ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

ブラックロック iインカム

こんにちは、眞原です。

今回は三菱UFJモルガンスタンレー証券から2017年5/15-6/1で新規募集販売されている投資信託(ミューチャル・ファンド)『ブラックロック iインカム』の情報です。

ここ数年では、AIやビッグデータなどの流行りの投資信託(ミューチャル・ファンド)とともに、徐々に今回の投信のようにEFTを活用した投資信託(ミューチャル・ファンド)が組成販売されています。

確かに投資家にとって全体のコストが下がるのは良いですが、中身がETFであれば、わざわざ投信で買わなくとも、自分でETF売買したり、インデックス投信へ投資すれば良いと思うのですが・・・。


(出典:三菱UFJモルガン・スタンレー証券 HP、以下同様)

それでは、このファンドの特徴を確認します。

投資先は、

約8本の世界中の債券 iShares ETF(個別債券銘柄数は6,801銘柄)へ円ヘッジ投資

とのこと。

大まかに分けるとこれらの債券や債券類似資産への投資です。

世界債券なので、為替が影響してきますが、それらは円ヘッジして運用します。

円ヘッジして運用している分、ヘッジコストがかかるので現地通貨建て資産よりも全体的にパフォーマンスが劣ります

確かに「為替変動の影響を受けたくない」と考える個人投資家にとっては良いです。

ただ、これまで日本円でしか投資していない個人投資家の総資産で考えると、このファンドに投資しても全く通貨分散にもならず、むしろ今後想定される「円安ドル高リスクへの備え」にならないですし(オフショアファンドなどの外貨建資産を持たない限り為替リスクヘッジにならない)、もし、今後の米国金利の上昇や欧州圏のQE出口戦略により金利上昇があれば、ヘッジコストは拡大し債券利回りが下落するのを想定しておく必要があります。

各債券の年ごとの騰落率推移がこちら

年ごとに当然上げ下げはあるものの、特に米国ハイ・イールド債券は中長期で見るとずっと右肩上がりなので積立投資などで投資しておくと良い資産の1つですね。

※高所恐怖症の米国ハイ・イールド債券ファンドはそろそ売り時か?(海外積立投資家の判断時期の到来)

このファンドのモデルポートフォリオ特性値がこちら

円ヘッジ後の最終利回りが、4.48%なので比較的高い水準だと思います。

投資比率と配分比率がこちら

約85%が米国ハイ・イールド債券やそれに付随する社債、MBSなどの米国資産への投資ということですね。

最後にこの投資信託(ミューチャル・ファンド)のシミュレーションです。

赤色チャートの累積リターンの推移を確認してください。約9年間のバックテスト(過去のシミュレーション)としては32%上昇、年間平均リターンは3.08%年間平均リスク(上下のブレ幅)は3.86%です。

日本円でどうしても投資先が無い、リスクを抑えたい、と考える投資家には向いているファンドではないでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

通貨選択型明治安田グローバル高配当株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は現在(10/30〜

記事を読む

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)〜TPP大筋合意によるバイオ医薬品関連企業への影響〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、既に運用開始され

記事を読む

マクロ・トータル・リターン・ファンド(ヘッジファンドのマクロ戦略?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は去る5/23から三

記事を読む

短期高利回り社債ファンド2013−09 円建 円安追随・日経平均上昇追随型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

モルガン・スタンレー2019年9月17日満期 期限前償還条項付 日経平均株価連動デジタルクーポン 円建社債

こんにちは、K2 Inestment 投資アドバイザーのマハラです。 債券(国債、社債)で金利を取

記事を読む

三菱UFJ/AMP オーストラリア・ハイインカム債券ファンド 豪ドル円プレミアム(毎月決算型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、11月末時点で資金流入が急増している投資信託

記事を読む

ピクテ新興国インカム株式ファンド(1年決算型・毎月決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はご相談が多いワールド・リート・オープン(毎月決

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑