K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

噂で買って、事実で売れ

公開日: : 最終更新日:2017/04/15 格言(響く言葉)

おはようございます、投資アドバイザーの眞原です。

今回は「格言シリーズ」。

昨日金曜日の株式、為替、債券(金利)マーケットでは、北朝鮮有事事情に注目が集まり、同時にイースター休暇でマーケット参加者が少ないこともあったので方向感に乏しい環境でした。

さて、マーケットが警戒しているその北朝鮮の有事とは、

本日(4/15)の午前中に北朝鮮が核実験を行ったり、ミサイル発射実験をするのでは?

ということです。詳しくはこちら↓

※何事も「自分の意志」で判断と行動する重要性/ふっと想う, 投資と社会事情の関係

しかしながら一方で、有事(戦争)や大災害があると(不謹慎ですが、客観的に考えると)、

「それらの出来事によってマーケットでは大きな変動が生じるので、特に短期投資家(スペキュレーター)にとって儲け時」

になります。

特にトレーダーやヘッジファンド・マネージャーは、これらを「チャンス」と捉える人が多いのです、

しかし、個人投資家に届いているような今のニュース(情報)や私も含め一般人が取れる情報というのは「既にOLDS(≠NEWSではないという意味) 」でしかありまん。なので、今溢れかえっているニュースや情報で判断をするのはあまりにも遅く、単に流されて決めた判断になっていまします。

そこでそうなる前にも、投資家の考え方としてよく言われる格言は、

“噂で買って、事実で売れ(Buy the rumor, Sell the fact)”

です。

特に短期的な株式投資や為替売買で使われる考え方ですが、中長期投資家でも今投資している資産と今後の状況を考えた場合での1つの参考になります。

この格言の意味としては、

噂の段階で買って、事実として発生した時点で売った方が良いという格言

です。

さて、15日そしてこれから当分北朝鮮事情で、何事もなく平和に過ぎ去ってくれれば良いのですが・・・。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

Is the glass half full or half empty?(楽観的か悲観的か、資産運用の考え方)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はアメリカ人よく使う

記事を読む

頭と尻尾はくれてやれ(損切り、利益確定、スイッチング、リバランス)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は久しぶりに格言シリ

記事を読む

戦わざる者は勝たず(心配性な個人投資家へ贈る格言)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、格言シリーズ。

記事を読む

株に感情なく、真の主役は数字である

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、マーケッ

記事を読む

「知識は本でも学べるが、勘は実戦で強くなる!」結局、資産運用は「学びながら走る(実践する)ことが何よりも重要」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「格言シリーズ」で

記事を読む

「明日やろうは馬鹿野郎なんだよ!」by 山P!これは資産運用のみならず全ての判断や行動へ通じる言葉。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、友人と飲んでいる時

記事を読む

日本経済や日本社会構造そして資産運用の大局観を掴む上で必読の2冊

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、経済全般(特に日本経済)にまつわる2冊の書籍

記事を読む

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく・・・さて、利益確定していますか?

こんにちは、K2 Investmwent 投資アドバイザーの眞原です。 日経平均株価が約18年

記事を読む

知識への投資は常に最高の利息がついてくる〜ベンジャミン・グレアム〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日は、相場格言(著名投

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑