オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2017年第一弾ターニングポイントとなるか!米国(FRB)の「利上げ」で「ドル高円安」加速へ?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は為替(USD/JPY)の情報。

いよいよマーケット注目の3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)が、日本時間の16日早朝(午前4時、イエレン議長の会見は午前4時30分〜)にあります。

日本やアジア(香港)マーケット関係者(特にトレーダー)にとっては、「朝が辛い・・・」という1日になりそうですね。

FRBの3月利上げは折り込み済みで、その後は?

既に、FRB(米連邦準備制度理事会)のイエレン議長やフィッシャー副議長が今日の3月FOMCでの「利上げ」を示唆していることから、マーケットでは「利上げは折り込み済み」という状況にあります。

2017年は3回の利上げ見通しと言われていますが、今回3月に利上げを行えば、その後の利上げ可能性が高いのは6月、9月、12月のいずれかになってくるとマーケットでは想定しています。(というのも、これらの月のFOMCではイエレン議長の会見がセットで行われるため)。

今、言われているのは今後3年間(2020年)で9回の利上げ(うち3回は2017年内)を行って、FF金利(米国金利)を2.25%引き上げると読まれています。

結果、長期金利は5%近くまで上昇する想定になりますが、実際は既に折り込み済みのり上げ幅があり長期金利が収まるのは3%程度という見方が大半を占めています。

米国の金利上昇とドル高

米国が利上げをすると(経済学的には日米金利差拡大から)今の為替水準1ドル=114円台後〜115円台から、更に「ドル高円安」は進むと思います。

<日米10年債利回りとUSD/JPY為替推移>

(出典:Bloomberg)

もしこの先9回の利上げで長期金利が3%の上昇となれば・・・、USD/JPYの為替レンジでいえば、ドルが7%高くなり円が7%安くなる試算です。

つまり「1ドル=122〜123円台」が今後FRBは利上げをした場合の3年先のターゲットになってきます。

<USD/JPY 5年為替推移チャート>

(出典:Bloomberg)

がしかし、為替レートを読み切ることは為替トレーダーですら至難の業なのは確かなので、このような短期「予測」については中長期で投資する個人投資家はしないほうが良いです。

読みきれない以上、中長期資産運用の個人投資家がしたほうが良いのは、間違いなく「通貨分散」ということ

為替は基本的にはシーソーなので「単に日本円だけ(1つの通貨だけで資産)を持つことは為替リスク大」だからです。

例えば、今後の想定のように「更に7%円安(1ドル=122〜123円台)」になれば、多くの輸入品や加工品に頼っている資源のない日本国内ではまず輸入品が値上がります。

仮にそれらの値上がり以上に、皆さんの「可処分所得(=手取り給与)」が殖えていなければ(=現状の日本の状態)、単に為替が円安ドル高になるだけで「貧しくなる」ということです。

これが「円だけを持っている為替リスク」。ここ数年だけで円しかもっていない日本人は「貧しく」なっています。

※超基礎!今さら他人に聞けない「円安」と「円高」そして「通貨分散」/金融・資産運用の用語

その為替リスクを抑える上では、日本円以外に「通貨分散=ドル資産(や他通貨資産)」を持っておくことです。

イチに分散、二に分散。為替リスクを抑えるには、米ドル資産を持ちましょう、米ドル資産に投資しておきましょう。

さぁ、2017年第一弾の為替ターニングポイントになるかどうか・・・明日(16日)朝型から円安ドル高が加速するのか??

為替や株式、債券マーケットでボラティリティ(上下のブレ=リスク)が高まって行くことでしょう。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

金融安定に重要な銀行番付でJPモルガンが首位で次点にHSBC、邦銀は10位圏外。正直、日本国債暴落リスクよりも怖いのは金融システムの破壊リスク。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 去る4日に米財務省金融調

記事を読む

信託銀行の「孫への教育資金贈与で非課税」1兆円突破!ジュニアNISAでも資金取り込みを狙う金融機関!所得格差と資産把握が進行中!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 どうやら「祖父母が孫に教

記事を読む

投資信託の手数料「見える化」と個人投資家の投資判断向上方法

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)で運用してい

記事を読む

米国の利上げ!ちょっと待った!まだドル高/円安で大事な資産を消耗してるの?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 「ようやく利上げしたか・

記事を読む

『今年前半、円安ドル高は「間違いない」』そうです(1/31 麻生太郎財務相 参院予算委員会にて)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「為替」について。  

記事を読む

英ポンド(GBP)は安値圏、混迷極めるBrexitの行方はいかに?(通貨分散の重要性)

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケット全般(英国ポンド/GBP)について。 2016

記事を読む

サプライズ!!2日連続で中国人民元の切り下げが!米国の利上げに暗雲立ち込める?賢い個人投資家の選択肢は??

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今年は何かと人民元はホッ

記事を読む

富裕層の資産状況をしっかり把握する「財産債務調書」の初提出迫る(3/15締め切り)!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、来週3/15に提

記事を読む

海外在住者は必見!「非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて」(内閣府情報)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に、日本の様々な

記事を読む

これから更に米株&米ドル高へ?トランプ政権のレパトリ税10%の好影響

こんにちは、眞原です。 トランプ大統領が押し進める「税制改正」が1つの山場を迎えています。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑