K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

野村證券、営業体制を20年ぶりに新体制へ

公開日: : 野村證券, 野村證券物語

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

日本の証券会社といえば「野村證券」でしょう。

その地位は揺るぎない正に「ガリバー」。

(出典:REUTERS)

そのガリバー野村證券が約20年ぶりにリテール営業(個人投資家営業)の改革を行うそうです。

これまでは全国の部支店を地区ごとに統括してきましたが(「エリアマネージャー」と呼ばれる支店長の上の役職+役員が統括)その制度を変更し、支店長がこれまで以上に権限を持って支店運営をしていくそうです。

現在の野村證券の顧客資産残高は2016年12月末時点で108兆円(が、アベノミスクの株価上昇による増加幅が大きいとのこと)。

永井グループCEO体制で約4年半となり、毎月新規設定の投資信託(ミューチャル・ファンド)販売は鳴りを潜めました結果、野村が目指している資産残高150兆円に中々届かない状況にようです。逆に現場の野村営業マンが言われ続けているのが「ファンドラップ営業」

ファンドラップで「顧客資産の取り込み(資産純増)」が必須になっています。

※ベンチマークインデックスに負けていると評判の野村ファンドラップ(バリュー・プログラム)/野村證券

いずれにせよ残念ながら、国内での投資先には限りがあって、海外と較べるとまともに中長期でリターンを上げ続けているファンドは僅かしかありません。

前提がそうである以上、国内で投資するのであればインターネット証券から、コストが安いインデックスやEFTで十分ですし、日本の投資先では絶対にカバー&分散投資できない優秀なオフショアファンド(ヘッジファンド)オルタナティブ(代替投資)に関しては、オフショア投資(海外投資)で補いトータルのバランスを整えるとリスクを抑えた分散投資ができます。

今後(4月から)野村證券のリテール営業では、支店長が今まで以上に大幅な権限をもって確部支店をい運営していくようです。

どのように変化していき、個人投資家にとってどのようなポジティブな面があるのか、注目していきましょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

野村通貨選択日本株投信(毎月分配型/年2回決算型)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)〜純資産総額1兆円超の投資信託(ミューチャル・ファンド)〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は純資産総額が1兆円を超えているラサール・グロー

記事を読む

NM世界投資適格社債ファンド 円投資型1701/米ドル投資型1701(単位型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年1/4-25まで野村證券から新規募集

記事を読む

ロボ・ジャパン(円投資型)/(米ドル投資型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から新規募

記事を読む

グローバルCBファンド(繰り上げ償還条項付/下値目安設定型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から201

記事を読む

欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドル)毎月分配型からアライアンス・バーンスタイン米国成長投信Dコースへの乗り換え」は良い?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

毎月分配型のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は「良いファンドか?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)情報。

記事を読む

短期豪ドル債券オープン(毎月分配型)on Oct. 2015

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資している個人投

記事を読む

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしてい

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑