K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

久しぶりの日本で感じる閉塞感と驚きの話と春の訪れ

公開日: : ふっと想う

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

現在約1年半振りに日本滞在しています(気がつけばそれだけの月日が経っていた・・・)。

(出典:CNN)

スイスプライベートバンカーとのMTGを始め、クライントとの面談をしている中で、色んなホテルラウンジで話を見聞きしているのですが・・・今回、久しぶりに帰国して感じている違和感が・・・

1.)ほぼ98%日本語しか聞こえない+日本語表示ばかり(英語表示は圧倒的に小さい)

2.)昔は「活気ある都会」と感じていた大阪の街や人通りに関して、今は閑散としていると主観的に感じる

3.)「ビットコインに似た暗号通貨」「ネットワークビジネス」「絶対に投資したらアカンやろ、それ!という投機話(詐欺チック)」「(ここだけの話)細胞や再生治療の関するビジネス話」的な話が、1日3〜4回は見聞きする

です。

 

1.)については、

もちろん日本屋から当然やろ!との反応が返ってきそうですが、例えばスイスプライベーバンカーや電話でファンド関係者と私が英語で会話をしていると、周りにいる日本人は殆どの確率で私の顔を見てきます、ジロッと。

はい、・・・発音悪くてジャパイングリッシュでごめんなさいねー。

本当に観光立国を目指そうとしているのか?というくらい、まずそもそも日本語表記や日本語サービスばかりで全くインターナショナル感が無く、この先どうするのだろうという外国人の息苦しさを感じました(英語圏、スペイン語圏の外国人に対する受け入れ体制が追いついていない)。

滞在僅か数日で、何人の外国人旅行者の道案内をしたことか・・・。

※日本人が使うインターネット(検索)は真の「インターネット(検索)」ではないという考え方/ふっと想う

 

2.)については、

悲しいかな・・・大阪キタ(大阪駅や梅田周辺)、ミナミ(なんば、心斎橋)ともに行きましたが、昼夜問わず「活気が薄いな」と感じました。

これまでそういう風に感じた事はありませんでしたが、今回一定の期間が空いて街(人の様子や動き、サービス価格、話している内容など)を見てみると、どうしてもそのように感じざるを得ませんでした。

また街中において(大阪や関西圏だからか?)「安いよ!」「何パーセント割引!」「お得です!」というデフレ下のマーケティングやセールスばかりが目につきました。香港でも期間限定で衣服やブランド品のセールの際には「何パーセント割引」の張り出しはありますが、日本国内(大阪&神戸)においては圧倒的にそういうマーケティングやセールスが多く、「ザ・デフレ」を強く感じます。

※超基礎!今さら他人は聞けない!「インフレ(インフレーション)」とは? / 金融・資産運用の用語

 

3.)については、

名古屋&大阪問わず、「ビットコインに似たこの仮想通貨が!」とか「このビジネスはまだ日本では広がっていませんが(=軽く聞こえる情報だけで、明らかにねずみ講方式のネットワークビジネスにも関わらず)今からアナタには教えます!」とかいかにもアヤシイ話について、何も知識を持たなさそうな若い世代や逆に白髪高齢者世代、40−50台と思しき女性などが「凄いですねー!私もお金持ちになれるかしら!」という具合をそれこそ1日に2〜3回は見聞きするので非常に驚いています・・・。

特に、日本では目先の上げ下げの投機としてビットコイン(上げ下げの仕組みは中国人民元の動きと米ドルの動き=世界経済に連動)が流行っているそうですが、他の大半の仮想通貨(暗号通貨)については海外でも見聞きしたことがないものが多いのが実情です・・・。確かにブロックチェーン技術は今後活用される可能性はありますが、「暗号通貨(仮想通貨)」そのものが、現実のUSD(米ドル)に取って代わられるというのは夢のまた夢でしょう。

※スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済 / プライベートバンク, 仮想通貨(ビットコイン)関連, 日本人の富裕層資産運用情報

 

さて東京では、桜の開花宣言です。

日本経済や漂っている位雰囲気の「冬」から、いち早く「春」めいて欲しいなと感じる限りです。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

日本人が使うインターネット(検索)は真の「インターネット(検索)」ではないという考え方

lこんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「インターネット」とは?という視点を共有した

記事を読む

過剰に求める日本社会と完璧なモノは存在しないという事実

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 久しぶりに日本に帰国すると、いい面と悪い面がクッキリ

記事を読む

知らない事や経験した事ない事の否定は簡単ゆえに常識は非常識。だからこそオープンマインドでいる事の重要性。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用に共通する

記事を読む

分からないことは、まずググる(検索)

こんにちは、眞原です。 今回は「ふっと想う」シリーズ。 かれこれずっと疑問に感じてきた主

記事を読む

年末ジャンボ宝くじは、単なる「貧乏くじ」(非合理的な金融知識の差)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、「あぁ〜・・・」と感じざるを得ない「年末ジャ

記事を読む

私の 「英語」学習法(主にリスニング編)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用から若干離れて・・・ 「英語学習

記事を読む

世界的な個の労働競争に勝てない稼げない多くの日本人

こんにちは、眞原です。 先週末に日経新聞社が掲載していた気になるニュースがあったので今回取り上

記事を読む

米宝くじパワーボール賞金額は6億5,000万ドルに(約708億円)!

こんにちは、眞原です。 今日は、ふっと想うシリーズ。 ”あぁ、楽してお金持ちになれないか

記事を読む

「グローバル・シチズン(”Global Citizens” = 地球市民)」という考え方(世界パワーバランスの変化と戦争紛争リスクへの備え)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ふっと思うシリー

記事を読む

海外で「住む」のと「旅行」は別物

こんにちは、眞原です。 私も少なくとも働いてから海外居住経験があるので、今回はその体験談からツ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑