながら、折々で「スイッチング(ファンド変更)」もしていく必要がありますね。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

国外運用会社の運用資産額ランキング(オフショアファンドも含む)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は世界の10大ファンド(運用会社)情報です。

記事を読む

各国株価最高値圏!投資家自身の「目標リターン」に基づく利益確定のススメ

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 特に、日本の投資信託(ミューチャル・フ

記事を読む

総悲観時でも『中長期の資産運用は「子育て」と同じ』という考え方〜グローバルに蔓延するインフルエンザ〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 マーケットが大荒れですね

記事を読む

ビッグマック指数で見ると今後は「ドル安円高傾向」??

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は1つの参考指標「ビッグマック指数」から考える「

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

富裕層もサラリーマンもそれぞれの保有資産別の資産運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者から

記事を読む

「若さ(退職までの長い時間)」は積立投資で最大の武器になる

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用初心者の為の情報です。 これから「資産運用を始め

記事を読む

未年のアノマリーは「戦争」。だからこそ個人投資家は積立投資でドルコスト平均法の活用を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうして夏の終わりは少し

記事を読む

地味だが最も効果的な積立投資と5つの極意

こんにちは、眞原です。 今回は、投資初心者からアクティブに運用するベテラン方まで含め、

記事を読む

大口「投資の種(元手)」をつくるには?(これから資産を作る投資家がやるべき事)

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑