K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

海外生活必需品その1.「Apple TV」

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 海外生活用品

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は「海外生活」を通じて、これは「必需品」というモノを紹介します。

第1回目は、まず・・・「Apple TV」。

(出典:Apple HP)

例え、海外滞在がAirbnbやホテル、コンドの短期滞在や、持ち家長期居住移住であっても、HDMI付きのTVであればHDMIとコンセント、Wifiを繋ぎさえすれば直ぐにApple TVが使える環境になります。

”Apple TVの何が良いの?”

と私自身もApple TVを導入するまで感じていましたが、導入してからというもののApple TVが無い生活は不十分に感じるようになりました。

Apple製品は、この「中毒性」を作り出すのが本当にうまいなと思います。

使ってみてようやく「良さ」が分かる仕組みですね。

さて、AppleTVの活用方法として、例えば資産運用をしている人であれば・・・、

・Bloomberg App、Reuter App、CNNやCNBCなど各Appsをダウンロードすれば、まず間違いなくグローバルニュースでは圧倒的に遅い日本のニュース以上の「濃い、早い」情報を得られます。

また映画や海外ドラマ、動画が好きな人であれば・・・、

・AppleMusicやiTunesから一定の映画をレンタルもしくは購入ができるし、Netflix Appをダウンロードすれば海外ドラマ、YouTubeAppをダウンロードすれば動画も見放題です。

他には、

・撮影した写真や動画をAppleTVを通じて同期、投影ができる。

・ゲームAppsをダウンロードすればゲームができる。

など。

私は基本的に日本国内にいる時でも日本のTVは観ないので、なおさらTVそのものの重要性を感じていませんが、AppleTVを導入してからはその必要性を感じています。

また、海外生活になると「現地のTVは面白くない」「日本語番組を観たいけどみれない(NHKなどは見れたりする地域や国もありますが)」などテレビを観たくとも見れないストレスな環境になるそうです。

そういう場合にもしAppleTVがあればTVで日本の動画や映画も観れるのでそのストレスも緩和されるなと思います。

海外生活のお供に「Apple TV」はいかがでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

退職後(リタイア後)の海外生活のベスト10都市と国ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外居住を考えている人、既に海外居住をしている人の新たな住処の

記事を読む

海外生活必需品その2.「WhatsApp」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活必需品について。 海外生活で必需品といえば、まず

記事を読む

海外生活必需品その4.「Foursquare」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活、特に海外を飛び回るノマドワーカーには必要なAppsの

記事を読む

ワイン党、ウィスキー党、コニャック党などお酒を嗜む皆さんへ

こんばんは、眞原です。 今回は、海外居住者でも日本国内居住者でも「お酒を嗜む方」であれば役立つ

記事を読む

羽田空港(HND)で日本人の帰国時に顔認証ゲート始まる!

こんにちは、眞原です。 海外渡航や日本と海外の行き来が多い方にとっては朗報です。 <顔認証ゲ

記事を読む

羽田空港のファーストキャビン(カプホ)に、初お泊り体験談!

こんにちは、眞原です。 今、話題の??「First Cabin(ファースト・キャビン)」という

記事を読む

海外生活必需品その3.「TunnelBear Free VPN」

こんにちは、眞原です。 今回は、私が個人的に考えている海外生活の必需品Appsの1つ「Tunn

記事を読む

海外生活必需品その4.「App in the Air」

こんにちは、眞原です。 今回は、あちこち世界を飛び回るノマドワーカーや世界中を飛び回るビジネス

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑