オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「何が儲かるの?」と聞く人は単なるギャンブラー思考

公開日: : 資産運用の基礎、Q&A、基礎用語

おはようございます、投資アドバイザーの眞原です。

今回は私が思う、資産運用の考え方の基礎について。

(出典:Bloomberg)

突然ですが・・・、資産運用初心者でも、既に資産運用経験がある人であっても、

資産運用を考える際に、例えばアドバイザーや証券マン、銀行員に対して、

”「何が儲かるの?」”

と聞いて、それを元に投資判断をしてしまう人は、単なるギャンブラー思考だと思ってしまいます。

そして、絶対にこの思考は止めた方が良いと思います。

というのも、

”儲かる、儲からない”

という考え方を元に投資判断するというのは、

例えば、投資先が投資信託(ミューチャル・ファンド)であるならば、その投資信託(ミューチャル・ファンド)のパフォーマンスは、単にファンドマネージャーのウデ次第の結果になります(つまり、ウデが良いことに賭ける=結果、儲かる儲からない)

株式であれば、証券マンの相場観、ないしその支店や証券会社の推奨銘柄次第です(つまり、証券マンの相場観や推奨銘柄が上昇することに賭ける=結果、儲かる儲からない)。

(銀行員は・・・リスク商品へのアドバイスはしないで欲しいので割愛・・・)

まとめると、

「儲かる儲からない思考=単に相場観に賭けること=上げ下げに賭けること=ギャンブラー思考」

ということです。

もし「投資(=資産運用)」というのを「(ギャンブルと同じで)単に上げ下げに賭けるだけでしょう」という認識や考えをもっている場合には、ぜひ考え方を改めてましょう。

本来の資産運用とは、まず短期で「儲かる」や「賭ける」という思考ではなく、目先の「上げ下げ(リスク=ボラティリティ)」を抑えるために、資産や通貨分散をし、時に見直し、そして中長期で資産を築いていけるかという長い思考です。

なので、投資初心者でも、今投資している個人投資家であっても、

まずは「何が儲かるの?」ではなく、

「目標リターンに沿って、どのように資産配分をして(分散して)、何年間でどれくらいの資産を築きたいのか?」

というのを前提を考えてみましょう。

そうすることで自ずと、目先の上げ下げに「賭ける無意味さ」と「中長期で考える重要性」そして「分散や他の資産を持つことでのリスクヘッジ」に気づけると思います。

参考として、こちらの「投資ヒアリングシート」でご自身の考えをまとめてみてください。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

野村證券と大和証券の中国株ファンドがサスペンド(売買停止)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 中国マーケット(上海総合

記事を読む

ビッグマック指数で見ると今後は「ドル安円高傾向」??

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は1つの参考指標「ビッグマック指数」から考える「

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

まとまったお金がない人も資産運用はできる、ようはやるかやらないかだけ

こんにちは、眞原です。 今回は特に資産運用初心者や現在全く資産運用をしていない人への内容です。

記事を読む

カモネギ個人投資家にならないために!まずは証券マンや銀行員に「オススメや流行りの投資信託」を尋ねるのを止めましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者に

記事を読む

現状と未来を考え退職後を想定し、年金プラスアルファの「資産作り」を考えるキッカケに(今の40代後半以下で年金不安を抱える人向け)Vol.1

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ここ最近20代や30代、

記事を読む

未年のアノマリーは「戦争」。だからこそ個人投資家は積立投資でドルコスト平均法の活用を!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうして夏の終わりは少し

記事を読む

賢い若者は気付き始めている〜世代間(年金)格差を嘆く前に資産運用を始める20代〜40代の増加〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 皆さん、シルバーウィーク

記事を読む

運用目標リターン金額(年間平均リターン目標)を決めること

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者が

記事を読む

資産運用は国家や会社と個人を切り離して考える必要がある(持株会の罠と通貨分散)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんに

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑