オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

インド株資産を海外積立投資で積立投資する理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は、インド株式(SENSEX Index)状況について。

実は既に2年以上前から弊社の海外積立投資のポートフォリオでは、新興国株式の中では唯一「インド株配分比率」を高めるように情報発信してきました。

その情報どおり、

”(現状)全ての海外積立投資の投資家がインド株式資産への投資は正解だった!”

と感じているはずでしょう。

具体的に弊社のインド株資産(ファンド)の実際の期間毎のリターンがこちら。

年初来 :21.22%
1年   :28.03%
3年年率:14.96%
5年年率:10.40%

と十分良いリターンを上げているので、海外積立投資家の全員が「儲かっています」

今後マーケットの転換点などはあると思いますが、当面「インド株はブル(買い)、ポジティブ」だと思います。

実際、インド株(SENSEX Index)全体の株価推移がこちら。

<インド株指数(SENSEX Index)5年チャート>

(出典:Google)

2015年の最高値を2年2ヶ月ぶりに更新し4/3に最高値を付けました(29,910pt)

理由は、

・モディ政権の安定感への期待
・機関投資家のマネーが大量に流入(3月資金流入額は5年ぶりの高水準:47億5,814万ドル(約5,200億円))
・2016年11月の高額2紙幣廃止の景気失速懸念の払拭期待
・今後の人口増加からの経済成長率7.5%−8%への期待

などです。

海外投資家の動向は非常に重要で、例えば年初から約2兆円の「売越」されている日本株とは対照的に、インド株式への資金フローの転換が鮮明になっています(インド株は2016年10月〜17年1月までは計47億ドルの売越し→2〜3月は計62億ドルの買越し)。

中長期的に考え、人口が減り続け、技術革新なども乏しい「日本企業株」を積立投資しても短期的には上げ下げあると思いますが伸びゆく資産とは言えません(個別銘柄は除く)。

一方、中長期の資産としては、圧倒的な人口増加+IT技術者や英語能力(グローバル人材)や圧倒的にハングリー精神があるインド人、インド企業が投資先として魅力的であり、伸びゆく資産だというのは明らかでしょう。

※インド人口が2022年までに中国を抜いて世界最大になるらしい!一方、少子高齢化が止まらない日本の2050年(今から35年後)の「人口動態と年金制度」を考えた/みんなの年金問題

私もインド人の友人は多いですが、彼らはアジアの中でも「優秀」だと思います。

確かに国内の貧富さの問題はありますが、モディ政権になってから政治的な安定感があるので「インド市場」は益々「海外投資家」にとっても魅力的になると思います。

こういう中長期で伸びゆく資産こそ、ドルコスト平均法と複利効果を活かせる海外積立投資でコツコツと積立投資した方が良いのです。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

8月3週目の世界的株安パニックを5つのポイントでズバッと解説!〜超金融緩和サイクルの終わりの始まり〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、先週末マーケット

記事を読む

フィリピン株式オープン(ETF投資で良いと思う)

こんにちは、眞原です。 今回は新たに大和証券から2017年9月4日から取扱(販売)が始まった投

記事を読む

攻めの姿勢を貫くイーロン・マスクCEO!テスラ モーターズが5億ドル(約620億円)の公募増資決定!〜「新たな世界(投資機会)」を拡げるには今の常識から脱すること〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 電気自動車メーカーのトッ

記事を読む

NexitやFrexitの激震に備えるべく欧州マーケット2017年政治的な日程まとめチェック

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年マーケット動向に左右する、主にEU圏

記事を読む

トルコのクーデター失敗とトルコリラ資産(リラファンドやリラ債券は要注意)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「新興国通貨(トル

記事を読む

中国株(上海市場・深セン市場)はバブル??高値を追う2つの要因

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

テスラ(Tesla)の時価総額が遂にGMを抜き北米最大手自動車会社へ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はNasdaq市場(米国株式市場)に上場している

記事を読む

国際政治の緊迫でジワりゴールド(金)上昇も、マーケットは戦争リスクをまだ織り込まず

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 先週突如行われた米国のシリア爆撃による特に米ロ欧の国

記事を読む

米国利上げ前!新興国通貨(ブラジルレアル、インドネシアルピア、トルコリラ、南アランド)ショックに備えあれば憂いなし!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容は『新興国通

記事を読む

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

こんにちは、眞原です。 先週末の北朝鮮の核実験(過去最大級)が尾を引いている週明けのマーケット

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑